第46回フィリーズマイル(英GI)の勝ち馬-Quadrilateral(2017.4.11)-

Result

Quadrilateral(クアドリラテラル) 牝 栗毛 2017.4.11生 英国・Juddmonte Farms Ltd生産 馬主・K Abdullah 英国・Roger Charlton厩舎

Quadrilateral(2017.4.11)の4代血統表

Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:0.00
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
Nimble Thimble
栗毛 2009.4.3
仔受胎時活性値:1.75
Mizzen Mast
芦毛 1998.4.10
種付け時活性値:0.50
▲Cozzene
芦毛 1980.5.8
Caro 1967.4.11
Ride the Trails 1971.5.28
Kinema
鹿毛 1983.4.10
Graustark 1963.4.7
Mrs. Peterkin 1965.5.21
Skiable
栗毛 1990.2.22
仔受胎時活性値:0.50
Niniski
鹿毛 1976.2.15
種付け時活性値:1.25
Nijinsky 1967.2.21
Virginia Hills 1971.3.15
Kerali
栗毛 1984.3.4
仔受胎時活性値:1.25
High Line
栗毛 1966
種付け時活性値:0.25
Sookera
黒鹿毛 1975.5.15
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

Quadrilateral(2017.4.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Sadler’s Wells系)
Mizzen Mast
(フオルテイノ系)
Niniski
(Nijinsky系)
High Line
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Niniski
(Ridin’ Easy)
5.50 曾祖母からの分枝に活躍馬多数
(No. 11)
4番仔?
(4連産目?)

*

2019年の第46回フィリーズマイル(英GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Quadrilateral 牝2 57.2 Jason Watson 1:37.75 Roger Charlton 1
2 6 Powerful Breeze 牝2 57.2 James Doyle アタマ Hugo Palmer 4
3 5 Love 牝2 57.2 Ryan Moore 1 1/2 A P O’Brien 3
4 4 Cayenne Pepper 牝2 57.2 Shane Foley 1 1/4 Mrs John Harrington 2
5 3 Boomer 牝2 57.2 Richard Kingscote クビ Tom Dascombe 5

2019年の第46回フィリーズマイル。近年の勝ち馬を見てもIridessa(2016.1.14)、Laurens(2015.4.12)、Rhododendron(2014.2.11)、そしてマインディング(2013.2.10)と3歳時以降もGI勝ちを重ねた名牝たちがいます。そんな出世レースを制したのはQuadrilateral。ニューベリー芝7ハロンのメイドン、同じくニューベリー芝7ハロンのステークス勝ちと2連勝を収めたQuadrilateral、その2戦目で見せた9馬身差勝ちのインパクトは大きく、ここも単勝1番人気に応えて見せました。Quadrilateral、3戦3勝の無敗を以て、2019年のカルティエ賞最優秀2歳牝馬に選出されました。Quadrilateral、その馬名意味は日本語の名詞で言えば「四辺形」です。

では、以下にQuadrilateralのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Skiable 1990.2.22 4勝
|Back Pass 1998.2.8 1勝
||Sharkbite 2003.8.16 5勝 コーフィールドギニープレリュード(豪GIII)3着 ロリーズジェスターS(豪GIII)3着
||Scissor Kick 2011.9.17 4勝 エスキモープリンスS(豪GIII) アップアンドカミングS(豪GIII)ほか
|Three Valleys 2001.2.19 5勝 デルマーBCH(米GII) コヴェントリーS(英GIII) オーシャンポートS(米GIII)ほか
|Nimble Thimble 2009.4.3 1勝
||Quadrilateral 2017.4.11 (本馬) フィリーズマイル(英GI)

Quadrilateralの牝系は11号族。祖母Skiableからの分枝ではQuadrilateralが初めてのGI勝ち馬となりました。Quadrilateralの牝系を見れば、曾祖母にKeraliの名前が見えます。ということは、祖母Skiableは、ジャドモントファームのスーパーブルードメアHasili(1991.3.12)の半姉ですね。Hasiliの繁殖成績は「言うに及ばず」という感もありますが、Hasiliの直仔の成績を改めて振り返っておきますと、、、

  1. Dansili(1996.1.27)
    →ミュゲ賞(仏GII)、エドモンブラン賞(仏GIII)、メシドール賞(仏GIII)ほか。2006年の仏国首位種牡馬であり、ハービンジャー(2006.3.12)の父
  2. Banks Hill(1998.2.24)
    →コロネーションS(英GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI)ほか
  3. Heat Haze(1999.3.12)
    →ビヴァリーD.S(米GI)、メイトリアークS(米GI)ほか
  4. Intercontinental(2000.3.19)
    →ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI)、メイトリアークS(米GI)ほか
  5. Cacique(2001.5.2)
    →マンノウォーS(米GI)、マンハッタンH(米GI)ほか
  6. Champs Elysees(2003.3.21)
    →カナディアンインターナショナルS(GI)、ノーザンダンサーターフS(加GI)ほか
  7. Deluxe(2007.2.12)
    →カーディナルH(米GIII)ほか

じ、実にGI勝ち馬5頭、GII勝ち馬1頭、GIII勝ち馬1頭。GIを勝っていないDansiliは仏2000ギニー(GI)2着、Deluxeもサンタラリ賞(仏GI)2着と、日本で言うところのGI連対があります。恐るべしはスーパーブルードメアHasili。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。