第77回桜花賞(GI)の勝ち馬

Result

レーヌミノル 牝 栗毛 2014.4.24生 静内・フジワラフアーム生産 馬主・吉岡實氏 栗東・本田優厩舎

レーヌミノル(2014.4.24)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレットインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959
Consentida 1962
ダイワエンジェル
栗毛 2000.5.4
仔受胎時活性値:1.25
タイキシャトル
栗毛 1994.3.23
種付け時活性値:1.25
Devil’s Bag
鹿毛 1981.2.19
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ウェルシュマフィン
鹿毛 1987.3.15
Caerleon 1980.3.27
Muffitys 1982.3.7
プリンセススキー
鹿毛 1985.5.1
仔受胎時活性値:1.50
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
種付け時活性値:0.50
Raja Baba 1968.4.5
Coz o’Nijinsky 1969.4.27
ギフトプリンセス
鹿毛 1976.5.24
仔受胎時活性値:2.00
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
種付け時活性値:1.00
ヤマトタチバナ
鹿毛 1959.4.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Halo3×4>

レーヌミノル(2014.4.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダイワメジャー
(Halo系)
タイキシャトル
(Halo系)
ロイヤルスキー
(Bold Ruler系)
テスコボーイ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
タイキシャトル
(ダイワエンジェル)
6.75 or 4.75 祖母がGIII勝ち馬
(No.2-c プリンセスリタ系)
9番仔
(9連産目)

*

第77回桜花賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 レーヌミノル 牝3 55 池添謙一 1:34.5    35.4 466
[-2]
本田優 8
2 6 リスグラシュー 牝3 55 武豊 1:34.6 1/2 35.3 436
[-2]
矢作芳人 3
3 14 ソウルスターリング 牝3 55 C.ルメール 1:34.6 クビ 35.4 474
[-2]
藤沢和雄 1
4 8 カラクレナイ 牝3 55 田辺裕信 1:34.7 クビ 35.0 480
[+2]
松下武士 7
5 12 アエロリット 牝3 55 横山典弘 1:34.7 クビ 35.0 480
[-6]
菊沢隆徳 6

2017年の第77回桜花賞。終わってみれば、1着と3着が入れ替わっただけで、上位3頭は昨年2016年の第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の上位3頭。阪神芝1600mのGIレースで強さを見せた馬たちが、改めてその実力を見せたという結果でした。

そんな中で小倉2歳S(GIII)以来の勝利を収めたレーヌミノル。前に馬を置き我慢を重ねる修練が実り、その名の通り、桜の女王を戴冠。レース時は勝負服とお揃いのメンコで隠されていますが、レーヌミノルは美しい栗毛の流星のベッピンさん。黄色の帽子、「白、赤縦縞、袖赤一本輪」の勝負服を乗せて、先行4番手から抜け出した様は、正に桜の女王にふさわしい美しさと強さでした。稍重の阪神芝1600mで1分34秒5の勝ち時計も速い。恐れ入りました。

初コンビとなったレーヌミノルを見事にエスコートされた池添謙一騎手は、2002年の第62回のアローキャリー(1999.3.1)以来となる2度目の桜花賞制覇。管理される本田優調教師は、調教師としてGI初勝利と共に、史上4人目となる「騎手と調教師での桜花賞V」を遂げられました。また、オーナーの吉岡實さんもGI初優勝、生産牧場であるフジワラフアームはウイングアロー(1995.3.25)による2000年の第1回ジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ、GI)以来17年ぶりのJRAGI勝ちを収められました。それぞれにおめでとうございました。

若干余談となりますが、2001年の第61回は、ペーパーオーナーゲームで指名していたサクセスストレイン(1998.4.9)の応援もあり、現地で観戦していました。レースは単勝1.3倍の圧倒的1番人気に応えたテイエムオーシャン(1998.4.9)と本田優騎手(当時)が3馬身差の快勝。私が持っていたのは、テイエムオーシャンとサクセスストレインの馬連1点のみでした。そう、1998年4月9日の同日に、この世に生を受けた2頭の馬連でした。そうして、今日2017年4月9日は2頭の19歳の誕生日。本田調教師、かつての相棒の誕生日に、調教師として大仕事を果たされたのでした。

閑話休題。桜の女王となったレーヌミノル。【桜花賞】タメれば切れる!レーヌミノルは「千二の馬じゃない」― スポニチ Sponichi Annexの記事によると、中井仁助手曰く「適距離は1600~2000メートル」ということですから、3歳春の牝馬どうしならば、第78回優駿牝馬(GI)への進路も十分に考えられます。「母父タイキシャトル」は、ワンアンドオンリー(2011.2.23)ストレイトガール(2009.3.12)からも、府中の根幹距離GIで良い仕事を果たす印象もありますので、レーヌミノル、次走が楽しみになりました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。