ユーセイトップラン(1993.4.25)-ただ単に書きたい馬を辿る(No.6)-

Series

ユーセイトップラン 牡 鹿毛 1993.4.25生~2015.9.16没 浦河町・三枝牧場生産 馬主・(有)アサヒクラブ 栗東・音無 秀孝厩舎

ユーセイトップラン(1993.4.25)の4代血統表
ミルジヨージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:0.25【17】
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
Princequillo 1940
Virginia Water 1953.4.18
Miss Charisma
鹿毛 1967
Ragusa
鹿毛 1960.6.15
Ribot 1952.2.27
Fantan 1952
マタテイナ
鹿毛 1960
Grey Sovereign 1948.3.30
Zanzara 1951
タニイチパワー
黒鹿毛 1981.2.22
仔受胎時活性値:0.75【11】
ネヴアービート
栃栗毛 1960
種付け時活性値:1.00【20】
★Never Say Die
栗毛 1951.3.26
Nasrullah 1940.3.2
Singing Grass 1944
Bride Elect
鹿毛 1952
Big Game 1939
Netherton Maid 1944
ロングパワー
鹿毛 1967.4.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
ヒンドスタン
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:1.00【20】
Bois Roussel 1935
Sonibai 1939
マーシユメドウ
芦毛 1956
仔受胎時活性値:0.50【10】
Grey Sovereign
芦毛 1948.3.30
種付け時活性値:1.75【7】
May Meadow
毛 1951
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah4×4×5×5、Grey Sovereign4×4、Nearco5×5×5>

ユーセイトップラン(1993.4.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミルジヨージ
(Mill Reef系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
ヒンドスタン
(Bois Roussel系)
◆Grey Sovereign
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Grey Sovereign
(Mumtaz Begum)
3.50
(【11】+【13】+【10】+【4】)
ウイングアロー
(No. 11-f マーシユメドウ系)
8番仔
(6連産目)

*

ニコニコ動画(Re:仮)
1998年の第48回ダイヤモンドS(GIII。東京芝3200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 ユーセイトップラン 牡5 55 河内洋 3:17.6 13-12-12-12 34.6 490
[0]
音無秀孝 2
2 14 ステイゴールド 牡4 54 熊沢重文 3:17.8 1.1/2 5-6-5-5 35.3 410
[-12]
池江泰郎 3
3 1 トキオエクセレント 牡4 55 吉田豊 3:18.0 1.1/4 11-12-12-13 34.9 460
[-2]
高橋裕 6
4 11 タイキフラッシュ せん7 53 岡部幸雄 3:18.2 1.1/4 5-7-8-8 35.4 444
[-2]
高橋祥泰 10
5 2 キラージョー 牡4 55 柴田善臣 3:18.6 2.1/2 9-10-10-10 35.7 522
[-4]
諏訪富三 1
1998年の第48回ダイヤモンドS(GIII。東京芝3200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.3 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 12.5 – 12.4 – 13.2 – 12.8 – 12.5 – 12.0 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 12.2 – 11.7 – 11.5
ラップの
累計タイム
13.3 – 25.5 – 37.9 – 49.6 – 1:02.1 – 1:14.5 – 1:27.7 – 1:40.5 – 1:53.0 – 2:05.0 – 2:17.4 – 2:29.8 – 2:42.2 – 2:54.4 – 3:06.1 – 3:17.6
上り 4F 47.8 – 3F 35.4

