タイトルホルダー(2018.2.10)-第63回宝塚記念(GI)の勝ち馬-

Result

タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎

タイトルホルダー(2018.2.10)の4代血統表
ドゥラメンテ
鹿毛 2012.3.22
種付け時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000.4.30
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン 1983.4.7
ダイナカール 1980.5.10
メーヴェ
黒鹿毛 2008.5.8
仔受胎時活性値:0.25【9】
Motivator
鹿毛 2002.2.22
種付け時活性値:1.25【5】
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells 1981.4.11
Floripedes 1985.5.11
Out West
黒鹿毛 1994.2.8
Gone West 1984.3.10
Chellingoua 1983.1.30
Top Table
鹿毛 1989.1.30
仔受胎時活性値:0.50【18】
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:1.25【13】
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Lora’s Guest
栗毛 1984.5.18
仔受胎時活性値:1.00【4】
Be My Guest
栗毛 1974.4.12
種付け時活性値:0.25【9】
Lora
鹿毛 1972
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer5×5(母方)>

タイトルホルダー(2018.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ドゥラメンテ
(Mr. Prospector系)
Motivator
(Sadler’s Wells系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
Be My Guest
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ドゥラメンテ 2.50 母が丹頂S(OP)勝ち馬
(No. 9-c)
2番仔
(3連産目)

*

2022年の第63回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6タイトルホルダー 牡4 58 横山 和生 2:09.7レコード 2-2-2-2 36.1 476
[+2]
栗田 徹 2
2 10ヒシイグアス 牡6 58 D.レーン 2:10.0 2 6-6-6-5 35.9 490
[-4]
堀 宣行 5
3 7デアリングタクト 牝5 56 松山 弘平 2:10.3 2 10-10-8-8 36.0 480
[-6]
杉山 晴紀 4
4 15ディープボンド 牡5 58 和田 竜二 2:10.3 ハナ 3-3-3-3 36.6 502
[-2]
大久保 龍志 3
5 9マイネルファンロン 牡7 58 M.デムーロ 2:10.6 1 3/4 8-8-6-5 36.5 474
[-4]
手塚 貴久 14

2022年の第63回宝塚記念。「終わってみればの天皇賞馬、菊花賞馬」と叫んでいた最後の直線。

タイトルホルダー(2018.2.10)-第165回天皇賞・春(GI)の勝ち馬-
タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎
タイトルホルダー(2018.2.10)-第82回菊花賞(GI)の勝ち馬-
タイトルホルダー 牡 鹿毛 2018.2.10生 新ひだか町・岡田スタツド生産 馬主・山田 弘氏 美浦・栗田 徹厩舎

単純に強かったタイトルホルダー、阪神芝3000mの菊花賞(GI)、阪神芝3200mの天皇賞・春(GI)、そして阪神芝2200mの宝塚記念と阪神競馬場のGIレース3連勝。「中距離でどうか」と思う向きもあったでしょうけれど、なんのなんの。2分9秒7のコースレコード勝ちでスピードの確かさも見せ付けて、ファン投票1位に応えてくれました。タイトルホルダー、選手権保持者の名の通り、強いものは強く、速いものは速い。

タイトルホルダー、その姿形は違えど、現年齢表記4歳春の時点で勝利を収めたGIレースからは、

JRA賞年度代表馬を辿る(其の漆)-ビワハヤヒデ(1990.3.10)-
ビワハヤヒデ 牡 芦毛 1990.3.10生 福島・早田牧場新冠支場生産 馬主・(有)ビワ 栗東・浜田光正厩舎
年度代表馬の同期生を辿る(其の弐拾陸)-ヒシミラクル(1999.3.31)-
ヒシミラクル 牡 芦毛 1999.3.31生 三石・大塚牧場生産 馬主・阿部雅一郎氏 栗東・佐山優厩舎

ビワハヤヒデ(1990.3.10)、ヒシミラクル(1999.3.31)の2頭を思い出しました。ビワハヤヒデが制した1994年の第35回もレコードタイムでしたし、ヒシミラクルが制した2003年の第44回と同じ5枠10番に入った冠名「ヒシ」のヒシイグアス(2016.1.22)が頑張って2着。ビワハヤヒデが制した宝塚記念から28年、ヒシミラクルが制した宝塚記念から19年と思うと時の流れの速さを思いますが、変わらず血は巡り、馬は駆け、人も賭け続けています。

*

サラブレッドは血で走るように、人間も血が成せる業がありました。横山家は史上初となる「父子3代で宝塚記念優勝」と相成りました。敬称略で恐縮ですが、以下に3代それぞれの宝塚記念優勝について示しておきますと、

  1. 横山富雄
    →1971年の第12回メジロムサシ(1967.2.22)
  2. 横山典弘
    →1991年の第32回メジロライアン(1987.4.11)、2014年の第55回ゴールドシップ(2009.3.6)
  3. 横山和生
    →2022年の第63回のタイトルホルダー(本稿の主役)

まま、横山家のお子らがGIレースを勝つ度に書いている訳ですが、恐るべしは横山家(!!!)

*

タイトルホルダー、今回の宝塚記念勝ちにより、今秋の凱旋門賞(仏GI)挑戦が陣営から明言されました。

栗田調教師はレース後、フランスG1・凱旋門賞(10月2日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)への挑戦を明言。「オーナーから『勝ったら凱旋門賞』と言われていました。(横山)和生くんで直行の予定です」と語った。

【宝塚記念】タイトルホルダー完勝でG1・3勝目 栗田師、凱旋門賞挑戦明言「和生くんで直行」 : スポーツ報知

古馬はGI3勝馬タイトルホルダー、3歳馬は東京優駿(GI)の勝ち馬ドウデュース(2019.5.7)。現在の日本のエースクラスが揃って直行となる、第101回凱旋門賞。3ヶ月後を、ただただ、楽しみにしておきます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。