第71回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-サリオス(2017.1.23)-

Result

サリオス 牡 栗毛 2017.1.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・堀宣行厩舎

サリオス(2017.1.23)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビユーパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
サロミナ
鹿毛 2009.2.22
仔受胎時活性値:1.75
Lomitas
栗毛 1988.1.31
種付け時活性値:1.00
Niniski
鹿毛 1976.2.15
Nijinsky 1967.2.21
Virginia Hills 1971.3.15
La Colorada
栗毛 1981.2.7
Surumu 1974.2.26
La Dorada 1974.3.11
Saldentigerin
鹿毛 2001.3.15
仔受胎時活性値:1.75
Tiger Hill
鹿毛 1995.4.11
種付け時活性値:1.25
★デインヒル 1986.3.26
The Filly 1981.3.14
Salde
鹿毛 1992.4.9
仔受胎時活性値:2.00
Alkalde
黒鹿毛 1985.5.10
種付け時活性値:1.50
Saite
鹿毛 1978.2.24
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

サリオス(2017.1.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハーツクライ
(サンデーサイレンス系)
Lomitas
(Nijisnky系)
Tiger Hill
(デインヒル系)
Alkalde
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハーツクライ 6.75 母が独オークス馬
(No. 16-c)
4番仔
(4連産目)

*

2019年の第71回朝日杯フューチュリティS(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6サリオス 牡2 55 R.ムーア 1:33.0 3-3 35.4 538
[-2]
堀 宣行 1
2 8タイセイビジョン 牡2 55 武 豊 1:33.4 2 1/2 12-8 35.3 464
[+4]
西村 真幸 2
3 9グランレイ 牡2 55 池添 謙一 1:33.6 1 1/4 15-15 34.9 452
[-4]
池添 学 14
4 14タガノビューティー 牡2 55 和田 竜二 1:33.6 クビ 14-12 35.2 508
[+6]
西園 正都 9
5 13プリンスリターン 牡2 55 原田 和真 1:33.8 1 1/4 9-8 35.7 444
[+4]
加用 正 15

2019年の第71回朝日杯フューチュリティS。関係者曰く「牛さん」という、おっとりのっそりの大物サリオス。レースでは538kgの巨漢から繰り出すスピードを全開させました。「名手」ライアン・ムーアが先行3番手につかせると、1000m通過57秒2のペースを事も無げに抜け出し、直線タイセイビジョン(2017.2.26)が差し迫ると再加速。最後は2と2分の1馬身差を着けたところが決勝点。終わってみれば、その勝ち時計1分33秒0は朝日杯フューチュリティSレコード。6月の東京芝1600mの新馬戦、10月の東京芝1600mのサウジアラビアロイヤルC(GIII)、そして12月の阪神芝1600mの朝日杯フューチュリティS。3戦3勝、無敗での見事なGI制覇と相成りました。さぁ、後は12月28日に行われる第36回ホープフルS(GI)がどうなるか。果たして、JRA最優秀2歳牡馬はどの馬の蹄中に、というところです。

では、以下にサリオスの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Salde 1992.4.9 3勝
|Saldenschwinge 1998.2.24 5勝 ユングハインリヒ創立記念大賞(独GIII) ドイツ牝馬賞(独GIII)ほか
|Saldenehre 2000.2.21 1勝
||Serienhoehe 2006.2.9 3勝 モーリスラクロワT(独GIII)
||セリエンホルデ 2013.3.23 2勝 ディアナ賞(独GI)ほか
|Saldentigerin 2001.3.15 3勝 バーデンヴュルテンベルクT(独GIII)ほか
||Salut 2008.2.10 5勝 伊セントレジャー(GIII)2着
||サロミナ 2009.2.22 4勝 ディアナ賞(独GI) ハンブルク牝馬賞(独GIII)
|||サロニカ 2014.3.3 2勝 エルフィンS(OP)
|||サラキア 2015.2.5 ローズS(GII)2着 エプソムC(GIII)2着
|||サリオス 2017.1.23 (本馬) 朝日杯フューチュリティS(GI) サウジアラビアロイヤルC(GIII)
|Saltas 2008.5.4 6勝 ラインラントポカル(独GI)2着ほか

サリオスの牝系は16号族c分枝系。母サロミナはディアナ賞、即ち独オークスの勝ち馬であり、近親にも独国のグループレース活躍馬が見え、サリオスの姉にもサロニカ、サラキアとJRAのオープン馬がいます。いわゆるシュレンダーハン牧場のSライン、サロミナ(Salomina)の仔たちには、サロニカ(Salonika)、サラキア(Salacia)、サリオス(Salios)など名前の頭文字がSで始まる馬名しか付けられていません。そんな名前の頭文字Sを受け継いだサリオス、改めてその馬名意味は「ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想」ということです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。