*

グラスワンダー 1998年 第36回アルゼンチン共和国杯(GII) (優勝馬:ユーセイトップラン)
1998年11月7日 第5回東京1日目 第11レース 第36回アルゼンチン共和国杯(GII)東京競馬場 芝左2500m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:257枠13番 グラスワンダー 牡4 57kg 的場均騎手 タイム...
1998年の第36回アルゼンチン共和国杯(GII。東京芝2500m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 ユーセイトップラン 牡5 56 佐藤哲三 2:32.9 18-17-17-17 33.8 480
[-16]
音無秀孝 12
2 8 エーピーランド 牡5 52 田中勝春 2:32.9 ハナ 10-9-11-9 34.3 478
[0]
河野通文 10
3 1 ダイワオーシュウ 牡4 57.5 柴田善臣 2:33.3 2.1/2 3-3-6-3 35.0 448
[0]
二ノ宮敬 2
4 5 トキオエクセレント せん4 55 吉田豊 2:33.3 クビ 16-16-17-17 34.2 450
[+8]
高橋裕 8
5 18 マーベラスタイマー 牡4 52 江田照男 2:33.4 1/2 6-9-7-7 35.0 498
[-4]
矢野照正 3
1998年の第36回アルゼンチン共和国杯(GII。東京芝2500m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
7.8 – 11.3 – 11.4 – 12.7 – 12.5 – 12.7 – 12.7 – 12.8 – 12.3 – 11.7 – 12.0 – 11.6 – 11.4
ラップの
累計タイム
7.8 – 19.1 – 30.5 – 43.2 – 55.7 – 1:08.4 – 1:21.1 – 1:33.9 – 1:46.2 – 1:57.9 – 2:09.9 – 2:21.5 – 2:32.9
上り 4F 46.7 – 3F 35.0

*

2000年の第50回ダイヤモンドS(GIII。東京芝3200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 ユーセイトップラン 牡7 55 後藤 浩輝 3:17.5 14-13-5-1 36.9 486
[-8]
音無 秀孝 7
2 3 ジョーヤマト 牡7 51 田中 勝春 3:17.9 2 1/2 9-10-11-6 36.7 468
[-10]
須貝 彦三 11
3 9 スエヒロコマンダー 牡5 57.5 岡部 幸雄 3:18.3 2 1/2 2-2-3-6 37.2 440
[-4]
松元 茂樹 3
4 4 タヤスメドウ 牡5 55 M.デムーロ 3:18.5 3/4 7-6-8-3 37.6 448
[0]
加藤 敬二 1
5 6 メジロロンザン 牡4 53 吉田 豊 3:18.8 1 3/4 3-3-5-8 37.4 490
[-2]
大久保 洋吉 2
2000年の第50回ダイヤモンドS(GIII。東京芝3200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9 – 11.7 – 13.0 – 12.2 – 12.6 – 12.0 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 11.7 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 12.2 – 12.2 – 12.5
ラップの
累計タイム
12.9 – 24.6 – 37.6 – 49.8 – 1:02.4 – 1:14.4 – 1:27.5 – 1:40.2 – 1:52.6 – 2:04.3 – 2:16.3 – 2:28.6 – 2:40.6 – 2:52.8 – 3:05.0 – 3:17.5
上り 4F 48.9 – 3F 36.9

*

「神様というのは、一度にいろんなことをするものですね」。

遠い日の月刊『優駿』で音無秀孝調教師のコメントが掲載されていたように記憶しています。

山元TCでの火事について(詳細整理) | 競馬ニュース - netkeiba
11日午前1時52分頃、宮城県山元町にある社台レースホースの山元トレーニングセンターの5棟の厩舎のうち、1つの厩舎から出火し、木造平屋建ての厩舎1棟764平方メートルを全焼した。出火後、火事に気づい… No.1競馬情報サイト「netkeib...

もし私の記憶違いでも、本当に神様というのは、一度にいろんなことをするものだと思います。

亡き僚馬や自身に関わる人々の「想い」も一緒に乗せたのか、ユーセイトップラン。府中の向こう正面、3角からのマクリ一発。鹿毛に白メンコ、桃の帽子に「白、赤玉霰、青袖」の勝負服が東京芝500.4mの長い直線の最内を突くと、最後の最後まで粘り切りました。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ユーセイトップラン(1993.4.25)の主な競走成績]

  1. アルゼンチン共和国杯(GII)、ダイヤモンドS(GIII)2回
  2. 阪神大賞典(GII)

通算43戦8勝、2着1回、3着3回。