ドウデュース(2019.5.7)-第73回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-

Result

ドウデュース 牡 鹿毛 2019.5.7生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(株)キーファーズ 栗東・友道 康夫厩舎

ドウデュース(2019.5.7)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
ダストアンドダイヤモンズ
鹿毛 2008.1.6
仔受胎時活性値:0.50【10】
Vindication
黒鹿毛 2000.1.28
種付け時活性値:1.75【7】
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Strawberry Reason
黒鹿毛 1992.3.17
Strawberry Road(AUS) 1979.9.28
Pretty Reason 1971.3.18
Majestically
黒鹿毛 2002.1.13
仔受胎時活性値:1.25【5】
Gone West
鹿毛 1984.3.10
種付け時活性値:0.25【17】
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Darling Dame
鹿毛 1989.1.9
仔受胎時活性値:1.00【12】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.75【19】
Darling Lady
鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Lyphard4×4>

ドウデュース(2019.5.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Vindication
(Seattle Slew系)
Gone West
(Mr. Prospector系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Vindication
(Nothirdchance)
4.00 母が米Gレース2勝馬
(No. 3-d)
6番仔
(6連産目)

*

2021年の第73回朝日杯フューチュリティS(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9ドウデュース 牡2 55 武 豊 1:33.5 8-7 34.5 496
[-10]
友道 康夫 3
2 4セリフォス 牡2 55 C.デムーロ 1:33.6 1/2 5-5 34.8 486
[0]
中内田 充正 1
3 7ダノンスコーピオン 牡2 55 松山 弘平 1:33.7 1/2 8-9 34.6 458
[-4]
安田 隆行 4
4 3アルナシーム 牡2 55 池添 謙一 1:34.0 1 3/4 12-12 34.7 432
[-6]
橋口 慎介 8
5 13ジオグリフ 牡2 55 C.ルメール 1:34.0 ハナ 14-13 34.5 496
[+4]
木村 哲也 2

2021年の第73回朝日杯フューチュリティS。22回目の挑戦で「ついに」。武豊騎手、朝日杯フューチュリティS初制覇となりました。武騎手はこれまでの朝日杯で2着5回がありましたが、その2着5回を確認しますと、

  1. スキーキャプテン(1992.4.24)
    →1994年の第46回。勝ち馬フジキセキ(1992.4.15)とはクビ差。このレースは上位5頭を前走まで2戦2勝の馬たちが占めたことで印象に残っています
  2. エイシンガイモン(1993.3.22)
    →1995年の第47回。勝ち馬バブルガムフェロー(1993.4.11)とは4分の3馬身差
  3. エイシンキャメロン(1996.3.9)
    →1998年の第50回。勝ち馬アドマイヤコジーン(1996.4.8)とはクビ差
  4. エアスピネル(2013.2.10)
    →2015年の第67回。勝ち馬リオンディーズ(2013.1.29)とは4分の3馬身差
  5. タイセイビジョン(2017.2.26)
    →2019年の第71回。勝ち馬サリオス(2017.1.23)とは2と2分の1馬身差

いずれのレースも勝ち馬が強かったこともありますが、エアスピネルの時はデイリー杯2歳S(GII)の勝ちっぷりを見て「今年こそ」と思ったものでした^^;

また、ドウデュースの馬主の(株)キーファーズにとっても、悲願のJRA・GI初勝利。これは「おめでとうございました」の一言です。

ドウデュース・レース結果 | キーファーズサロン
ドウデュースのレース結果ページです。レースの詳細情報をお届けします。

むぅ、キーファーズサロンの仕事の速さよ(^^)

*

ドウデュースの牝系は米国で継承されている3号族d分枝系。母ダストアンドダイヤモンズは米6勝を挙げ、その主な勝ち鞍にギャラントブルームH(米GII)、シュガースワールS(米GIII)と米グレードレース2勝があり、ブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリント(米GI)では2着でした。ドウデュースの近親の最大の活躍馬は母ですが、牝系を遡ればドウデュースの5代母がOlmec(1966)ですから、ダンシングブレーヴ(1983.5.11)、Jolypha(1989.4.20)、メイショウベルーガ(2005.3.30)、メイショウテンゲン(2016.3.10)等が同牝系の別分枝に見えます。

また0の理論的にはドウデュースの最優性先祖である母父Vindicationは現役時代に米4勝を挙げ、その主な勝ち鞍にブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、ケンタッキーCジュヴェナイルS(米GIII)があります。2歳時4戦4勝で今はなきアーリントンパーク競馬場のダート9ハロンで行われたブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを制したVindication、その父Seattle Slewが25歳時交配の仔ということで、血統を確認した時に瞠目したものです。

Seattle Slewの最後の大物牡馬産駒として種牡馬としても期待されたVindicationでしたが、8歳時に胃破裂により早世。Gレース勝ち産駒はダストアンドダイヤモンズの他にMore Happy(2005.214)、Vocalised(2006.5.30)、Free Judgement(2007.2.25)、Wyomia(2008.2.10)、Broadway’s Alibi(2009.3.18)と、若くして逝ってしまったこともありますけれど、散発的に輩出するに留まりました。

*

鹿毛の大柄の馬体よろしく、額に流れる一筋の流星。素人目にも、ひと目で「良い馬だな」と思わせるドウデュース。9月の小倉芝1800mの新馬戦、10月の東京芝1800mのアイビーS(L)、そして12月の阪神芝1600mの朝日杯フューチュリティS。3戦3勝、無敗で2022年のクラシック戦線に向かいます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

#「ここまで来たら、勝たせてあげて!!」と叫ぶテレビ観戦者。