Flightline(2018.3.14)-第39回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の勝ち馬-

Result

Flightline(フライトライン) 牡 鹿毛 2018.3.14生 米国・Summer Wind Equine生産 馬主・Hronis Racing LLC, Siena Farm LLC, Summer Wind Equine LLC, West Point Thoroughbreds and Woodford Racing, LLC 米国・John W. Sadler厩舎

Flightline(2018.3.14)の4代血統表

Tapit
芦毛 2001.2.27
種付け時活性値:0.00【16】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.15
★Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Ruby Slippers
芦毛 1982.3.18
Nijinsky 1967.2.21
Moon Glitter 1972.3.30
Feathered
鹿毛 2012.5.17
仔受胎時活性値:1.25【5】

Indian Charlie
鹿毛 1995.3.27
種付け時活性値:0.00【16】
In Excess
黒鹿毛 1987.4.8
Siberian Express 1981.1.25
Kantado 1976.3.23
Soviet Sojourn
鹿毛 1989.4.4
Leo Castelli 1984.3.13
Political Parfait 1984.2.19
Receipt
黒鹿毛 2005.2.1
仔受胎時活性値:1.50【6】
Dynaformer
黒鹿毛 1985.4.1
種付け時活性値:0.75【19】
Roberto 1969.3.16
Andover Way 1978.4.11
Finder’s Fee
黒鹿毛 1997.5.8
仔受胎時活性値:1.75【7】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.25【13】
Fantastic Find
黒鹿毛 1986.5.22
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5×5>

Flightline(2018.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Tapit
(A.P. Indy系)
★Indian Charlie
(フオルテイノ系)
Dynaformer
(Roberto系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat
(Terlingua)
5.00 母が米GIII勝ち馬
(No. 20-b)
2番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第39回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。キーンランド・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4Flightline 牡4 57.2 Flavien Prat 2:00.05 John W Sadler 1
2 7 Olympiad 牡4 57.2 Junior Alvarado 8 1/4 William Mott 7
3 1 Taiba 牡3 55.3 Mike E Smith 1/2 Bob Baffert 3
4 8Rich Strike 牡3 55.3 Sonny Leon 2 1/2 Eric R Reed 6
5 2Life Is Good 牡4 57.2 Irad Ortiz Jr 1 1/4 Todd Pletcher 4
現役最強から史上最強へ、フライトラインがBCクラシックも異次元勝利 | JRA-VAN Ver.World
 ワールドベストレースホースランキング首位の現役最強馬フライトラインが現地5日に米キーンランド競馬場で行われたブリーダーズカップクラシック(3歳以上、ダート10ハロン)に単勝1.44倍の圧倒的人気を集

2022年の第39回ブリーダーズカップ・クラシック。日本時間の2022年11月06日(日)の朝6時42分から目の覚めるような快走を見てしまいました。前走パシフィッククラシックS(米GI)の19と4分の1馬身差勝ちで世界の度肝を抜いたFlightline。

Flightline(2018.3.14)-第32回パシフィッククラシックS(米GI)の勝ち馬-
Flightline(フライトライン) 牡 鹿毛 2018.3.14生 米国・Summer Wind Equine生産 馬主・Hronis Racing LLC, Siena Farm LLC, Summer Wind Equine LLC, West Point Thoroughbreds and Woodford Racing, LLC 米国・John W. Sadler厩舎

8頭立てのキーンランド・ダート10ハロンの戦いとなったブリーダーズカップ・クラシックでは、逃げたLife Is Good(2018.4.22)の番手追走。FlightlineとLife Is Good、共に強い逃げ馬どうしですが、Life Is Good陣営は「Flightlineを負かすならばこれしかない」という感じでテンを叩いて行ったのでしょう。2ハロン通過22秒95、4ハロン通過45秒47、6ハロン通過1分9秒62とLife Is Goodがビュンビュン飛ばして行ったものの、落ち着いて追走していたFlightline。そうして最後の直線に入る手前の8ハロン通過1分34秒58の時点でLife Is Goodに先んじたFlightline、後は本当にひとり舞台とばかりに独走。他馬をまったく相手にせず、キーンランドの直線400ヤードを悠々と駆け抜け、ゴール地点では2着のジョッキークラブゴールドC(米GI)の勝ち馬Olympiad(2018.2.5)に8と4分の1馬身差の大楽勝。Flightline、39回を誇るブリーダーズカップ・クラシック史上最大着差での圧勝劇を見せてくれました。

