エイシンフラッシュ(2007.3.27)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.9)-

Series

エイシンフラッシュ 牡 黒鹿毛 2007.3.27生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・平井 克彦氏 栗東・藤原 英昭厩舎

エイシンフラッシュ(2007.3.27)の4代血統表
キングズベスト
鹿毛 1997.1.24
種付け時活性値:0.25【9】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard
栗毛 1967.1.31
Agio 1955.3.7
Promised Lady 1961
Anatevka
栗毛 1969.2.13
▲Espresso 1958
Almyra 1962.5.19
ムーンレディ
黒鹿毛 1997.3.28
仔受胎時活性値:0.25【9】
Platini
栗毛 1989.2.19
種付け時活性値:1.75【7】
Surumu
栗毛 1974.2.26
★Literat 1965.3.10
Surama 1970.3.6
Prairie Darling
栗毛 1984.3.16
Stanford 1976.3.20
Prairie Belle 1976.2.12
Midnight Fever
鹿毛 1991.3.8
仔受胎時活性値:1.25【5】
Sure Blade
鹿毛 1983.4.12
種付け時活性値:1.75【7】
Kris 1976.3.23
Double Lock 1975.5.14
Majoritat
黒鹿毛 1984.1.27
仔受胎時活性値:1.50【6】
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976.5.17
種付け時活性値:1.75【7】
Monacchia
黒鹿毛 1974.4.6
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Birkhahn5×5>

エイシンフラッシュ(2007.3.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングズベスト
(Mr. Prospector系)
Platini
(Alchimist系)
Sure Blade
(エタン系)
Konigsstuhl
(Bahram系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Platini
(Busted)
3.25 母が独GII勝ち馬
(No. 8-a)
3番仔
(3連産目)

*

2010年の第77回東京優駿(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 エイシンフラッシュ 牡3 57 内田 博幸 2:26.9   10-9-9-11 32.7 486
[-2]
藤原 英昭 7
2 8 ローズキングダム 牡3 57 後藤 浩輝 2:26.9 クビ 7-9-9-6 32.9 440
[+2]
橋口 弘次郎 5
3 7 ヴィクトワールピサ 牡3 57 岩田 康誠 2:27.2 1 3/4 5-5-7-9 33.1 502
[-4]
角居 勝彦 1
4 13 ゲシュタルト 牡3 57 池添 謙一 2:27.2 クビ 6-5-5-4 33.4 486
[-8]
長浜 博之 12
5 3 ルーラーシップ 牡3 57 四位 洋文 2:27.2 アタマ 7-7-5-6 33.3 484
[-2]
角居 勝彦 4
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第77回東京優駿。勝ち馬は7番人気のエイシンフラッシュ(2007.3.27)。出走各馬の誕生日のうち「7」が2回出て来るのは彼だけでした。そんなエイシンフラッシュの推定上がり3ハロンは32秒7。その馬名意味「冠名+閃光」のとおり、瞬間的に明るくきらめく光の如き末脚で、2歳王者ローズキングダム(2007.5.10)の追撃を「クビ」だけ封じたところが決勝点。白の帽子に「赤、黒縦縞、黒袖」の勝負服をまとった内田博幸騎手が右腕を大きく振り上げてのガッツポーズ。黒鹿毛の美麗馬エイシンフラッシュ、自身初のGI勝利は競馬の祭典でなされ、内田騎手、藤原英昭調教師、そして関西の大馬主として知られた平井豊光オーナーに東京優駿初制覇を贈りました。

エイシンフラッシュの東京優駿の物語。12年を経て、愛息オニャンコポン(2019.2.11)が第89回に挑みます。オニャンコポンは「エイシンフラッシュ×ヴィクトワールピサ牝馬」という、2010年のJRA牡馬クラシック勝ち馬がタッグを組んで送り出した、エイシンフラッシュと同じ京成杯(GIII)勝ち馬。オニャンコポン、若手気鋭の菅原明良騎手と挑む大舞台、父を彷彿とさせる走りを見せて欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[エイシンフラッシュ(2007.3.27)の主な競走成績]

  1. 東京優駿(GI)、天皇賞・秋(GI)、毎日王冠(GII)、京成杯(GIII)
  2. 有馬記念(GI)、天皇賞・春(GI)、神戸新聞杯(GII)
  3. 皐月賞(GI)、天皇賞・秋(GI)、宝塚記念(GI)、クイーンエリザベス2世カップ(香GI)、産経大阪杯(GII)2回

通算27戦6勝、2着3回、3着7回。