ジャングルポケット(1998.5.7)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.21)-

Series

ジャングルポケット(Jungle Pocket) 牡 鹿毛 1998.5.7生~2021.3.2没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・齊藤四方司氏→吉田勝己氏 栗東・渡辺栄厩舎

ジャングルポケット(1998.5.7)の4代血統表
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50【14】
カンパラ
鹿毛 1976.2.19
Kalamoun
芦毛 1970.4.30
ゼダーン 1965
Khairunissa 1960
State Pension
鹿毛 1967
オンリーフォアライフ 1960
Lorelei 1950
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam
栗毛 1953
Hyperion 1930.4.18
Thicket 1947
Priddy Fair
鹿毛 1956
Preciptic 1942
Campanette 1948
ダンスチャーマー
黒鹿毛 1990.4.18
仔受胎時活性値:1.75【7】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.00【12】
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Skillful Joy
栗毛 1979.4.8
仔受胎時活性値:0.50【10】
Nodouble(USA)
栗毛 1965.3.4
種付け時活性値:1.25【13】
Noholme(AUS) 1956.10.6
Abla-Jay 1955.4.3
Skillful Miss
鹿毛 1974.1.23
仔受胎時活性値:1.00【4】
Daryl’s Joy(NZ)
青鹿毛 1966.9.1
種付け時活性値:1.625【6.5】
Poliniss
鹿毛 1961.4.8
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:なし>

ジャングルポケット(1998.5.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
トニービン
(ゼダーン系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Nodouble
(Hyperion系)
Daryl’s Joy
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Daryl’s Joy
(ダンスチャーマー)
4.25 祖母が米GII勝ち馬
(No. 11-g)
4番仔
(4連産目)

*

2001年の第21回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 ジャングルポケット 牡3 55 O.ペリエ 2:23.8   10-9-11-10 34.9 470
[0]
渡辺 栄 2
2 4 テイエムオペラオー 牡5 57 和田 竜二 2:23.8 クビ 6-4-6-6 35.1 480
[+10]
岩元 市三 1
3 10 ナリタトップロード 牡5 57 渡辺 薫彦 2:24.4 3 1/2 12-12-13-14 35.3 490
[-2]
沖 芳夫 5
4 8 ステイゴールド 牡7 57 武 豊 2:24.5 クビ 7-6-8-6 35.8 428
[0]
池江 泰郎 4
5 1 メイショウドトウ 牡5 57 安田 康彦 2:24.6 3/4 7-11-9-9 35.8 508
[-2]
安田 伊佐夫 3

2001年の第21回ジャパンカップ。21世紀最初のジャパンカップは、象徴的なレースとなりました。↑の結果にもあるとおり、上位5番人気までを日本馬が占め、なおかつ5番人気馬までで掲示板を独占してしまいました。ある意味で、ジャパンカップがジャパンカップになり、ジャパンカップがジャパンカップでなくなったレース、とも言えるのではないでしょうか。

そんな第21回を制したのは、ジャングルポケット。逃げたTimboroa(ティンボロア。1996.5.7)を向こう正面で後方から進出したトゥザヴィクトリー(1996.2.22)が交わすという、出入りの激しい乱ペースとなったこのレース。道中は中団やや後ろを進んだジャングルポケット、惑わされず落ち着いて走らせたのは、サスガに名手オリビエ・ペリエ。最後の直線、先に抜け出したのは前年第20回の勝ち馬テイエムオペラオー(1996.3.13)。

テイエムオペラオー(1996.3.13)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.20)-
テイエムオペラオー(T.M. Opera O) 牡 栗毛 1996.3.13生~2018.5.17没 浦河・杵臼牧場生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・岩元市三厩舎

先行して息の入りが難しかったはずなのに、この強心臓馬は「さもありなん」と抜け出しにかかり、史上初となる同一競走馬によるジャパンカップ連覇を目指して、雄々しく馬場中央を駆けました。「すわっ、初めてのJRAGI8勝目が成されるのか!?」。そう思った瞬間、1頭だけ外から強襲を見せた鹿毛馬がいました。ジャングルポケット。仏国のトップジョッキーの左ムチに鼓舞されて、一歩一歩、詰め寄るようにして鋭伸。ゴールが近づくにつれ、前を行った栗毛馬との差は縮まって行き、最後の最後、本当に最後の最後で「クビ」だけ差し切ったところが決勝点でした。少しの差ではありましたが、差し切ったのは確か。ゴール後、ペリエ騎手が右手で握りこぶしを作った後、一本指を高々と挙げられました。「日本産の3歳馬」として初めてジャパンカップ勝利を収めたジャングルポケット。共同通信杯(GIII)、東京優駿(GI)、そしてジャパンカップと東京芝3戦3勝。まさに府中の申し子、ジャングルポケット。ペイザバトラー(1984.2.20)が制した第8回において、レース中の故障もあり5着に敗れた父トニービンの無念を晴らした、会心の勝利でした。

ペイザバトラー(1984.2.20)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.8)-
ペイザバトラー(Pay the Butler) 牡 鹿毛 1984.2.20生~1991.7.1没 米国・Clovelly Farms生産 馬主・Edmund A.Gann 米国・Robert J. Frankel厩舎

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ジャングルポケット(1998.5.7)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、ジャパンカップ(GI)、共同通信杯(GIII)、札幌3歳S(GIII)
  2. 天皇賞・春(GI)、阪神大賞典(GII)、ラジオたんぱ杯3歳S(GIII)
  3. 皐月賞(GI)、札幌記念(GII)

通算13戦5勝、2着3回、3着2回。

ジャングルポケット(1998.5.7)
ジャングルポケット 牡 鹿毛 1998.5.7生~2021.3.2没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・齊藤四方司氏→吉田勝己氏 栗東・渡辺栄厩舎