2020年のアーカンソーダービー(米GI)の勝ち馬-Charlatan(2017.3.2)+Nadal(2017.4.27)-

Result

Charlatan(シャーラタン) 牡 栗毛 2017.3.2生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC生産 馬主・SF Racing LLC, Starlight Racing Et Al 米国・Bob Baffert厩舎

Charlatan(2017.3.2)の4代血統表
Speightstown
栗毛 1998.2.1
種付け時活性値:0.50
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Secrettame
栗毛 1978.3.15
Secretariat 1970.3.30
Tamerett 1962.2.17
Silken Cat
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Silken Doll
鹿毛 1980.4.11
Chieftain 1961.4.9
Insilca 1974.5.15
Authenticity
鹿毛 2007.3.11
仔受胎時活性値:0.25
Quiet American
鹿毛 1986.4.29
種付け時活性値:1.00
★Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Demure
鹿毛 1977.4.4
Dr. Fager 1964.4.6
Quiet Charm 1971.2.25
Court of Appeal
鹿毛 2003.2.5
仔受胎時活性値:0.75
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.75
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Appealing Missy
鹿毛 1987.1.29
仔受胎時活性値:1.75
リイフオー
黒鹿毛 1975.4.1
種付け時活性値:0.75
Out of Joint
鹿毛 1980.5.8
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4、Secretariat4×5(父方)、Dr. Fager4×5(母方)、Northern Dancer5×5、Bold Ruler5×5(父方)>

Charlatan(2017.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Speightstown
(Mr. Prospector系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
Deputy Minister
(Northern Dancer系)
リイフオー
(Lyphard系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Deputy Minister
(Victoria Regina)
4.25 母がGII勝ち馬
(No. A4)
2番仔?

*

2020年のアーカンソーダービー・分割1(米GI。オークローパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Charlatan 牡3 53.5 Martin Garcia 1:48.49 Bob Baffert 1
2 11 Basin 牡3 55.3 Ricardo Santana Jr 6 Steven Asmussen 3
3 4 Gouverneur Morris 牡3 53.5 John R Velazquez クビ Todd Pletcher 2
4 9 Winning Impression せん3 53.5 Julien R Leparoux 3 Dallas Stewart 5
5 8 Anneau D’Or 牡3 53.5 Juan J Hernandez クビ Blaine D Wright 4

*

Nadal(ナダル) 牡 鹿毛 2017.4.27生 米国・Sierra Farm生産 馬主・George Bolton, Barry Lipman Et Al 米国・Bob Baffert厩舎

Nadal(2017.4.27)の4代血統表
Blame
鹿毛 2006.5.2
種付け時活性値:0.50
Arch
黒鹿毛 1995.1.31
▲Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Aurora
鹿毛 1988.5.15
▲Danzig 1977.2.12
Althea 1981.5.20
Liable
鹿毛 1995.5.10
▲Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Bound
鹿毛 1984.6.1
Nijinsky 1967.2.21
Special 1969.3.28
Ascending Angel
栗毛 2011.4.30
仔受胎時活性値:1.25

Pulpit
鹿毛 1994.2.15
種付け時活性値:0.00
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Solar Colony
黒鹿毛 1995.3.30
仔受胎時活性値:1.75
★Pleasant Colony
黒鹿毛 1978.5.4
種付け時活性値:0.00
His Majesty 1968.4.15
Sun Colony 1968.2.25
Meteor Stage
黒鹿毛 1982.4.18
仔受胎時活性値:1.00
★Stage Door Johnny
栗毛 1965
種付け時活性値:0.00
Northern Meteor
黒鹿毛 1975.1.27
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Northern Dancer5×5×5>

Nadal(2017.4.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Blame
(Roberto系)
★Pulpit
(Seattle Slew系)
Pleasant Colony
(Ribot系)
Stage Door Johnny
(Prince John系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blame
(Liable)
5.50 遡ればアイルハヴアナザーと同牝系
(No. 23-b)
2番仔?
(2連産目?)

*

2020年のアーカンソーダービー・分割2(米GI。オークローパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Nadal 牡3 55.3 Joel Rosario 1:48.34 Bob Baffert 1
2 4 King Guillermo 牡3 55.3 Samy Camacho 3 Juan Carlos Avila 2
3 1 Finnick The Fierce せん3 53.5 Martin Garcia 1 1/2 Rey Hernandez 8
4 10 Farmington Road 牡3 53.5 Javier Castellano 2 1/2 Todd Pletcher 4
5 11 Wells Bayou 牡3 55.3 Florent Geroux 3 1/4 Brad H Cox 3

*

分割開催の米G1アーカンソーダービー、バファート師が両ディビジョンを勝利 | JRA-VAN Ver.World
 米オークローンパーク競馬場でG1アーカンソーダービー(3歳、ダート9ハロン)が現地2日に分割開催され、ディビジョン1(Div1)をシャーラタン、Div2をナダル(それぞれ1番人気)とB.バファート調

99頭の事前登録の末、分割開催となった2020年のアーカンソーダービー。勝利を収めたのは、2レース共にボブ・バファート厩舎の無敗馬。分割1はCharlatan、分割2はNadal。かたやCharlatan。日本ではマテラスカイ(2014.3.18)フルフラット(2017.3.27)の父として知られるSpeightstownの仔、好発から主導権を握ると最後は6馬身差。これでメイドン、オプショナルクレーミング、アーカンソーダービーと3戦3勝。こなたNadal。↑で示した4代血統表の通り、0の理論的には仕掛けられた配合馬、こちらは先行2番手から抜け出して最後は3馬身差。これでメイドン、サンヴィセンテS(米GII)、レベルS(米GII)、アーカンソーダービーと4戦4勝。

9月5日に開催予定の第146回ケンタッキーダービー(米GI)。バファート厩舎のステーブルメイトであるCharlatanとNadal、2頭とも無事にキャリアを重ねて、大一番まで歩みを進めてほしいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。