アランバローズ(2018.2.8)-第71回全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬-

Result

アランバローズ 牡 鹿毛 2018.2.8生 新冠・大狩部牧場生産 馬主・猪熊広次氏 船橋・林正人厩舎

アランバローズ(2018.2.8)の4代血統表
ヘニーヒューズ(USA)
栗毛 2003.4.5
種付け時活性値:1.50【14】
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Meadow Flyer
鹿毛 1989.1.22
Meadowlake
栗毛 1983.3.12
Hold Your Peace 1969.1.24
Suspicious Native 1972.4.1
Shortley
黒鹿毛 1980.3.11
Hagley 1967.4.13
Short Winded 1965.4.20
カサロサーダ
鹿毛 2013.1.26
仔受胎時活性値:1.00【4】
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.50【18】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス 1967.4.11
ダイナサツシユ 1979.3.16
センブラフェ(ARG)
鹿毛 2007.8.28
仔受胎時活性値:1.125【4.5】
Manipulator(USA)
鹿毛 2001.5.22
種付け時活性値:1.375【5.5】
Unbridled 1987.3.5
Inside Information 1991.5.23
Siembra Pasion(ARG)
黒鹿毛 1998.9.4
仔受胎時活性値:2.00【8】
El Sembrador(ARG)
栗毛 1991.9.10
種付け時活性値:1.50【6】
Larga Pasion(ARG)
鹿毛 1992.7.10
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:なし>

アランバローズ(2018.2.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヘニーヒューズ
(Storm Cat系)
ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
Manipulator
(Mr. Prospector系)
El Sembrador
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヘニーヒューズ 5.375 祖母が亜GI2勝
(No. 10-a)
初仔

*

2020年の第71回全日本2歳優駿(JpnI。川崎ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11アランバローズ 牡2 55 左海誠二 1:40.7 1-1-1-1 39.4 434
[-3]
林正人 2
2 10ランリョウオー 牡2 55 本橋孝太 1:41.8 5 2-2-2-2 40.1 445
[-10]
小久保智 6
3 6ルーチェドーロ 牡2 55 戸崎圭太 1:42.5 3 3-3-3-4 40.5 496
[-4]
高橋裕 8
4 4タイセイアゲイン 牡2 55 福永祐一 1:42.6 クビ 7-7-7-5 39.9 479
[+7]
松下武士 4
5 13バクシン 牡2 55 斉藤新 1:42.7 1/2 6-5-5-6 40.3 488
[0]
斉藤誠 3

2020年の第71回全日本2歳優駿。戦前まで4戦4勝だった船橋のアランバローズ。

デュアリスト(2018.5.15)&アランバローズ(2018.2.8)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.9)-
デュアリスト 牡 栗毛 2018.5.15生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・安田隆行厩舎 アランバローズ 牡 鹿毛 2018.2.8生 新冠・大狩部牧場生産 馬主・猪熊広次氏 船橋・林正人厩舎

5連勝目は透徹した逃げによって果たされました。逃げた馬にメンバー最速の上がり脚を使われてしまっては、後続は為す術がありません。さながら「逃げて差す」。懐かしのサイレンススズカ(1994.5.1)を思い出すところですが、橙の帽子に「白、緑一本輪、白袖」をまとった左海誠二騎手に操られたアランバローズ、ただただ見事な逃げ切り勝ちでした。

アランバローズの父であり0の理論的には最優性先祖であるヘニーヒューズ。

クリックして12_henny-hughes.pdfにアクセス

優駿スタリオンステーションの筆頭種牡馬として大人気の同馬は現役時代に6勝を挙げ、その主な勝ち鞍にヴォスバーグS(米GI)、キングズビショップS(米GI)、サラトガスペシャルS(米GII)、ジャージーショアBCS(米GIII)と米グレードレース4勝。ヴォスバーグSはベルモントパーク・ダート6Fを1分8秒13のステークスレコード勝ちを収めるなど、スピード自慢の快足馬でした。

そんなヘニーヒューズの代表産駒を確認しておきますと、

  1. Beholder(2010.5.9)
    →ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)2回、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)、パシフィッククラシック(米GI)、ゼニヤッタS(米GI)3回、サンタアニタオークス(米GI)、ラスヴァージネスS(米GI)、ヴァニティマイルS(米GI)、クレメントLハーシュS(米GI)ほか
  2. アジアエクスプレス(2011.2.9)
    →朝日杯フューチュリティS(GI)、レパードS(GIII)ほか
  3. モーニン(2012.4.14)
    フェブラリーS(GI)、根岸S(GIII)、コリアスプリントほか
  4. Academic(2012.4.30)
    →ウッドバインオークス、カナディアンダービー(加GIII)、ブリティッシュコロンビアダービー(加GIII)ほか
  5. ワイドファラオ(2016.4.3)
    →かしわ記念(JpnI)、ニュージーランドT(GII)、ユニコーンS(GIII)ほか
  6. アランバローズ(2018.2.8)
    →全日本2歳優駿(JpnI)ほか。本稿の主役

米GI11勝の名牝Beholder、芝ダート兼用のアジアエクスプレス&ワイドファラオ、日本国内のみならず韓国でも頑張ったモーニンなど記事にしている馬の多さからも、種牡馬能力の確かさが伺えます。そんなヘニーヒューズの代表産駒に名を連ねたアランバローズ。伸び行く若駒の2021年の活躍を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。