今回のブリーダーズカップ・クラシックの6ハロン通過のラップは、レースのYoutubeライブ中継時は1分7秒98でしたが、レース結果の引用元であるEquibaseチャートでは1分9秒62となっていました。いずれにせよLife Is Goodが作り出したラップが速い時計であることは変わりなく、同日に行われたブリーダーズカップ・スプリント(米GI)の勝ち時計は1分9秒11、ブリーダーズカップ・ダートマイル(米GI)の勝ち時計は1分35秒33。より短い距離でも勝ち負けの時計です。Life Is Goodもブリーダーズカップ・ダートマイル、ペガサスワールドカップ招待S(米GI)、ホイットニーS(米GI)、ウッドワードS(米GI)と米GI4勝のメチャ強い馬なのに、それをやすやすと追い掛けて、容易くねじ伏せてしまうFlightlineがおかしすぎます。恐れ入谷の鬼子母神ですm(_ _)m

さて、そんなおかしすぎるFlightlineについて、今一度、6戦6勝のすべての勝ち時計と着差について確認しておきますと、

  1. メイドン(サンタアニタパーク・ダート6ハロン)
    →勝ち時計1:08.75。13と4分の1馬身差
  2. オプショナルクレーミング(デルマー・ダート6ハロン)
    →勝ち時計1:08.05。12と4分の3馬身差
  3. マリブS(米GI。サンタアニタパーク・ダート7ハロン)
    →勝ち時計1:21.37。11と2分の1馬身差
  4. メトロポリタンH(米GI。ベルモントパーク・ダート8ハロン)
    →勝ち時計1:33.59。6馬身差
  5. パシフィッククラシックS(米GI。デルマー・ダート10ハロン)
    →勝ち時計1:59.28。19と4分の1馬身差
  6. ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。キーンランド・ダート10ハロン)
    →勝ち時計2:00.05。8と4分の1馬身差

6戦合計して2着との着差が71馬身差……。速いし、強いし、なんじゃこりゃ^^;

*

Flightline、6戦6勝を以てレーンズエンドファームで種牡馬入りするのか、

怪物フライトライン、引退後はレーンズエンドファームで種牡馬入り | JRA-VAN Ver.World
 米G1パシフィッククラシックで19馬身1/4差の歴史的圧勝を見せたフライトラインが、引退後はレーンズエンドファームで種牡馬入りすることが分かった。米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じ

はたまた来年2023年も現役を続けるのか。これだけの速さと強さを見せられるとオーナー陣営は難しい決断を迫られそうです。

ともあれ、後世に語り継がれるであろう2020年代の真の強者Flightline。その飛び翔ける姿を目の当たりにできたのは、競馬者として幸せなこと。Flightlineの未来に幸多かれと祈り願うばかりです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#人に関わるところが薄くなりましたが、Flightlineを管理されるジョン・サドラー調教師は2018年の第35回のAccelerate(2013.5.10)に続くブリーダーズカップ・クラシック2勝目。

第35回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の勝ち馬-Accelerate(2013.5.10)-
Accelerate(アクセラレート) 牡 栗毛 2013.5.10生 米国・Mike Abraham生産 馬主・Hronis Racing LLC 米国・John W. Sadler厩舎

また、Flightlineの鞍上フラビアン・プラ騎手はブリーダーズカップ競走は通算4勝目でクラシックは初勝利となりました。おめでとうございました(^^)

##2022年11月07日(月)追記。Flightline、6戦6勝、71馬身差を手土産に引退、レーンズエンドファームで種牡馬入りということ。Flightline、↑で示した4代血統表の通り、0の理論的には父Tapitが16歳時交配、母父Indian Charlieも16歳時交配と近い代でミニモの遺伝を与えており、種牡馬としても大いに楽しみです。稀代の駿馬の第二の馬生に、どうぞ幸多からんことを。

​無敗の怪物フライトラインが引退、米レーンズエンドファームで種牡馬入り | JRA-VAN Ver.World
 現地6日、前日の米G1ブリーダーズカップクラシックの圧勝で無傷の6連勝としたフライトラインの引退が発表され、米ケンタッキー州のレーンズエンドファームで種牡馬入りすることが分かった。米競馬メディア『b