第65回東京大賞典(GI)の勝ち馬-オメガパフューム(2015.4.6)-

Result

オメガパフューム 牡 芦毛 2015.4.6生 千歳・社台ファーム生産 馬主・原禮子氏 栗東・安田翔伍厩舎

オメガパフューム(2015.4.6)の4代血統表
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:0.25
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
Damascus 1964.4.14
Aphonia 1962.4.19
Hey Dolly A.
芦毛 1974.3.2
Ambehaving 1954.2.27
Swift Deal 1969.3.19
オメガフレグランス
鹿毛 2007.5.22
仔受胎時活性値:1.75
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
ビューティーメイク
鹿毛 1989.3.21
仔受胎時活性値:0.25
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.25
▲Roberto 1969.3.16
Desert Vixen 1970.4.19
セイリングビユーテイ
鹿毛 1976.3.30
仔受胎時活性値:1.00
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.50
Sweetdric
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Hail to Reason5×5>

オメガパフューム(2015.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スウェプトオーヴァーボード
(Mr. Prospector系)
ゴールドアリュール
(Halo系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nearctic)
4.50 祖母がOP特別勝ち馬
(No. 14-c)
2番仔
(2連産目)

*

2019年の第65回東京大賞典(GI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9オメガパフューム 牡4 57 M.デムーロ 2:04.9  7-7-6-4 38.1 451
[-1]
安田翔伍 2
2 10ノンコノユメ せん7 57 真島大輔 2:05.1 1 6-6-7-7 38.1 443
[-2]
荒山勝徳 5
3 5モジアナフレイバー 牡4 57 繁田健一 2:05.5 2 8-8-8-6 38.3 519
[+7]
福永敏 4
4 12ゴールドドリーム 牡6 57 C.ルメール 2:05.6 1/2 3-3-3-3 39.3 523
[-13]
平田修 1
5 13ロードゴラッソ 牡4 57 川田将雅 2:06.2 3 5-5-4-5 39.5 465
[-4]
藤岡健一 6

2019年の第65回東京大賞典。年末の日本の国際GIの掉尾を飾るのは、有馬記念(GI)でもなく、ホープフルS(GI)でもなく、東京大賞典。その第65回を制したのは、昨年2018年の第64回に続いて連覇を果たしたオメガパフューム。これでオメガパフュームは大井ダート2000mを4戦3勝2着1回。3勝の内訳は東京大賞典2回、帝王賞(JpnI)、そして2着1回はジャパンダートダービー(JpnI)と、いずれもジーワンで果たしています。そしてまた東京大賞典で連覇を果たしたのは、アジュディミツオー(2001.6.2)スマートファルコン(2005.4.4)ホッコータルマエ(2009.5.26)に続いて4頭目の快挙でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。