Idiomatic(2019.1.27)-第40回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬-

Result

Idiomatic(イディオマティック) 牝 鹿毛 2019.1.27生 米国・Juddmonte Farms Inc生産 馬主・Juddmonte 米国・Brad H. Cox厩舎

Idiomatic(2019.1.27)の4代血統表
Curlin
栗毛 2004.3.25
種付け時活性値:1.50【14】
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.28
Gold Digger 1962.5.28
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Barbarika
鹿毛 1985.3.9
Bates Motel 1979.5.17
War Exchange 1972.3.24
Lockdown
鹿毛 2014.2.8
仔受胎時活性値:1.00【4】
First Defence
鹿毛 2004.2.8
種付け時活性値:0.25【9】
▲Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled 1987.3.5
Trolley Song 1983.4.13
Honest Lady
黒鹿毛 1996.4.25
Seattle Slew 1974.2.15
Toussaud 1989.5.6
Rising Tornado
鹿毛 2005.3.14
仔受胎時活性値:2.00【8】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.25【21】
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Silver Star
鹿毛 1996.3.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
Zafonic
鹿毛 1990.4.1
種付け時活性値:1.25【5】
Monroe
鹿毛 1977.5.21
仔受胎時活性値:0.50【18】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Sir Ivor5×5>

Idiomatic(2019.1.27)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Curlin
(Mr. Prospector系)
First Defence
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Zafonic
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Curlin5.50
(【4】+【8】+【8】+【18】)
母が米GII2着2回
(No. 8-f)
初仔

*

2023年の第40回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI。サンタアニタパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
14Idiomatic牝456.2Florent Geroux1:50.57Brad H Cox1
28Randomized牝354.9Jose L Ortiz1/2Chad C Brown4
311Le Da Vida牝656.2Vincent Cheminaud短アタマIgnacio Correas IV7
49Clairiere牝556.2Joel RosarioクビSteven Asmussen2
510Desert Dawn牝456.2Hector I Berrios1/2Philip D’Amato9
​【BCディスタフ】イディオマティック、破竹の5連勝で戴冠 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地4日、米サンタアニタパーク競馬場でG1ブリーダーズカップディスタフ(3歳以上牝馬、ダート9ハロン)が行われ、F.ジェルー騎乗のイディオマティックが1番人気に応えた。  イディオマティックは逃げ

Idiomatic。桃色の帽子に「緑、桃色襷、白袖」の勝負服も鮮やかに、鹿毛の黒メンコ。ジャドモントの勝負服が初めてブリーダーズカップ・ディスタフを制したという結果でした。

出走していれば強敵であったであろうケンタッキーオークス(米GI)馬Pretty Mischievous(2020.3.30)がスクラッチ。こうなると連勝中の勢いのある馬に人気は集まるもの。6月のチャーチルダウンズ・ダート8.5ハロンのショーニーS(米GIII)、7月のデラウェアパーク・ダート9.5ハロンのデラウェアH(米GII)、8月のサラトガ・ダート9ハロンのパーソナルエンスンS(米GI)、10月のキーンランド・ダート9ハロンのスピンスターS(米GI)と4連勝中だったIdiomatic。終始番手先行、馬群外側から受けて立ち、直線も最後の最後まで我慢を見せて、5連勝目をブリーダーズカップ・ディスタフで決めてみせました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

https://www.equibase.com/premium/chartEmb.cfm?track=SA&raceDate=11/04/23&cy=USA&rn=7