ラヴズオンリーユー(2016.3.26)-第47回クイーンエリザベス2世カップ(香GI)の勝ち馬-

Result

ラヴズオンリーユー(唯獨愛你/Loves Only You) 牝 鹿毛 2016.3.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・DMMドリームクラブ(株) 栗東・矢作芳人厩舎

ラヴズオンリーユー(2016.3.26)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.25【13】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ラヴズオンリーミー
鹿毛 2006.2.19
仔受胎時活性値:0.25【9】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Monevassia
鹿毛 1994.5.24
仔受胎時活性値:0.75【11】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.75【23】
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
仔受胎時活性値:0.25【9】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50【6】
Pasadoble
鹿毛 1979.4.1
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ラヴズオンリーユー(2016.3.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mr. Prospector
(Monevassia)
2.25 全兄リアルスティール
(No. 20)
7番仔
(7連産目)

*

2021年の第47回クイーンエリザベス2世カップ(香GI。シャティン芝2000m)の結果(上位5頭。着差は1着馬との差を示す)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7ラヴズオンリーユー 牝5 55.3 C Y Ho 2:01.22 矢作 芳人 4
2 1グローリーヴェイズ 牡6 57.2 Karis Teetan 3/4 尾関 知人 2
3 6デアリングタクト 牝4 55.3 松山 弘平 1 1/4 杉山 晴紀 1
4 4キセキ 牡7 57.2 Chad Schofield 2 3/4 辻野 泰之 5
5 2Exultant せん7 57.2 Zac Purton 3 A S Cruz 2
ラヴズオンリーユーが海外G1初V!香港クイーンエリザベス2世Cは日本馬が上位独占 | JRA-VAN Ver.World
 香港のシャティン競馬場で現地25日に行われたG1クイーンエリザベス2世カップ(芝2000m)は、日本から参戦した4頭が上位4着までを独占。3番人気ラヴズオンリーユーが4番手から鮮やかに抜け出して快勝

2021年の第47回クイーンエリザベス2世カップ。日本馬、強し。7頭立てをワン・ツー・スリー・フォーフィニッシュ。その中で勝利を収めたのは「唯獨愛你」ラヴズオンリーユー。レースレコードで制した2019年の第80回優駿牝馬(GI)以来となるGI制覇を香港の地で遂げました。

第80回優駿牝馬(GI)の勝ち馬-ラヴズオンリーユー(2016.3.26)-
ラヴズオンリーユー 牝 鹿毛 2016.3.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・DMMドリームクラブ(株) 栗東・矢作芳人厩舎

鞍上のヴィンセント・ホー騎手、管理される矢作芳人調教師共にクイーンエリザベス2世カップ初勝利となりました。ホー騎手はクイーンエリザベス2世カップの1つ前に行われたチャンピオンズマイル(香GI)を「金鎗六十」Golden Sixty(2015.10.14)で制されていて、勢い良くGI連勝となりました。

Golden Sixty(2015.10.14)-第21回チャンピオンズマイル(香GI)の勝ち馬-
Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

ともあれ、やはり誉められるのはラヴズオンリーユー。前走ドバイシーマクラシック(GI)3着からの海外転戦は、日本に帰国せず直接香港への移動であり、日本馬が海外競馬に臨む過程も多様化しています。名伯楽・矢作師の果断に応えたラヴズオンリーユー、齢重ねて強さ重ねたクラシックホースの次走は日本の春のグランプリでしょうか。左三白眼がキラリと光る駿馬の次走にも期待しましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。日本調教馬におけるきょうだい海外GI制覇は2組目。1組目はリアルインパクト(2008.5.14)ネオリアリズム(2011.3.22)。そして2組目がリアルスティール(2012.3.1)とラヴズオンリーユー。2組共に下(弟/妹)がクイーンエリザベス2世カップを制してのきょうだい海外GI制覇と相成りました。リアルスティールとラヴズオンリーユーは、父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミーの全兄妹。日本調教の全きょうだいによる海外GI制覇は初めての事。敬うべきは父ディープインパクト、尊ぶべきは母ラヴズオンリーミー、褒めるべきは賢兄賢妹。そしてサスガと唸るべきはリアルスティールとラヴズオンリーユー、2頭の調教師である矢作師。素晴らしい。