2020年のアーカンソーダービー(米GI)の勝ち馬-Charlatan(2017.3.2)+Nadal(2017.4.27)-

Result

Charlatan(シャーラタン) 牡 栗毛 2017.3.2生 米国・Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC生産 馬主・SF Racing LLC, Starlight Racing Et Al 米国・Bob Baffert厩舎

Charlatan(2017.3.2)の4代血統表
Speightstown
栗毛 1998.2.1
種付け時活性値:0.50
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Secrettame
栗毛 1978.3.15
Secretariat 1970.3.30
Tamerett 1962.2.17
Silken Cat
栗毛 1993.3.25
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Silken Doll
鹿毛 1980.4.11
Chieftain 1961.4.9
Insilca 1974.5.15
Authenticity
鹿毛 2007.3.11
仔受胎時活性値:0.25
Quiet American
鹿毛 1986.4.29
種付け時活性値:1.00
★Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Demure
鹿毛 1977.4.4
Dr. Fager 1964.4.6
Quiet Charm 1971.2.25
Court of Appeal
鹿毛 2003.2.5
仔受胎時活性値:0.75
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.75
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Appealing Missy
鹿毛 1987.1.29
仔受胎時活性値:1.75
リイフオー
黒鹿毛 1975.4.1
種付け時活性値:0.75
Out of Joint
鹿毛 1980.5.8
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4、Secretariat4×5(父方)、Dr. Fager4×5(母方)、Northern Dancer5×5、Bold Ruler5×5(父方)>

Charlatan(2017.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Speightstown
(Mr. Prospector系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
Deputy Minister
(Northern Dancer系)
リイフオー
(Lyphard系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Deputy Minister
(Victoria Regina)
4.25 母がGII勝ち馬
(No. A4)
2番仔?

*

2020年のアーカンソーダービー・分割1(米GI。オークローパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Charlatan 牡3 53.5 Martin Garcia 1:48.49 Bob Baffert 1
2 11 Basin 牡3 55.3 Ricardo Santana Jr 6 Steven Asmussen 3
3 4 Gouverneur Morris 牡3 53.5 John R Velazquez クビ Todd Pletcher 2
4 9 Winning Impression せん3 53.5 Julien R Leparoux 3 Dallas Stewart 5
5 8 Anneau D’Or 牡3 53.5 Juan J Hernandez クビ Blaine D Wright 4

*

Nadal(ナダル) 牡 鹿毛 2017.4.27生 米国・Sierra Farm生産 馬主・George Bolton, Barry Lipman Et Al 米国・Bob Baffert厩舎

Nadal(2017.4.27)の4代血統表
Blame
鹿毛 2006.5.2
種付け時活性値:0.50
Arch
黒鹿毛 1995.1.31
▲Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Aurora
鹿毛 1988.5.15
Danzig 1977.2.12
Althea 1981.5.20
Liable
鹿毛 1995.5.10
▲Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Bound
鹿毛 1984.6.1
Nijinsky 1967.2.21
Special 1969.3.28
Ascending Angel
栗毛 2011.4.30
仔受胎時活性値:1.25

Pulpit
鹿毛 1994.2.15
種付け時活性値:0.00
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Solar Colony
黒鹿毛 1995.3.30
仔受胎時活性値:1.75
★Pleasant Colony
黒鹿毛 1978.5.4
種付け時活性値:0.00
His Majesty 1968.4.15
Sun Colony 1968.2.25
Meteor Stage
黒鹿毛 1982.4.18
仔受胎時活性値:1.00
★Stage Door Johnny
栗毛 1965
種付け時活性値:0.00
Northern Meteor
黒鹿毛 1975.1.27
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Northern Dancer5×5×5>

Nadal(2017.4.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Blame
(Roberto系)
★Pulpit
(Seattle Slew系)
Pleasant Colony
(Ribot系)
Stage Door Johnny
(Prince John系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blame
(Liable)
5.50 遡ればアイルハヴアナザーと同牝系
(No. 23-b)
2番仔?
(2連産目?)

*

2020年のアーカンソーダービー・分割2(米GI。オークローパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Nadal 牡3 55.3 Joel Rosario 1:48.34 Bob Baffert 1
2 4 King Guillermo 牡3 55.3 Samy Camacho 3 Juan Carlos Avila 2
3 1 Finnick The Fierce せん3 53.5 Martin Garcia 1 1/2 Rey Hernandez 8
4 10 Farmington Road 牡3 53.5 Javier Castellano 2 1/2 Todd Pletcher 4
5 11 Wells Bayou 牡3 55.3 Florent Geroux 3 1/4 Brad H Cox 3

*

分割開催の米G1アーカンソーダービー、バファート師が両ディビジョンを勝利 | JRA-VAN Ver.World
 米オークローンパーク競馬場でG1アーカンソーダービー(3歳、ダート9ハロン)が現地2日に分割開催され、ディビジョン1(Div1)をシャーラタン、Div2をナダル(それぞれ1番人気)とB.バファート調

99頭の事前登録の末、分割開催となった2020年のアーカンソーダービー。勝利を収めたのは、2レース共にボブ・バファート厩舎の無敗馬。分割1はCharlatan、分割2はNadal。かたやCharlatan。日本ではマテラスカイ(2014.3.18)フルフラット(2017.3.27)の父として知られるSpeightstownの仔、好発から主導権を握ると最後は6馬身差。これでメイドン、オプショナルクレーミング、アーカンソーダービーと3戦3勝。こなたNadal。↑で示した4代血統表の通り、0の理論的には仕掛けられた配合馬、こちらは先行2番手から抜け出して最後は3馬身差。これでメイドン、サンヴィセンテS(米GII)、レベルS(米GII)、アーカンソーダービーと4戦4勝。

9月5日に開催予定の第146回ケンタッキーダービー(米GI)。バファート厩舎のステーブルメイトであるCharlatanとNadal、2頭とも無事にキャリアを重ねて、大一番まで歩みを進めてほしいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。