2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

Mishriff(2017.4.1)-2021年のサウジカップの勝ち馬-

Result

Mishriff(ミシュリフ) 牡 鹿毛 2017.4.1生 愛国・Nawara Stud Limited生産 馬主・Prince A A Faisal 英国・John Gosden厩舎

Mishriff(2017.4.1)の4代血統表
Make Believe
鹿毛 2012.2.19
種付け時活性値:1.00【4】
マクフィ
鹿毛 2007.3.4
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
Dubai Millennium 1996.3.20
Zomaradah 1995.2.21
Dhelaal
鹿毛 2002.4.25
Green Desert 1983.4.16
Irish Valley 1982.2.21
Rosie’s Posy
鹿毛 1999.3.31
Suave Dancer
鹿毛 1988.2.7
Green Dancer 1972.4.14
Suavite 1981.5.2
My Branch
鹿毛 1993.5.21
Distant Relative 1986.3.10
Pay the Bank 1987.5.27
Contradict
鹿毛 2010.4.16
仔受胎時活性値:1.50【6】
Raven’s Pass
栗毛 2005.2.17
種付け時活性値:1.00【4】
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West 1984.3.10
Touch of Greatness 1986.4.30
Ascutney
黒鹿毛 1994.4.4
Lord At War 1980.10.1
Right Word 1982.3.31
Acts of Grace
鹿毛 2003.1.26
仔受胎時活性値:1.50【6】
Bahri
鹿毛 1992.2.7
種付け時活性値:0.50【10】
Riverman 1969.3.22
Wasnah 1987.2.17
Rafha
鹿毛 1987.2.19
仔受胎時活性値:1.75【15】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50【10】
Eljazzi
鹿毛 1981.4.12
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Nijinsky5×5、Green Valley(♀)5×5>

Mishriff(2017.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Make Believe
(Mr. Prospector系)
Raven’s Pass
(Mr. Prospector系)
Bahri
(Riverman系)
Kris
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Make Believe 6.00 曾祖母がディアヌ賞勝ち馬
(No. 7-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2021年のサウジカップ(キングアブドゥルアジーズ・ダート1800m)の結果(上位9頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11Mishriff 牡4 57.1 David Egan 1:49.59 John Gosden 3
2 3Charlatan 牡4 57 Mike E Smith 1 Bob Baffert 2
3 7 Great Scot 牡5 57 Adel Alfouraidi 6 1/2 Abdullah Mushrif 11
4 8Knicks Go 牡5 57 Joel Rosario 1 Brad H Cox 1
5 13 Sleepy Eyes Todd 牡5 57 Alexis Moreno 3 3/4 Miguel Angel Silva 11
6 10 Military Law 牡6 57.1 Antonio Fresu 2 1/4 M Al Mheiri 7
7 14 Tacitus 牡5 57.1 William Buick 1 William Mott 4
8 2 Bangkok 牡5 57.1 Ryan Moore 3 3/4 Andrew Balding 8
9 4チュウワウィザード 牡6 57 戸崎 圭太 アタマ 大久保 龍志 5

2021年のサウジカップ。賞金総額2000万米ドル、1着賞金1000万米ドル。途轍もない金額が1分50秒ほどで動く、世界最高賞金レース。2021年の勝ち馬は、愛国生まれの英国調教馬にして、2020年のジョッケクルブ賞(仏GI)勝ち馬、Mishriff。

Mishriff(2017.4.1)-第180回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-
Mishriff(ミシュリフ) 牡 鹿毛 2017.4.1生 愛国・Nawara Stud Limited生産 馬主・Prince A A Faisal 英国・John Gosden厩舎

昨年のサンバサウジダービーCではフルフラット(2017.3.27)の2着だったMishriff、1年ぶりのダート戦もいとやせず、芝ダート兼用の強さをまざまざと見せてくれました。

2020年のサンバサウジダービーCの勝ち馬-フルフラット(2017.3.27)-
フルフラット(Full Flat) 牡 鹿毛 2017.3.27生 米国・Sierra Farm生産 馬主・大野剛嗣氏 栗東・森秀行厩舎

*

『記事が薄い』と思われるでしょう。ええ。短時間で連投、連投となりますと、こんなものです^^;

ピンクカメハメハ(2018.4.12)-2021年のサウジダービーの勝ち馬-
ピンクカメハメハ(Pink Kamehameha) 牡 鹿毛 2018.4.12生 新ひだか・畠山牧場生産 馬主・木村久子氏 栗東・森秀行厩舎
コパノキッキング(2015.3.7)-2021年のリヤドダートスプリントの勝ち馬-
コパノキッキング(Copano Kicking) せん 黒鹿毛 2015.3.7生 米国・Reiley McDonald生産 馬主・小林祥晃氏 栗東・村山明厩舎

本日2021年02月21日(日)は後にフェブラリーS(GI)も待ち構えておりますので、平にご容赦の程、お願い申し上げますm(_ _)m

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。