サウンドトゥルー(2010.5.15)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.8)-

Series

サウンドトゥルー せん 栗毛 2010.5.15生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・高木 登厩舎→船橋・佐藤 裕太厩舎

サウンドトゥルー(2010.5.15)の4代血統表
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.25【17】
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace
鹿毛 1969.1.24
▲Speak John 1958.2.7
Blue Moon 1948
Laredo Lass
黒鹿毛 1971.3.19
★Bold Ruler 1954.4.6
Fortunate Isle 1959.4.24
キョウエイトルース
栗毛 1997.2.16
仔受胎時活性値:1.00【12】
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.00【4】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961.2.12
Marston’s Mill 1975.5.31
キョウエイヨシノ
鹿毛 1990.4.26
仔受胎時活性値:1.50【6】
プラウドデボネア
鹿毛 1982.4.25
種付け時活性値:1.75【7】
Lyphard 1969.5.10
Proud Delta 1972.3.11
キヨウエイミート
栗毛 1983.4.21
仔受胎時活性値:1.50【6】
クラウンドプリンス
栗毛 1969.1.31
種付け時活性値:1.25【13】
キヨウエイオリーブ
栗毛 1979.3.8
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

サウンドトゥルー(2010.5.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
フジキセキ
(サンデーサイレンス系)
プラウドデボネア
(Lyphard系)
クラウンドプリンス
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
プラウドデボネア
(Nimble Doll)
4.75 遡ればサンツェッペリンと同牝系
(No. 22-b)
5番仔
(3連産目)

*

2016年の第17回チャンピオンズカップ(GI。中京ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8サウンドトゥルー せん6 57 大野 拓弥 1:50.1 14-14-14-13 35.8 474
[0]
高木 登 6
2 2アウォーディー 牡6 57 武 豊 1:50.1 クビ 6-6-6-5 37.0 514
[+10]
松永 幹夫 1
3 4 アスカノロマン 牡5 57 和田 竜二 1:50.2 1/2 2-2-3-2 37.4 522
[-10]
川村 禎彦 10
4 1 カフジテイク 牡4 57 津村 明秀 1:50.3 クビ 15-15-14-15 36.0 482
[-2]
湯窪 幸雄 11
5 14アポロケンタッキー 牡4 57 松若 風馬 1:50.5 1 1/4 10-10-10-11 36.9 566
[+4]
山内 研二 7

2016年の第17回チャンピオンズカップ。サウンドトゥルーと大野拓弥騎手、15頭立ての道中は後方2番手でじっと待機。中京ダートの直線410.7mを向くと馬場中央内側から脚を伸ばし、最後の最後、先に抜け出していたアウォーディー(2010.5.10)とアスカノロマン(2011.5.22)を捉えた時の脚勢の良さは、正に「他馬が止まった」ように見えました。サウンドトゥルーと大野騎手、2015年末の東京大賞典(GI)以来となるGI2勝目は「日本で走ったせん馬史上初めての複数GIレース勝利」と相成りました。

#サウンドトゥルーの「新ひだか町・岡田スタツド生産、馬主・山田弘氏」の組み合わせと言いますと、今年2021年の菊花賞(GI)馬タイトルホルダー(2018.2.10)と同じですね。

さて、この馬は寒くなると調子が良くなるとは、サウンドトゥルー鞍上の大野騎手の言でしたが、JRA・GIを制した日本生産調教のせん馬についてGI勝利を収めた順に確認しますと、、、

  1. レガシーワールド(1989.4.23)
    →ジャパンカップ(GI)、セントライト記念(GII)ほか
  2. マーベラスクラウン(1990.3.19)
    →ジャパンカップ、京都大賞典(GII)、金鯱賞(GIII)ほか
  3. トウカイポイント(1996.5.18)
    →マイルチャンピオンシップ(GI)、中山記念(GII)ほか
  4. サウンドトゥルー(2010.5.15)
    →本稿の主役。チャンピオンズカップ(GI)、東京大賞典(GI)、JBCクラシック(JpnI)、日本テレビ盃(JpnII)ほか
  5. ノンコノユメ(2012.3.28)
    →フェブラリーS(GI)、ジャパンダートダービー(JpnI)、根岸S(GIII)、武蔵野S(GIII)、ユニコーンS(GIII)ほか

と、いずれも11月から2月、晩秋~冬の時期にGI勝利を収めています。「せん馬にすることによって、筋肉が硬くなりにくくなる」とはチラホラ聞かれることですが、身体が動きにくくなる秋冬こそ、能力のあるせん馬が花開く季節なのかも知れません。また、GI勝利は無かったものの、10歳で平地重賞を制したアサカディフィート(1998.3.26)も、その重賞勝ちは中山金杯(GIII)、小倉大賞典(GIII)2回と冬場に行われるGIIIでした。アサカディフィートは、毎年秋の京都のオープン特別で穴を開けていた印象も強いですね^_^;

……むぅ、日本生産調教のせん馬の活躍に関する記事を書く度に同じ内容の焼き直しをアップしている手抜きぶり(苦笑)。果たして、サウンドトゥルーの半弟であるせん馬アナザートゥルース(2014.3.20)、第22回チャンピオンズカップの走りや如何に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[サウンドトゥルー(2010.5.15)の主な競走成績]

  1. チャンピオンズカップ(GI)、東京大賞典(GI)、JBCクラシック(JpnI)、日本テレビ盃(JpnII)、東京記念、金盃2回
  2. 東京大賞典(GI)、JBCクラシック(JpnI)、川崎記念(JpnI)2回、日本テレビ盃(JpnII)
  3. チャンピオンズカップ(GI)、東京大賞典(GI)、JBCクラシック(JpnI)、帝王賞(JpnI)2回、ダイオライト記念(JpnII)、日本テレビ盃(JpnII)2回、ユニコーンS(GIII)、金盃、報知オールスターC、勝島王冠

通算68戦13勝、2着11回、3着19回。

*

年度代表馬の同期生を辿る(其の参拾)-カネヒキリ(2002.2.26)-
カネヒキリ 牡 栗毛 2002.2.26生~2016.5.27没 早来・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人氏→金子真人ホールディングス(株) 栗東・角居勝彦厩舎