メジロパーマー(1987.3.21)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.16)-

Series

メジロパーマー 牡 鹿毛 1987.3.21生~2012.4.7没 伊達市・メジロ牧場生産 馬主・(有)メジロ牧場 栗東・大久保 正陽厩舎

メジロパーマー(1987.3.21)の4代血統表
メジロイーグル
鹿毛 1975.5.2
種付け時活性値:0.75【11】
メジロサンマン
鹿毛 1963.3.26
Charlottesville
鹿毛 1957
Prince Chevalier 1943
Noorani 1950
パラデイシア
鹿毛 1957
Aureole 1950
Chenille 1940
アマゾンウオリアー
鹿毛 1960.5.6
★Khaled
黒鹿毛 1943
Hyperion 1930.4.18
Eclair 1930
War Betsy
栗毛 1948
War Relic 1938
Betsy Ross 1939
メジロフアンタジー
黒鹿毛 1981.2.18
仔受胎時活性値:1.25【5】
ゲイメセン
黒鹿毛 1975.5.16
種付け時活性値:1.25【5】
Vaguely Noble
鹿毛 1965
ヴイエナ 1957
Noble Lassie 1956
Gay Missile
鹿毛 1967.3.27
Sir Gaylord 1959.2.12
Missy Baba 1958.5.13
プリンセスリフアード
鹿毛 1975.2.5
仔受胎時活性値:1.25【5】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.25【5】
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
ノーラツク
黒鹿毛 1968.4.25
仔受胎時活性値:1.50【6】
Lucky Debonair
鹿毛 1962.5.2
種付け時活性値:1.25【5】
No Teasing
黒鹿毛 1957.4.7
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Aureole4×5、Hyperion4×5(父方)、Nearco5×5>

メジロパーマー(1987.3.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
メジロイーグル
(Prince Chevalier系)
ゲイメセン
(Aureole系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
Lucky Debonair
(Swynford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゲイメセン 4.50 大叔父モガミ
(No. 1-s)
2番仔
(2連産目)

*

1991年の第27回札幌記念(GIII。札幌芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10 メジロパーマー 牡4 51 松永幹夫 2:00.9  2-1-1-1 37.0 458
[-2]
大久保正陽 4
2 7 モガミチャンピオン 牡6 55 小島太 2:01.0 1/2 14-15-12-14 36.3 500
[-2]
境勝太郎 8
3 12カミノクレッセ 牡4 54 南井克巳 2:01.1 3/4 16-15-14-7 36.2 500
[0]
工藤嘉見 11
4 4 ウィナーズゴールド 牝4 52 柴田政人 2:01.1 アタマ 7-6-3-3 36.8 456
[+4]
伊藤正徳 3
5 5 ナエボオルフェ 牡4 53 岡潤一郎 2:01.1 アタマ 3-3-2-2 37.1 502
[-4]
安藤正敏 6

*

1992年の第14回新潟大賞典(GIII。新潟芝外2200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
4F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 メジロパーマー 牡5 54 山田泰誠 2:13.4  1-1-1-1 48.5 468
[+4]
大久保正陽 7
2 11 タニノボレロ 牡4 54 小谷内秀夫 2:14.1 4 8-7-4-2 48.7 472
[-2]
戸山為夫 3
3 10 シャコーグレイド 牡4 57 蛯名正義 2:14.8 4 11-12-6-6 49.2 466
[+4]
矢野照正 1
4 1イクノディクタス 牝5 55 内田国夫 2:14.9 クビ 4-4-6-6 49.3 460
[+4]
福島信晴 5
5 2 シュバリエ 牡5 53 小野次郎 2:15.0 1/2 2-3-2-2 49.9 496
[0]
高松邦男 9

*

1992年の第33回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 12 メジロパーマー 牡5 山田 泰誠 2:18.6  大久保 正陽 9
2 6カミノクレッセ 牡5 南井 克巳 2:19.1 3 工藤 嘉見 1
3 5 ミスタースペイン 牡4 石橋 守 2:19.8 4 橋口 弘次郎 3
4 2 オースミロッチ 牡5 松本 達也 2:20.6 5 中尾 正 12
5 3ダイタクヘリオス 牡5 岸 滋彦 2:20.6 アタマ 梅田 康雄 2

1992年の第33回宝塚記念。宝塚記念が「メジロ記念」となった、1987年生まれ世代の同期生3頭による、1991年から1993年までの1着のリレー。その2番手を担ったメジロパーマーは、前走新潟大賞典4馬身差勝ちから挑んだ勢いそのままに、13頭立て9番人気をあざ笑うかのように独走でGI初勝利を収めたのでした。また、中島国治氏の配合馬であるカミノクレッセ(1987.5.30)は、今に語り継がれる「春の古馬GIレース3戦連続2着」という銀字塔(!?)を打ち立てのでした。

