2020年のクラシック候補生を確認する(No.3)-サリオス(2017.1.23)+コーラルツッキー(2017.4.23)-

サリオス 牡 栗毛 2017.1.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・堀宣行厩舎

サリオス(2017.1.23)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
サロミナ
鹿毛 2009.2.22
仔受胎時活性値:1.75
Lomitas
栗毛 1988.1.31
種付け時活性値:1.00
Niniski
鹿毛 1976.2.15
Nijinsky 1967.2.21
Virginia Hills 1971.3.15
La Colorada
栗毛 1981.2.7
Surumu 1974.2.26
La Dorada 1974.3.11
Saldentigerin
鹿毛 2001.3.15
仔受胎時活性値:1.75
Tiger Hill
鹿毛 1995
種付け時活性値:1.25
★デインヒル 1986.3.26
The Filly 1981
Salde
鹿毛 1992.4.9
仔受胎時活性値:2.00
Alkalde
黒鹿毛 1985.5.10
種付け時活性値:1.50
Saite
鹿毛 1978.2.24
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

サリオス(2017.1.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Lomitas
(Nijisnky系)
Tiger Hill
(デインヒル系)
Alkalde
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ 6.75 母が独オークス馬
(No. 16-c)
4番仔
(4連産目)

*

2019年の第5回サウジアラビアロイヤルC(GIII。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3サリオス 牡2 55 石橋 脩 1:32.7レコード 3-3 33.1 540
[+6]
堀 宣行 1
2 6クラヴァシュドール 牝2 54 藤岡 佑介 1:32.9 1 1/4 5-5 33.1 450
[0]
中内田 充正 2
3 8アブソルティスモ 牡2 55 戸崎 圭太 1:33.5 3 1/2 1-1 34.3 494
[-4]
藤沢 和雄 3
4 2ジェラペッシュ 牝2 54 吉田 豊 1:33.9 2 1/2 5-5 34.1 446
[+4]
尾関 知人 6
5 9エンジェルサークル 牝2 54 M.デムーロ 1:33.9 クビ 9-8 33.7 436
[-6]
中川 公成 5

540kgの巨漢の栗毛馬が単勝1.5倍の1番人気に応えて重賞制覇。牝馬の評判馬、同じハーツクライ産駒のクラヴァシュドール(2017.2.1)に詰め寄られかけましたが、最後は1と4分の1馬身突き放しました。東京芝1600mの勝ち時計1分32秒7は2歳コースレコード。サリオス、その馬名意味は「ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想」ということで、サリオス(Salios)の11代母Schwarze Kutte(1920)から連綿と続く頭文字Sから始まる馬名です。

*

コーラルツッキー 牝 鹿毛 2017.4.23生 日高・豊洋牧場生産 馬主・(株)皐月 北海道・田中淳司厩舎

コーラルツッキー(2017.4.23)の4代血統表
シニスターミニスター
鹿毛 2003.3.29
種付け時活性値:1.25
Old Trieste
栗毛 1995.3.2
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Lovlier Linda
栗毛 1980.5.17
Vigors 1973
Linda Summers 1967.2.28
Sweet Minister
鹿毛 1997.4.3
The Prime Minister
鹿毛 1987.4.15
Deputy Minister 1979.5.17
Stick to Beauty 1973.4.17
Sweet Blue
黒鹿毛 1985.4.15
Hurry Up Blue 1977.5.16
Sugar Gold 1980.4.22
コーラルビュー
鹿毛 2008.4.11
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
キングヘイロー
鹿毛 1995.4.28
種付け時活性値:1.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard 1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo 1969.2.7
Pound Foolish 1979.3.17
ホウヨウマリン
鹿毛 1995.3.23
仔受胎時活性値:1.00
アレミロード
鹿毛 1983.3.29
種付け時活性値:0.75
Tom Rolfe 1962.4.14
Why Me Lord 1974.3.8
ベジンスキー
鹿毛 1987.3.28
仔受胎時活性値:1.75
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.75
Belonging
鹿毛 1979.5.28
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Bold Reasoning5×5、Northern Dancer5×5(母方)>

コーラルツッキー(2017.4.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シニスターミニスター
(Seattle Slew系)
キングヘイロー
(Lyphard系)
アレミロード
(Ribot系)
Nijinsky
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シニスターミニスター 6.50 or 4.50 Belong to Meと同牝系
(No. 1-s)
2番仔
(3連産目)

*

2019年の第22回エーデルワイス賞(JpnIII。門別ダート1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14コーラルツッキー 牝2 54 服部茂史 1:12.3   8-5 37.5 450
[+6]
田中淳司 7
2 8アザワク 牝2 54 桑村真明 1:12.4 1/2 3-1 38.3 468
[+8]
角川秀樹 2
3 15ミナトノヨーコ 牝2 54 五十嵐冬樹 1:12.5 1/2 10-9 37.0 424
[+4]
川島洋人 11
4 5ニシノミンクス 牝2 54 内田博幸 1:12.5 ハナ 11-11 36.5 454
[-4]
伊藤圭三 4
5 4プリモジョーカー 牝2 54 阿部龍 1:12.7 1 1-1 38.8 468
[+8]
角川秀樹 1

2歳牝馬15頭が競った世代最初のダートグレード競走。制したのは地元門別ホッカイドウ競馬所属ののコーラルツッキーと服部茂史騎手。2000年に中津競馬から移籍された服部騎手はエーデルワイス賞初制覇。また、2015年から2018年まで4年連続ホッカイドウ競馬の首位調教師・田中淳司調教師もエーデルワイス賞初制覇となりました。エーデルワイス賞は地方所属馬の活躍が目立ち、この3年はストロングハート(2015.5.22)アークヴィグラス(2016.5.18)、そしてコーラルツッキーと地元勢が3連勝を遂げており、通算でも地方所属馬12勝、JRA所属馬10勝と勝ち越しています。コーラルツッキー、その馬名意味は「母名の一部+馬主名より」ということです。

コーラルツッキーの生産者である豊洋牧場にとっては、2002年の武蔵野S(GIII)を制したダブルハピネス(1997.3.14)以来、17年ぶりとなる統一グレードの重賞制覇と相成りました。豊洋牧場の代表生産馬と言えば、言わずと知れたホウヨウボーイ(1975.4.15)ですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。