2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

ユーバーレーベン(2018.1.27)-第82回優駿牝馬(GI)の勝ち馬-

Result

ユーバーレーベン 牝 青鹿毛 2018.1.27生 新冠・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・手塚貴久厩舎

ユーバーレーベン(2018.1.27)の4代血統表

ゴールドシップ
芦毛 2009.3.6
種付け時活性値:0.00【8】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
ポイントフラッグ
芦毛 1998.3.23
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
★メジロテイターン 1978.3.22
メジロオーロラ 1978.3.8
パストラリズム
黒鹿毛 1987.5.15
プルラリズム 1980.4.9
トクノエイテイー 1978.3.2
マイネテレジア
青毛 2007.3.18
仔受胎時活性値:0.50【10】
ロージズインメイ(USA)
青鹿毛 2000.2.9
種付け時活性値:1.50【6】
Devil His Due
黒鹿毛 1989.4.18
Devil’s Bag 1981.2.19
Plenty O’Toole 1977.2.15
Tell a Secret
黒鹿毛 1977.4.25
Speak John 1958.2.7
Secret Retreat 1968.5.13
マイネヌーヴェル
黒鹿毛 2000.3.17
仔受胎時活性値:1.50【6】
ブライアンズタイム(USA)
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:1.50【14】
Roberto 1969.3.16
Kelley’s Day 1977.5.11
マイネプリテンダー(NZ)
黒鹿毛 1995.11.12
仔受胎時活性値:0.875【3.5】
★Zabeel(NZ)
鹿毛 1986.10.25
種付け時活性値:0.00【8】
Giladah(IRE)
鹿毛 1986.4.1
仔受胎時活性値:0.125【8.5】

<5代血統表内のクロス:Halo4×5、Hail to Reason5×5>

ユーバーレーベン(2018.1.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドシップ
(サンデーサイレンス系)
ロージズインメイ
(Halo系)
ブライアンズタイム
(Roberto系)
★Zabeel
(Sir Tristram系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロージズインメイ
(Conniver)
3.00 祖母がGIII勝ち馬
(No. 6-b)
6番仔
(2連産目)

*

2021年の第82回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9ユーバーレーベン 牝3 55 M.デムーロ 2:24.5 12-13-10-8 34.4 462
[+8]
手塚 貴久 3
2 7アカイトリノムスメ 牝3 55 C.ルメール 2:24.6 1 5-7-10-10 34.4 450
[+6]
国枝 栄 2
3 8ハギノピリナ 牝3 55 藤懸 貴志 2:24.6 ハナ 17-17-15-12 34.3 454
[0]
高野 友和 16
4 4タガノパッション 牝3 55 岩田 康誠 2:24.8 1 1/4 16-16-17-16 34.2 456
[0]
鮫島 一歩 10
5 15アールドヴィーヴル 牝3 55 松山 弘平 2:24.8 アタマ 13-13-13-12 34.5 422
[0]
今野 貞一 7

2021年の第82回優駿牝馬。ユーバーレーベン、その馬名意味は「生き残る(独)」ということ。岡田繁幸さんの信念、正にここに生き残っています。

岡田繁幸氏(1950.3.19~2021.3.19)-マイネル軍団総帥、逝く-
岡田繁幸氏(1950.3.19~2021.3.19)-マイネル軍団総帥、逝く-

父ゴールドシップ、母父ロージズインメイ共に岡田さんの肝煎りでビッグレッドファームでの種牡馬入り、そして曾祖母マイネプリテンダーは新国産馬で直仔に4頭の重賞勝ち馬を送り込んだ名繁殖牝馬。岡田さんが導入された血の結実が第82回優駿牝馬で成されました。

では、以下にユーバーレーベンの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

マイネプリテンダー 1995.11.12 1勝
|マイネヌーヴェル 2000.3.17 3勝 フラワーC(GIII)ほか
||マイネテレジア 2007.3.18 1勝
|||マイネルファンロン 2015.2.19 現役 函館記念(GIII)2着 スプリングS(GII)3着
|||ユーバーレーベン 2018.1.27 (本馬) 優駿牝馬(GI) 札幌2歳S(GIII)2着 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)3着ほか
|マイネルネオス 2003.3.30 8勝 中山グランドジャンプ(J・GI)ほか
|マイネルアワグラス 2004.5.1 6勝 シリウスS(GIII)ほか
|マイネルチャールズ 2005.4.27 4勝 弥生賞(JpnII) 京成杯(JpnIII)ほか

マイネプリテンダーは3回ブライアンズタイムを交配しており、出来た仔がマイネヌーヴェル、マイネルアワグラス、マイネルチャールズの3頭。いずれもJRA重賞の勝ち馬になったのですから素晴らしい。そうして、曾孫の代でついにGI勝ち馬が輩出されました。

ユーバーレーベン。その身に御霊を携えて東京芝2400mのクラシックホースとして歴史にその名を刻みました。(株)サラブレッドクラブ・ラフィアンにとって初めての五大クラシック勝ち馬、そして父ゴールドシップにとっても初めてのGI勝ち産駒となったユーバーレーベン。天国の岡田総帥に届いたかな、その勝利。これからのさらなる活躍、ただただ期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。