*

1992年の第37回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 3 メジロパーマー 牡5 山田 泰誠 2:33.5  大久保 正陽 15
2 6レガシーワールド せん3 小谷内 秀夫 2:33.5 ハナ 戸山 為夫 5
3 1ナイスネイチャ 牡4 松永 昌博 2:33.7 1・1/4 松永 善晴 4
4 7レッツゴーターキン 牡5 大崎 昭一 2:33.7 クビ 橋口 弘次郎 10
5 9 オースミロッチ 牡5 松本 達也 2:33.8 1/2 中尾 正 11

1992年の第37回有馬記念。春のグランプリ制覇がフロック視されたメジロパーマー。けれど、伊達や酔狂でGI勝ち馬になれるものではありません。自身を信じてくれた鞍上の期待に応えて、メジロパーマー。道中ダイタクヘリオス(1987.4.10)に突っつかれ加減になったものの、気分は損ねず、決勝点まで粘り切ったのでした。しっかし、最後の最後、内から凄い脚で伸びて来たレガシーワールド(1989.4.23)に交わされたのかと思いきや、しっかりハナだけ抑え切っていたのは「サスガ」としか言えません^^;

ダイタクヘリオス(1987.4.10)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.7)-
ダイタクヘリオス 牡 黒鹿毛 1987.4.10生~2008.12.12没 平取町・清水牧場生産 馬主・中村雅一氏 栗東・梅田康雄厩舎

*

1993年の第41回阪神大賞典(GII。阪神芝3000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
4F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 メジロパーマー 牡6 59 山田泰誠 3:09.2レコード 1-1-1-1 50.2 474
[0]
大久保正陽 3
2 2タケノベルベット 牝4 56 武豊 3:09.3 1/2 8-8-6-5 48.9 448
[+4]
小林稔 2
3 7ナイスネイチャ 牡5 58 南井克巳 3:09.4 クビ 5-5-4-2 49.5 506
[+8]
松永善晴 1
4 9 エリモパサー 牡6 57 猿橋重利 3:10.2 5 2-2-2-2 50.6 520
[0]
沖芳夫 8
5 11レッツゴーターキン 牡6 59 大崎昭一 3:11.2 6 3-3-3-4 51.5 454
[0]
橋口弘次 4

1993年の第41回阪神大賞典。阪神大賞典というレースは、いつの時代も強い馬が何かしらの記憶を残してくれるレースです。もしかしたらもう見られないかも知れない、JRAの別定GIIにおける斤量59kg。GI馬の証である斤量を背負ったメジロパーマー。大逃げを打ち、最後の直線でナイスネイチャ(1988.4.16)に競りかけられたものの退け、タケノベルベット(1989.3.13)の追撃も許さず、3分9秒2という馬場が重かった当時の阪神芝3000mのレコードタイムでの勝利を収めました。

*

メジロパーマー。真に強くなければGI2勝、GII1勝、GIII2勝の重賞5勝は果たせません。名コンビだった山田泰誠騎手の言のとおりパーマーは本当に強い馬なんです。結果的に引退レースとなった現年齢表記7歳の日経新春杯(GII)でも、60.5kgの斤量を背負いながら、ちゃんと2着に踏ん張っていました。

強いものは強い。メジロパーマー、私が競馬者としての最初期に出会った、印象深い名馬の1頭です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[メジロパーマー(1987.3.21)の主な競走成績]

  1. 有馬記念(GI)、宝塚記念(GI)、阪神大賞典(GII)、札幌記念(GIII)、新潟大賞典(GIII)
  2. 日経新春杯(GII)
  3. 天皇賞・春(GI)

通算38戦9勝、2着5回、3着2回。

#メジロパーマーの父メジロイーグルは中央19戦7勝で京都新聞杯を勝ち、菊花賞3着、有馬記念3着、皐月賞4着、宝塚記念4着、東京優駿5着と活躍した逃げ馬。種牡馬として稼働年数12年で種付け総数97頭、産駒総数52頭。唯一の重賞勝ち産駒が、孝行息子となったメジロパーマーでした。

「競馬最強の法則」での記事だった記憶していますが、中島国治氏が「メジロイーグルを付けさせて欲しい牝馬がいる」と、北野豊吉氏に依頼されたところ「よその牝馬には付けさせない。1頭でも仔が増えたらウチの馬が走らなくなる」と言って、断られたことがあったそうな。むぅ。恐るべしはメジロ牧場創始者の信念。