Auguste Rodin(2020.1.26)-第48回愛チャンピオンS(GI)の勝ち馬-

Result

Auguste Rodin(オーギュストロダン) 牡 青鹿毛 2020.1.26生 愛国・Coolmore生産 馬主・M Tabor & D Smith & Mrs J Magnier & Westerberg 愛国・A P O’Brien厩舎

Auguste Rodin(2020.1.26)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
▲Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
ロードデンドロン
鹿毛 2014.2.11
仔受胎時活性値:1.25【5】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75【15】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Halfway To Heaven
黒鹿毛 2005.4.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
Pivotal
栗毛 1993.1.19
種付け時活性値:0.75【11】
Polar Falcon 1987.6.1
Fearless Revival 1987.3.3
Cassandra Go
芦毛 1996.4.3
仔受胎時活性値:2.00【8】
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.50【10】
Rahaam
芦毛 1987.3.4
仔受胎時活性値:2.00【8】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4>

Auguste Rodin(2020.1.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
Indian Ridge
(Clarion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo
(Gold Digger)
7.25
(【5】+【8】+【8】+【8】)
母と祖母がGI3勝で叔母がGI7勝
(No. 3-d)
初仔

*

2023年の第48回愛チャンピオンS(GI。レパーズタウン芝10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Auguste Rodin 牡3 58.5 Ryan Moore 2:02.68 A P O’Brien 1
2 2 Luxembourg 牡4 61.2 Seamie Heffernan 1/2 A P O’Brien 3
3 5 Nashwa 牝4 59.9 Hollie Doyle 短アタマ John & Thady Gosden 4
4 8 King of Steel 牡3 58.5 Kevin Stott 1/2 Roger Varian 2
5 1 Alflaila 牡4 61.2 Jim Crowley 2 1/4 Owen Burrows 5
オーギュストロダンがG1愛チャンピオンSを快勝、キングジョージの悪夢を払しょく | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1アイリッシュチャンピオンステークス(3歳以上、芝10ハロン)が現地9日にレパーズタウン競馬場で行われ、ディープインパクト産駒の英・愛ダービー馬オーギュストロダンが3番手追走からゴール前で1/2馬

2023年の第48回愛チャンピオンS。欧州中距離路線の9月の攻防は、SMILE区分におけるインターミディエイトとロングの強者がぶつかることも多いレパーズタウン芝10ハロン。8頭立てで行われた2023年の一戦を制したのは、日本風のオッズでは単勝3.75倍の1番人気に推されたAuguste Rodin。ライアン・ムーア騎手に御された青鹿毛の流星、内枠2番ゲートから発進すると、道中終始3番手追走。レパーズタウン芝の直線2ハロンで逃げたディフェンディングチャンピオンLuxembourg(2019.3.24)を捉えに掛かり、ラストはNashwa(2019.5.9)、King of Steel(2020.2.6)等も詰め寄りましたが、エイダン・パトリック・オブライエン厩舎のステーブルメイトを半馬身抑えたところがゴール地点。Auguste Rodin、近10年の愛チャンピオンSでは最速となる2分2秒68の勝ち時計で「復活」の勝利を果たしてくれました。

Auguste Rodinは2歳時のジュヴェナイルS(愛GII)フューチュリティT(英GI)、3歳になってからの英ダービー(GI)愛ダービー(GI)に続いて英愛グループレース5勝目でGI4勝目。そんなAuguste Rodinの今年2023年の戦績を見てみれば英2000ギニー(GI)12着、英ダービー1着、愛ダービー1着、“キング・ジョージ”(英GI)10着、愛チャンピオンS1着。大敗後も巻き返せるAuguste Rodinですが、今年敗れた2戦の馬場状態を確認すると、英2000ギニーは「Soft」、”キング・ジョージ”は「Good to Soft」と日本で言うところの「重」「稍重」であり、悪化した馬場でやる気が出なかったというところでしょうか。まま2歳時のジュヴェナイルSを「Soft」、フューチュリティTを「Heavy」で制していますから、悪い馬場が不得手という訳では無いでしょうけれど、3歳以降は「良馬場でこそ本領発揮」という感もあります。また↑で引いたJRA-VAN Worldの記事でも触れられている「空輸」が、繊細なAuguste Rodinに影響を及ぼしたのでしょうか。

オーギュストロダン(Auguste Rodin) | 競馬データベース | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
オーギュストロダン(Auguste Rodin)の紹介。海外の競走馬のデータベース。JRA-VAN Ver.Worldは日本から海外までの競走馬データを網羅しています。

「良馬場でこそ本領発揮」と書きますと、馬場状態が悪くなりがちなアークウィークエンドの凱旋門賞(仏GI)やブリティッシュチャンピオンズデーの英チャンピオンS(GI)ではなく、カラッカラの良馬場が見込めそうなサンタアニタパーク競馬場で行われるブリーダーズカップ・ターフ(米GI)が次に向かう先でしょうか。ディープインパクトの仔だけに「ジャパンカップ、どうでしょうか」とバリードイル陣営にお願いしたくなるところです。でも、恐らくはブリーダーズカップ・ターフで幕引きでしょうね……。

“We always talk to Michael, Derrick (Smith), John (Magnier) and George (Westerberg) after a week or 10 days, but I know the lads love the Breeders’ Cup and there is probably a good chance he’ll go there. That is very possible.

“I’d say it would be for the Turf, I’d be afraid of the dirt (Classic) just in case anything happened.”

Auguste Rodin bounces back in spectacular style | At The Races

ともあれ、Auguste Rodin。祖父サンデーサイレンスの母国での快走も期待したいもの。青鹿毛の優駿の「有終の美」も楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#もしAuguste Rodinの次走がブリーダーズカップ・ターフとなり、勝利を収めてくれるのならば、厩舎の大先輩であるHigh Chaparral(1999.3.1)と勝ったGIレースが同じになるんですよね。Sadler’s Wells産駒の中で私が最も好きな馬であるHigh Chaparralは2歳時にレーシングポストT(現フューチュリティT)を勝ち、3歳時に英ダービー、愛ダービー、ブリーダーズカップ・ターフを勝ち、4歳時に愛チャンピオンSを勝った後、ブリーダーズカップ・ターフをJohar(1999.2.28)と同着で連覇を果たしました。なお、High Chaparralの2回目のブリーダーズカップ・ターフ勝ちはサンタアニタパーク競馬場での開催でした。

##愛チャンピオンSの歴史を確認すると、レース最速の勝ち時計2分0秒9で制したのは1984年の勝ち馬Sadler’s Wells。ただSadler’s Wellsが勝利した当時はフェニックスパーク競馬場での開催でした。現行のレパーズタウン競馬場での開催の最速の勝ち時計2分0秒92を叩き出したのは2012年の勝ち馬Snow Fairy(2007.2.12)です。

High Chaparral(1999.3.1)-折々の勝負を辿る(No.3)-
High Chaparral(ハイシャパラル) 牡 鹿毛 1999.3.1生~2014.12.21没 愛国・S. Coughlan生産 馬主・Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎
Sadler's Wells(1981.4.11)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.11)-
Sadler's Wells(サドラーズウェルズ) 牡 鹿毛 1981.4.11生~2011.4.26没 米国・Swettenham Stud and Partners生産 馬主・Robert Sangster 愛国・Vincent O’Brien厩舎
Snow Fairy(2007.2.12)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.16)-
Snow Fairy(スノーフェアリー) 牝 鹿毛 2007.2.12生 愛国・Windflower Overseas Holdings Inc生産 馬主・Anamoine Limited 英国・Ed Dunlop厩舎