ドゥラメンテ(2012.3.22)

Obituary

ドゥラメンテ 牡 鹿毛 2012.3.22生~2021.8.31没 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・堀 宣行厩舎

ドゥラメンテ(2012.3.22)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50【10】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000.4.30
仔受胎時活性値:0.75【11】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
仔受胎時活性値:1.50【6】
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25【9】
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.00【12】
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00【8】
シヤダイフエザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

ドゥラメンテ(2012.3.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
トニービン
(ゼダーン系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンデーサイレンス
(Wishing Well)
4.75 母&祖母&曾祖母もGI級勝ち馬
(No. 8-f パロクサイド系)
6番仔
(6連産目)

*

2015年の第75回皐月賞(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 ドゥラメンテ 牡3 57 M.デムーロ 1:58.2 13-13-11-7 33.9 486
[-2]
堀 宣行 3
2 5 リアルスティール 牡3 57 福永 祐一 1:58.4 1 1/2 4-5-5-3 34.5 502
[-4]
矢作 芳人 2
3 7 キタサンブラック 牡3 57 浜中 俊 1:58.8 2 1/2 2-2-2-2 35.2 510
[+6]
清水 久詞 4
4 1 ブライトエンブレム 牡3 57 田辺 裕信 1:58.8 アタマ 9-9-8-5 34.7 484
[0]
小島 茂之 6
5 14 クラリティスカイ 牡3 57 横山 典弘 1:58.9 1/2 1-1-1-1 35.4 482
[+2]
友道 康夫 10
2015年の第75回皐月賞(GI。中山芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 10.7 – 12.0 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 11.6
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.2 – 35.2 – 47.0 – 59.2 – 1:11.4 – 1:23.5 – 1:35.2 – 1:46.6 – 1:58.2
上り 4F 46.8 – 3F 34.7

*

2015年の第82回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 ドゥラメンテ 牡3 57 M.デムーロ 2:23.2 8-8-8-7 33.9 484
[-2]
堀 宣行 1
2 1 サトノラーゼン 牡3 57 岩田 康誠 2:23.5 1 3/4 8-9-9-7 34.2 454
[0]
池江 泰寿 5
3 11 サトノクラウン 牡3 57 C.ルメール 2:23.5 ハナ 14-14-14-13 33.8 470
[-4]
堀 宣行 3
4 13 リアルスティール 牡3 57 福永 祐一 2:23.8 2 13-12-11-10 34.3 498
[-4]
矢作 芳人 2
5 3 コメート 牡3 57 嘉藤 貴行 2:23.9 3/4 3-3-3-3 35.0 490
[+4]
土田 稔 16
2015年の第82回東京優駿(GI。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 10.9 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 11.0 – 11.7
ラップの
累計タイム
12.7 – 23.6 – 35.4 – 47.1 – 58.8 – 1:11.3 – 1:23.8 – 1:36.2 – 1:48.6 – 2:00.5 – 2:11.5 – 2:23.2
上り 4F 47.0 – 3F 34.6

*

2016年の第90回中山記念(GII。中山芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9 ドゥラメンテ 牡4 57 M.デムーロ 1:45.9 5-5-5-4 34.1 502
[+18]
堀 宣行 1
2 10 アンビシャス 牡4 55 C.ルメール 1:45.9 クビ 10-10-9-9 33.6 464
[+6]
音無 秀孝 4
3 2 リアルスティール 牡4 55 福永 祐一 1:46.0 1/2 5-5-6-5 34.1 508
[+8]
矢作 芳人 2
4 5 フルーキー 牡6 56 戸崎 圭太 1:46.3 1 3/4 7-7-8-7 34.2 492
[+2]
角居 勝彦 6
5 8 レッドレイヴン 牡6 56 柴田 善臣 1:46.3 ハナ 9-9-9-9 34.0 516
[+4]
藤沢 和雄 8
2016年の第90回中山記念(GII。中山芝1800m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.3 – 11.6 – 12.0 – 11.1 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.6 – 24.6 – 36.5 – 48.1 – 59.4 – 1:11.0 – 1:23.0 – 1:34.1 – 1:45.9
上り 4F 46.5 – 3F 34.9

*

File Not Found JRA
ドゥラメンテ、急性大腸炎のため死す | 競馬ニュース - netkeiba
2015年に皐月賞、日本ダービーの二冠を達成してJRA賞最優秀3歳牡馬に選出され、現役引退後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬として繋養されていたドゥラメンテ(牡9歳)は、急性大… No.1競馬情報サイト「netkei...
新極ウマ・プレミアム|日刊スポーツ

ドゥラメンテ、9歳。逝くには早すぎました。第75回皐月賞。4角でのお行儀の悪さが、かえってそのスケールを際立たせ、なおかつ直線の伸び脚は他馬を圧して決勝点では楽勝。第82回東京優駿。先行8番手、いわゆる10番手以内のダービーポジションを進むという他馬を迎え撃つ競馬をして、なおかつ上がり3ハロンを33秒9という18頭中2番目の鋭脚を使われては、どうしようもなかった。その勝ち時計2分23秒2は、父キングカメハメハとディープインパクト(2002.3.25)が叩き出した2分23秒3のダービーレコードを0秒1更新するレースレコード。ミルコ・デムーロ騎手をして僕の乗った中で一番強い馬。間違いないと言わしめたのも頷ける強さと速さでした。

ドゥラメンテは私にとっても大切な血統馬でした。母アドマイヤグルーヴは最も好きなサンデーサイレンス牝駒でしたし、祖母エアグルーヴは勝っても負けても、その懸命な姿が心を揺さぶった大好きな馬でした。そしてまた曾祖母ダイナカールについても昨年2020年に記しました。

アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)。
アドマイヤグルーヴ急死(netkeiba.com) アドマイヤグルーヴ 牝 鹿毛 2000.4.30生~2012.10.15没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・橋田満厩舎 アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)の4代血
JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾壱)-エアグルーヴ(1993.4.6)-
エアグルーヴ 牝 鹿毛 1993.4.6生~2013.4.23没 早来・社台ファーム早来生産 馬主・吉原毎文氏 栗東・伊藤雄二厩舎
昭和の名花の旋律(No.4)-ダイナカール(1980.5.10)-
ダイナカール 牝 鹿毛 1980.5.10生~1999.4.15没 白老・社台フアーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・高橋英夫厩舎

「母仔4代GI級制覇」という大偉業を果たし、日本近代競馬の結晶のひとつとなったドゥラメンテ。今はただただ合掌。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ドゥラメンテ(2012.3.22)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、皐月賞(GI)、中山記念(GII)
  2. 宝塚記念(GI)、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)、共同通信杯(GIII)

通算9戦5勝、2着4回。

#2021年09月01日(水)初出。2023年04月15日(土)記事改め。