Colonel Liam(2017.4.17)-第4回ペガサスワールドカップターフ招待S(米GI)の勝ち馬-

Result

Colonel Liam(カーネルリアム) 牡 芦毛 2017.4.17生 米国・Phillips Racing Partnership生産 馬主・Low, Lawana L. and Robert E. 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Colonel Liam(2017.4.17)の4代血統表
Liam’s Map
芦毛 2011.3.14
種付け時活性値:1.25【5】
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro 1967.4.11
Lucky Spell 1971.1.28
Miss Macy Sue
黒鹿毛 2003.5.1
Trippi
鹿毛 1997.3.16
エンドスウィープ 1991.5.31
Jealous Appeal 1983.5.23
Yada Yada
鹿毛 1996.3.21
Great Above 1972.1.19
Stem 1982.1.21
Amazement
鹿毛 2011.3.1
仔受胎時活性値:1.25【5】
Bernardini
鹿毛 2003.3.23
種付け時活性値:1.75【7】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Cara Rafaela
芦毛 1993.3.30
Quiet American 1986.4.29
Oil Fable 1986.4.4
Wonder Again
鹿毛 1999.2.2
仔受胎時活性値:0.75【11】
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
種付け時活性値:0.75【19】
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
仔受胎時活性値:0.25【9】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:0.75【11】
Graceful Touch
鹿毛 1978.4.13
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Fappiano4×5>

Colonel Liam(2017.4.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Liam’s Map
(Mr. Prospector系)
Bernardini
(A.P. Indy系)
Silver Hawk
(Roberto系)
Danzig
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Bernardini 2.75 大伯父グラスワンダー
(No. 12-c)
3番仔?
(3連産目?)

*

2022年の第4回ペガサスワールドカップターフ招待S(米GI。ガルフストリームパーク芝9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6Colonel Liam 牡5 55.8 Irad Ortiz Jr 1:47.48 Todd Pletcher 1
2 12 Never Surprised 牡4 55.8 Luis Saez 1 Todd Pletcher 2
3 1 Space Traveller 牡6 55.8 Jamie Spencer 1/2 Brendan P Walsh 6
4 2 Atone せん5 55.8 Javier Castellano クビ Michael J Maker 5
5 11 Cross Border 牡8 55.8 Reylu Gutierrez ハナ Michael J Maker 12
カーネルリアムが米G1ペガサスWCターフを連覇、プレッチャー師は2年連続ワンツー | JRA-VAN Ver.World
 現地29日、米ガルフストリームパーク競馬場で行われたG1ペガサスワールドカップターフ(4歳以上、芝9ハロン)は、1番人気のカーネルリアムが好位キープから直線半ばで抜け出し、2着に1馬身差をつける横綱

2022年の第4回ペガサスワールドカップターフ招待S。Colonel Liam、連覇成る。そしてまたトッド・プレッチャー厩舎による2年連続のワンツーフィニッシュ成る。

Colonel Liam(2017.4.17)-第3回ペガサスワールドカップターフ招待S(米GI)の勝ち馬-
Colonel Liam(カーネルリアム) 牡 芦毛 2017.4.17生 米国・Phillips Racing Partnership生産 馬主・Low, Lawana L. and Robert E. 米国・Todd A. Pletcher厩舎

Colonel Liam、12頭立てのガルフストリームパーク芝9ハロンを道中4番手で推し進め、直線では逃げ粘るステーブルメイトのNever Surprised(2018.1.26)を交わして抜け出したところがゴール。昨年クビ差を今年は1馬身差と伸ばしたColonel Liamとイラッド・オルティス・ジュニア騎手、見事な連覇達成でした。

では、以下にColonel Liamの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Ameriflora 1989.1.29 不出走
|グラスワンダー 1995.2.18 9勝 有馬記念(GI)2回 宝塚記念(GI) 朝日杯3歳S(GI)ほか
|Wonder Again 1999.2.2 7勝 ダイアナH(米GI) ガーデンシティBCH(米GI)ほか
||レッドレイヴン 2010.3.4 6勝 巴賞(OP) ディセンバーS(OP) 福島民報杯(OP)ほか
||Amazement 2011.3.1 不出走
|||Colonel Liam 2017.4.17 (本馬) ペガサスワールドカップターフ招待S(米GI)2回 ターフクラシックS(米GI)ほか
|Maiden America 2010.5.4 不出走
||Ten City 2015.2.24 2勝 バシュフォードマナーS(米GIII)ほか
||Hopeful Growth 2017.2.25 3勝 モンマスオークス(米GIII)ほか

Colonel Liamのボトムラインは米国の名門ダービーダンファームで継承されている12号族c分枝系。Colonel Liamの大伯父グラスワンダー、祖母Wonder Againは共に父にSilver Hawkを持つ全兄妹です。ダービーダンファームの「Our History」でしっかり「Grass Wonder」と記してくれているのは、日本のファンとしては嬉しいことです。私などが言わずもがなですが、やはりダービーダンファームの生産馬であるブライアンズタイム(1985.5.28)は日本の名種牡馬として幾多の名馬を送り出しました。まま、現在に伝わるRoberto系の開祖であるRobertoからして、ダービーダンファームのオーナーであったジョン・W・ガルブレイス氏のオーナーブリード馬であった訳ですが^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

年度代表馬の同期生を辿る(其の拾玖)-グラスワンダー(1995.2.18)-
グラスワンダー 牡 栗毛 1995.2.18生 米国・Phillips Racing Partnership & John Phillips生産 馬主・半沢(有) 美浦・尾形充弘厩舎