2020年のサンバサウジダービーCの勝ち馬-フルフラット(2017.3.27)-

Result

フルフラット(Full Flat) 牡 鹿毛 2017.3.27生 米国・Sierra Farm生産 馬主・大野剛嗣氏 栗東・森秀行厩舎

フルフラット(2017.3.27)の4代血統表
Speightstown
栗毛 1998.2.1
種付け時活性値:0.50
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.1.8
Gold Digger 1962.5.28
Secrettame
栗毛 1978.3.15
Secretariat 1970.3.30
Tamerett 1962.2.17
Silken Cat
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Silken Doll
鹿毛 1980.4.11
Chieftain 1961.4.9
Insilca 1974.5.15
Golden Flair
黒鹿毛 2010.2.14
仔受胎時活性値:1.50
Medaglia d’Oro
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:0.50
▲El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells 1981.4.11
Lady Capulet 1974.4.3
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper 1974.3.28
Dubbed In 1973.5.31
Fire the Groom
黒鹿毛 1987.4.13
仔受胎時活性値:1.50
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.00
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Prospector’s Fire
黒鹿毛 1976.5.17
仔受胎時活性値:0.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.25
Native Street
芦毛 1963.4.4
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4、Secretariat4×5(父方)、Native Dancer5×5、Bold Ruler5×5(父方)、Northern Dancer5×5>

フルフラット(2017.3.27)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Speightstown
(Mr. Prospector系)
Medaglia d’Oro
(Sadler’s Wells系)
Blushing Groom
(Red God系)
◆Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Mr. Prospector
(Prospector’s Fire)
4.50伯父ストラヴィンスキー
(No. 3-d)
3番仔?
(3連産目?)

*

2020年のサンバサウジダービーC(沙。キングアブドゥルアジーズ・ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
15フルフラット牡355武 豊1:37.91森 秀行7
28Mishriff牡355David Egan2 1/4John Gosden7
312Final Song牝353.4Harry Bentley1 3/4Saeed bin Suroor5
410Rowdy Yates牡355.7Mike E Smith2 1/4Steven Asmussen4
513Mor’edah牝355.2Alexis Moreno1N Alazma10

沙国における日本馬初勝利は「完勝」でした。褒め称えるべきはフルフラット、そしてサスガは武豊騎手と森秀行調教師の「20世紀から世界で戦って来た」コンビ。2020年のサンバサウジダービーC、賞金総額80万米ドル、1着賞金48万米ドルを賭けたこのレース。14頭立ての大外14番ゲートから発進、道中は先行3番手あたりを進み、最終コーナーを良い感じで先頭で回ると、後はフルフラットとユタカさんの世界。最後は差して来たMishriff(2017.4.1)を2と4分の1馬身抑えたところが栄光のゴール。これはお見事でした。フルフラット、その馬名意味は「完全な平ら。アクセル全開で」。フルフラット、馬名意味の通りアクセル全開でキングアブドゥルアジーズ・ダート1600mを先頭で駆け抜けました。

では、以下にフルフラットのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Fire the Groom 1987.4.13 8勝 ビヴァリーD.S(米GI) ウィルシャーH(米GII) サンタアニタBCH(米GIII)ほか
|ストラヴィンスキー 1996.5.1 3勝 ジュライC(英GI) ナンソープS(英GI)ほか
|Moscow Ballet 2001.3.24 2勝 セクレタリアトS(米GI)3着ほか
|Sweet Firebird 2002.5.14 1勝 ブルーウインドS(愛GIII)3着
||Ayrad 2011.4.9 4勝 アストンパークS(英GIII)2着 グッドウッドグローリアスS(英GIII)2着ほか
||Dawn of Hope 2013.2.10 3勝 スノーフェアリーS(愛GIII)3着
|Indy Blaze 2005.2.7 0勝
||Enterprising 2011.2.18 10勝 ムニスメモリアルH(米GII) フェアグラウンズH(米GIII) ラホヤH(米GIII)ほか
|Augustusthestrong 2006.3.5 1勝 ダイアモンドS(愛GIII)3着
|Golden Flair 2010.2.14 不出走
||フルフラット 2017.3.27 (本馬) サンバサウジダービーC

フルフラットの牝系は3号族d分枝系。祖母Fire the Groomが米GI馬、伯父ストラヴィンスキーが英スプリントGI2勝で1999年のカルティエ賞最優秀スプリンターにして輸入種牡馬。フルフラット、ごく近いところに活躍馬が見える良血馬ですね。

サンバサウジダービーCを制して「世界とも伍して戦える」というところを見せてくれたフルフラットとその陣営。昨年2019年の2歳時にはブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)にも挑戦して5着だったように米国のダートにも対応できることは実証済ですので、3歳春の路線の選択肢が気になるところ。フルフラット、若駒の切り開く地平に幸多からんことを。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

フルフラット、やってくれました!!

マイシンザン
マイシンザン

ああ。ホンマによう頑張ったね。フルフラット、そして森秀行厩舎陣営を始めとする周囲の方たちに拍手(カポカポ)

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

兄さんの拍手の音が「カポカポ」というのが馬らしいですけれど、このサイトの管理人、「フルフラット」と聞くと、どうしてもあるアニメのキャラを思い起こすそうです…。

マイシンザン
マイシンザン

まま「富野節」に毒されているからな……。

重戦機エルガイム|作品紹介|サンライズ
『重戦機エルガイム』の作品情報です。作品概要、あらすじ、スタッフなどをご覧頂けます。