ウオッカ(2004.4.4)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.29)-

Series

ウオッカ(Vodka) 牝 黒鹿毛 2004.4.4生~2019.4.1没 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・角居勝彦厩舎

ウオッカ(2004.4.4)の4代血統表
タニノギムレット
鹿毛 1999.5.4
種付け時活性値:1.00【4】
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley’s Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
クリスタルパレス
芦毛 1974.3.25
Caro 1967.4.11
Hermieres 1958.4.10
タニノシーバード
栗毛 1972.4.27
Sea-Bird 1962.3.8
Flaxen 1968.5.15
タニノシスター
栗毛 1993.3.22
仔受胎時活性値:0.50【10】
ルション
黒鹿毛 1981.4.10
種付け時活性値:0.75【11】
Riverman
鹿毛 1969.3.22
★Never Bend 1960.3.15
River Lady 1963.5.17
ベルドリーヌ
黒鹿毛 1977.3.15
★Marshua’s Dancer 1968.4.15
Palsy Walsy 1960
エナジートウショウ
鹿毛 1987.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
トウシヨウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.25【13】
テスコボーイ 1963
ソシアルバターフライ 1957.4.13
コーニストウショウ
栗毛 1977.6.12
仔受胎時活性値:0.25【9】
ダンデイルート
鹿毛 1972.5.10
種付け時活性値:1.00【4】
ローズトウシヨウ
鹿毛 1965.4.13
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Graustark4×5(父方)>

ウオッカ(2004.4.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
タニノギムレット
(Roberto系)
ルション
(Riverman系)
トウシヨウボーイ
(Princely Gift系)
ダンデイルート
(Luthier系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
トウシヨウボーイ
(タニノシスター)
2.75 大叔母シスタートウショウ
(No. 3-l フロリースカツプ系)
4番仔
(2連産目)

*

2009年の第29回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ウオッカ 牝5 55 C.ルメール 2:22.4 4-3-4-5 34.8 494
[-4]
角居 勝彦 1
2 10 オウケンブルースリ 牡4 57 内田 博幸 2:22.4 ハナ 16-16-15-17 34.1 482
[0]
音無 秀孝 2
3 6 レッドディザイア 牝3 53 四位 洋文 2:22.6 1 1/2 9-10-11-11 34.7 478
[-2]
松永 幹夫 6
4 16 コンデュイット 牡4 57 R.ムーア 2:22.8 1 1/4 13-13-11-9 35.0 466
[前計不]
M.スタウト 3
5 3 エアシェイディ 牡8 57 後藤 浩輝 2:23.0 1 1/4 13-13-15-13 35.0 494
[0]
伊藤 正徳 11

2009年の第29回。前々年の第27回で4着、前年の第28回で3着。

アドマイヤムーン(2003.2.23)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.27)-
アドマイヤムーン(Admire Moon) 牡 鹿毛 2003.2.23生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏、吉田勝己氏→ダーレー・ジャパン・ファーム(有)→ダーレー・ジャパン 栗東・松田博資厩舎
スクリーンヒーロー(2004.4.18)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.28)-
スクリーンヒーロー(Screen Hero) 牡 栗毛 2004.4.18生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 美浦・矢野進厩舎→鹿戸雄一厩舎

この府中芝2400mというコースで行われるジャパンカップの勝利を渇望していたウオッカ。府中の申し子が果たした「三度目の正直」。テン乗りとなったクリストフ・ルメール騎手。自信を持って先行4、5番手で推し進め、最後の最後、オウケンブルースリ(2005.2.24)と内田博幸騎手の追い込みをわずかに2cmだけ封じて、GI7勝目。この勝利により、ウオッカは「牝馬初のJRAGI7勝」「日本生産調教の牝馬として初めてのジャパンカップ勝利」「東京競馬場で施行される古馬GIの完全制覇」を果たしたのでした。

結果的にウオッカの日本での最後のレースとなった第29回ジャパンカップ。掲示板に載った他の馬たちは、軒並み道中後方にいた馬たちでした。ウオッカは1頭だけ先行して粘り込み、それでいてメンバー中3番目となる上がり3ハロン34秒8を繰り出しました。恐るべしは、その天賦の才と、鍛錬によって高められた身体能力。そして鞍上のルメール騎手にとっては、4年前の第25回にてハーツクライ(2001.4.15)でハナ差届かなかった勝利を、ハナ差でお返ししたのでした。

アルカセット(2000.2.19)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.25)-
アルカセット(Alkaased) 牡 鹿毛 2000.2.19生 米国・Clovelly Farms生産 馬主・Hamdan Al Maktoum&Michael Charlton 英国・Sir Michael Ronald Stoute厩舎→英国・Luca M.Cumani厩舎

谷水雄三オーナーのお言葉を借りれば、「ウオッカは天からの授かりもの」。

天からの授かりもの走りを目の当たりにできた我々は、やはり、幸せだったのでしょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ウオッカ(2004.4.4)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(JpnI)、ジャパンカップ(GI)、安田記念(GI)2回、天皇賞・秋(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、チューリップ賞(JpnIII)
  2. 桜花賞(JpnI)、ヴィクトリアマイル(JpnI)、毎日王冠(GII)2回
  3. ジャパンカップ(GI)、天皇賞・秋(GI)、秋華賞(JpnI)

通算26戦10勝、2着5回、3着3回。

ウオッカ(2004.4.4)
ウオツカ 牝 黒鹿毛 2004.4.4生~2019.4.1没 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・角居勝彦厩舎