第53回スプリンターズS(GI)の勝ち馬-タワーオブロンドン(2015.2.9)-

Result

タワーオブロンドン 牡 鹿毛 2015.2.9生 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・藤沢和雄厩舎

タワーオブロンドン(2015.2.9)の4代血統表
Raven’s Pass
栗毛 2005.2.17
種付け時活性値:0.25
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
Ascutney
黒鹿毛 1994.4.4
Lord At War
栗毛 1980.10.1
General 1974
Luna de Miel 1974
Right Word
鹿毛 1982.3.31
★Verbatim 1965.2.10
Oratorio 1974.2.17
スノーパイン
芦毛 2010.3.13
仔受胎時活性値:1.00
Dalakhani
芦毛 2000.2.16
種付け時活性値:0.25
▲Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Daltawa
芦毛 1989.4.23
▲Miswaki 1978.2.22
Damana 1981.4.2
シンコウエルメス
鹿毛 1993.4.1
仔受胎時活性値:2.00
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Doff the Derby
鹿毛 1981.5.13
仔受胎時活性値:0.75
★Master Derby
栗毛 1972.4.24
種付け時活性値:0.00
Margarethen
黒鹿毛 1962.4.3
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5、Northern Dancer5×4>

タワーオブロンドン(2015.2.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Raven’s Pass
(Mr. Prospector系)
Dalakhani
(Mill Reef系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
★Master Derby
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sadler’s Wells
(シンコウエルメス)
4.25 従兄ディーマジェスティ
(No. 4-n)
初仔

*

2019年の第53回スプリンターズS(GI。中山芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8タワーオブロンドン 牡4 57 C.ルメール 1:07.1   11-8 33.5 514
[-2]
藤沢 和雄 2
2 7モズスーパーフレア 牝4 55 松若 風馬 1:07.2 1/2 1-1 34.4 502
[-4]
音無 秀孝 3
3 2ダノンスマッシュ 牡4 57 川田 将雅 1:07.2 クビ 7-8 33.7 470
[-8]
安田 隆行 1
4 13ミスターメロディ 牡4 57 福永 祐一 1:07.4 1 4-2 34.1 502
[+6]
藤原 英昭 6
5 5レッツゴードンキ 牝7 55 岩田 康誠 1:07.5 1/2 14-14 33.4 490
[-12]
梅田 智之 9

2019年の第53回スプリンターズS。中山芝1200mを高速で逃げさせれば現役随一のモズスーパーフレア(2015.4.1)がガツンと行った結果、入りの3ハロンが32秒7という近10年では2012年の第46回と並ぶ最速ラップ。モズスーパーフレアの脚色は最後まで軽快で「逃げ粘れるか」と思ったところに差して来たのがタワーオブロンドン。決勝点ではキッチリ半馬身だけ交わし切り、重賞5勝目を遂げると共に悲願のGI初制覇を果たしました。サスガに今年2019年は春に京王杯スプリングC(GII)で東京芝1400mを1分19秒4、秋にセントウルS(GII)で阪神芝1200mを1分6秒7というレコード駆けを見せていたタワーオブロンドン、その速さと強さを大一番でもしっかりと発揮してくれました。

鞍上のクリストフ・ルメール騎手はスプリンターズS初勝利、管理される藤沢和雄調教師は1997年の第31回のタイキシャトル(1994.3.23)以来22年ぶりの2勝目。実質オーナーブリードのゴドルフィンは、昨年2018年の第52回のファインニードル(2013.4.26)に続く連覇となりました。「それぞれにおめでとうございました」というところですが、中でも藤沢師にとっては「シンコウエルメスの孫」でGI制覇を果たせたところに、感慨も一入だったのではないでしょうか。

生まれてこなかったはずの馬が、1人の男の熱意で生を受け、ビッグレースを制するまでの感動秘話(平松さとし) - Yahoo!ニュース
引退、種牡馬入りが発表されたG1ホース。しかし、本来、彼は生まれてこなくてもおかしくないはずの馬だった。ある1人の男の熱意がサラブレッドの運命を変えた。そんな男と馬との物語をお届けしよう。
生まれて来なかったはずの馬がレコード勝ち。そのウィナーズサークルに藤沢調教師が現れなかった理由とは(平松さとし) - Yahoo!ニュース
京王杯をレコード勝ちしたタワーオブロンドンは”生まれて来ないはずの馬”だった。そのウィナーズサークルに伯楽・藤沢和雄調教師が現れなかった理由とは……

では、以下にタワーオブロンドンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

シンコウエルメス 1993.4.1 0勝
|エルメスティアラ 1998.2.18 不出走
||セイクレットレーヴ 2009 6勝 ニュージーランドT(GII)2着ほか
||ディーマジェスティ 2013.3.24 4勝 皐月賞(GI) セントライト記念(GII) 共同通信杯(GIII)ほか
|エルノヴァ 1999.2.17 5勝 ステイヤーズS(GII)2着 クイーンS(GIII)2着 エリザベス女王杯(GI)3着ほか
|Glen Innes 2001.2.15 1勝 ミュージドラS(英GIII)2着
|Lake Toya 2002.3.30 4勝 フロール賞(仏GIII)3着ほか
||Sobetsu 2014.3.1 3勝 サンタラリ賞(仏GI) ノネット賞(仏GII)ほか
|スノーパイン 2010.3.13 2勝
||タワーオブロンドン 2015.2.9 (本馬) スプリンターズS(GI) セントウルS(GII) 京王杯スプリングC(GII) 京王杯2歳S(GII) アーリントンC(GIII)ほか
|Sixth Sense 2013.4.23 2勝 シェーヌ賞(仏GIII)3着

タワーオブロンドンの牝系は4号族n分枝系。従兄ディーマジェスティ、従姉Sobetsuに続いてタワーオブロンドン、シンコウエルメスの孫として3頭目のGI勝ち馬と相成りました。また、タワーオブロンドンの曾祖母Doff the Derbyの直仔にはジェネラス(1988.2.8)&オースミタイクーン(1991.3.23)&Imagine(1998.2.20)きょうだいがいます。むぅ、世界的名牝系ですね。

今の充実ぶりならばGI勝利のさらなる上乗せをしてくれそうなタワーオブロンドン。鹿毛の大作、その末脚の切れ味。次走以降も楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。