Master of The Seas(2018.3.4)-第40回ブリーダーズカップ・マイル(米GI)の勝ち馬-

Result

Master of The Seas(マスターオブザシーズ) せん 鹿毛 2018.3.4生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

Master of The Seas(2018.3.4)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.75【15】
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975.3.1
Slightly Dangerous 1979.4.8
Jawaher
鹿毛 1989.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Firth of Lorne
鹿毛 1999.2.23
仔受胎時活性値:0.50【18】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.00【12】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Kerrera
鹿毛 1986.2.23
仔受胎時活性値:1.00【12】
Diesis
栗毛 1980.4.23
種付け時活性値:1.25【5】
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Rimosa’s Pet
黒鹿毛 1976.5.20
仔受胎時活性値:0.25【9】
Petingo
鹿毛 1965
種付け時活性値:0.50【10】
Rimosa
鹿毛 1960
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Buckpasser5×5、Natalma(♀)5×5>

Master of The Seas(2018.3.4)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Dubawi
(Mr. Prospector系)
デインヒル
(Danzig系)
Diesis
(エタン系)
Petingo
(Fair Trial系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Dubawi
(Zomaradah)
3.50
(【18】+【12】+【9】+【15】)
祖母と曾祖母がGIII勝ち馬
(No. 3-n)
10番仔?

*

2023年の第40回ブリーダーズカップ・マイル(米GI。サンタアニタパーク芝8F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
114Master of The Seasせん557.2William Buick1:32.45Charlie Appleby1
26Mawj牝354.4Oisin MurphyハナSaeed bin Suroor3
33Casa Creed牡757.2Luis Saez1/2William Mott4
42Gina Romantica牝455.8Tyler Gaffalione1/2Chad C Brown5
510ソングライン牝555.8戸崎 圭太クビ林 徹1
【BCマイル】マスターオブザシーズが豪快に追い込み、ソングラインは末脚不発で5着 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
米G1ブリーダーズカップマイル(3歳以上、芝8ハロン)が現地4日にサンタアニタパーク競馬場で行われ、3番人気のマスターオブザシーズが後方追走から豪快に追い込み、好位から押し切り寸前の2番人気モージを

Master of The Seas。サンタアニタパーク芝の直線のゴールポスト前。外の青の帽子にロイヤルブルーの勝負服、内の白の帽子にロイヤルブルーの勝負服の叩き合い。外の鹿毛の5歳せん馬、内の鹿毛の3歳牝馬。ウィリアム・ビュイック騎手とオイシン・マーフィー騎手という日本でもおなじみの鞍上どうし、ウッドバインマイル(加GI)勝ち馬Master of The Seasと英1000ギニー(GI)馬Mawj(2020.4.24)の勝負は、最後の最後、外のMaster of The Seasが「ハナ」だけ差し切っていました。戦前、Master of The Seasは

BCマイルで大外14番のマスターオブザシーズに英競馬メディアは「悪夢の枠順」 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
ブリーダーズカップマイルの枠順抽選で大外の14番に決まったマスターオブザシーズの評価が地元の英国で下落。競馬メディア『racingpost.com』が「悪夢の枠順」と題して前売りオッズの変化をレポー

と言われていましたが、本当に強い馬には大外14番枠も何も関係ありませんでした。

本邦期待のソングライン(2018.3.4)とウインカーネリアン(2017.4.16)。前者は5着、後者は11着。

ソングライン(2018.3.4)-第73回安田記念(GI)の勝ち馬-
ソングライン 牝 青鹿毛 2018.3.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・林 徹厩舎

ソングラインは日本の競馬で見せるような末脚を見せられず。「ハナ」「2分の1馬身」「2分の1馬身」「ハナ」というごく僅差の勝負でしたので、あと一歩が惜しかった。今回は同じ2018年3月4日にこの世に生を受けたMaster of The Seasに後塵を拝するという結果でした。ウインカーネリアンは日本の競馬で見せるような逃げ。相手は強かったですけれど、ウインカーネリアンらしい競馬を見られました。両馬共にお疲れ様でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

https://www.equibase.com/premium/chartEmb.cfm?track=SA&raceDate=11/04/23&cy=USA&rn=6