Essential Quality(2018.4.9)-第37回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬+α-

Result

Essential Quality(エッセンシャルクオリティ) 牡 芦毛 2018.4.9生 米国・Godolphin生産 馬主・Godolphin, LLC 米国・Brad H. Cox厩舎

Essential Quality(2018.4.9)の4代血統表

Tapit
芦毛 2001.2.27
種付け時活性値:0.00【16】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Ruby Slippers
芦毛 1982.3.18
Nijinsky 1967.2.21
Moon Glitter 1972.3.30
Delightful Quality
黒鹿毛 2009.4.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
種付け時活性値:1.75【15】
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
Contrive
黒鹿毛 1998.1.24
仔受胎時活性値:0.50【10】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.50【14】
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Jeano
鹿毛 1988.3.12
仔受胎時活性値:0.25【9】
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
種付け時活性値:0.50【10】
バジー
鹿毛 1981.3.12
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5×4×5、Fappiano4×4、Secretariat5×5×5、Northern Dancer5×5×5、In Reality5×5>

Essential Quality(2018.4.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Tapit
(Seattle Slew系)
Elusive Quality
(Mr. Prospector系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
◆Fappiano
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Elusive Quality
(Turn-to)
4.25 or 2.25 コントレイルと同牝系
(No. 1-s)
4番仔
(4連産目)

*

2020年の第37回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。キーンランド・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Essential Quality 牡2 55.3 Luis Saez 1:42.09 Brad H Cox 2
2 12 Hot Rod Charlie 牡2 55.3 Tyler Gaffalione 3/4 Doug O’Neill 14
3 6 Keepmeinmind 牡2 55.3 Jose L Ortiz 1 1/4 Robertino Diodoro 7
4 7 Jackie’s Warrior 牡2 55.3 Joel Rosario 1 1/4 Steven Asmussen 1
5 13 Rombauer 牡2 55.3 Javier Castellano 3 Michael McCarthy 6

2020年の第37回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル。日本でContriveの曾孫が無敗の三冠馬を達成すれば、米国でContriveの孫が無敗の2歳王者に輝きました。「同一牝系馬の連動する活躍」は洋の東西を問わず、ですね。

コントレイル(2017.4.1)-第81回菊花賞(GI)の勝ち馬。史上初、父仔2代の無敗の三冠、成る-
コントレイル 牡 青鹿毛 2017.4.1生 新冠・(株)ノースヒルズ生産 馬主・前田晋二氏 栗東・矢作芳人厩舎 アリストテレス 牡 鹿毛 2017.4.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・近藤英子氏 栗東・音無秀孝厩舎

Essential Quality。9月5日のチャーチルダウンズ・ダート6Fのメイドンを4馬身差勝ち、10月3日のキーンランド・ダート8.5Fのブリーダーズフューチュリティ(米GI)を3と4分の1馬身差勝ち、そして11月6日のキーンランド・ダート8.5Fのブリーダーズカップ・ジュヴェナイルと3戦3勝。14頭立ての一戦、道中中団8番手あたりから進み、直線を外から迎えたところでは4番手。先に抜け出しに掛かっていた1番人気のJackie’s Warrior(2018.2.13)をドンジリ人気のHot Rod Charlie(2018.4.11)と共に捉えると、最後は競り合いを4分の3馬身差制しました。Essential Qualityとルイス・サエス騎手、芦毛の馬体とゴドルフィンの青い勝負服が夕焼けに映えて、見事な戴冠。キーンランド・ダート8.5Fの勝ち時計1分42秒09は、近10年では2014年の第31回を制したTexas Red(2012.3.15)の1分41秒91に次いで速いタイムでした。

Essential Qualityは↑の4代血統表の通り、0の理論的には父Tapitが16歳時交配のミニモの遺伝を受けています。クロスしている血も多く、近い代で0化された先祖が増える配合であり、競走馬としてだけではなく繁殖馬としても期待が掛かります。むぅ、気が早すぎますか^^;

*

今回のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルで1番人気に推されたJackie’s Warrior。戦前までメイドン、サラトガスペシャル(米GII)、ホープフルS(米GI)、シャンペンS(米GI)と4戦4勝でしたから、日本風に言えば単勝1.9倍の支持を集めたのも得心です。まま、何が言いたいのかと言いますと「安易に予定稿を書くものじゃない」ということですね(笑)。という訳で、せっかく下書きしておいたので、Jackie’s Warriorの4代血統表もご紹介しておきます。

Jackie’s Warrior(ジャッキーズウォリアー) 牡 鹿毛 2018.2.13生 米国・J & J Stables生産 馬主・Robison, J. Kirk and Judy 米国・Steven M. Asmussen厩舎

Jackie’s Warrior(2018.2.13)の4代血統表
Maclean’s Music
鹿毛 2008.2.9
種付け時活性値:0.25【9】
Distorted Humor
栗毛 1993.3.19
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Danzig’s Beauty
鹿毛 1987.3.7
Danzig 1977.2.12
Sweetest Chant 1978.5.11
Forest Music
芦毛 2001.4.17
Unbridled’s Song
芦毛 1993.2.18
Unbridled 1987.3.5
Trolley Song 1983.4.13
Defer West
黒鹿毛 1991.3.5
Gone West 1984.3.10
Defer 1983.3.17
Unicorn Girl
鹿毛 2005.3.15
仔受胎時活性値:1.00【12】
A. P. Five Hundred
鹿毛 1999.1.31
種付け時活性値:1.25【5】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Banner Dancer
鹿毛 1989.3.15
Danzig 1977.2.12
Nalees Flying Flag 1975.4.15
Horah for Bailey
鹿毛 2001.2.23
仔受胎時活性値:0.75【3】
Doneraile Court
黒鹿毛 1996.2.4
種付け時活性値:1.00【4】
Seattle Slew 1974.2.15
Sophisticated Girl 1980.3.16
Horah for the Lady
栗毛 1993.5.11
仔受胎時活性値:1.75【7】
Rahy
栗毛 1985.2.18
種付け時活性値:1.75【7】
Istria
黒鹿毛 1977.4.10
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5(父方)、Danzig4×4、Seattle Slew4×4>

Jackie’s Warrior(2018.2.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Maclean’s Music
(Mr. Prospector系)
A. P. Five Hundred
(Seattle Slew系)
Doneraile Court
(Seattle Slew系)
Rahy
(Blushing Groom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Rahy
(Ballade)
5.25 母が54戦19勝馬
(No. 4-n)
3番仔?
(2連産目?)

Jackie’s Warriorの4代血統構成に配された各代の父を確認すると、

と、いずれの代もマイナーな競走成績に終わった馬たちが配されています。父Maclean’s Musicは初年度産駒にプリークネスS(米GI)の勝ち馬Cloud Computing(2014.4.29)を送り出して、一躍人気種牡馬となりました。

第142回プリークネスS(米GI)の勝ち馬
Cloud Computing 牡 黒鹿毛 2014.4.29生 米国・Hill 'n' Dale Equine Holdings, Inc & Stretch Run Ventures, LLC生産 馬主・Klaravich ...

*

Essential Qualityは上述の通りコントレイル(2017.4.1)と近親です。西洋に現れた無敗の2歳王者、果たして東洋の無敗の三冠馬に続いて連勝を重ねることが出来ますでしょうか。0の理論的にも期待したいEssential Quality、3歳クラシックを勝つための「必須の品質」はその血統構成からも持ち合わせていると信じたいものです。そしてまた初黒星を喫したものの、Jackie’s Warriorの巻き返しも楽しみにしたいところです。未来多き若駒たちに、どうぞ幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。