Flightline(2018.3.14)-第32回パシフィッククラシックS(米GI)の勝ち馬-

Result

Flightline(フライトライン) 牡 鹿毛 2018.3.14生 米国・Summer Wind Equine生産 馬主・Hronis Racing LLC, Siena Farm LLC, Summer Wind Equine LLC, West Point Thoroughbreds and Woodford Racing, LLC 米国・John W. Sadler厩舎

Flightline(2018.3.14)の4代血統表

Tapit
芦毛 2001.2.27
種付け時活性値:0.00【16】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.15
★Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Ruby Slippers
芦毛 1982.3.18
Nijinsky 1967.2.21
Moon Glitter 1972.3.30
Feathered
鹿毛 2012.5.17
仔受胎時活性値:1.25【5】

Indian Charlie
鹿毛 1995.3.27
種付け時活性値:0.00【16】
In Excess
黒鹿毛 1987.4.8
Siberian Express 1981.1.25
Kantado 1976.3.23
Soviet Sojourn
鹿毛 1989.4.4
Leo Castelli 1984.3.13
Political Parfait 1984.2.19
Receipt
黒鹿毛 2005.2.1
仔受胎時活性値:1.50【6】
Dynaformer
黒鹿毛 1985.4.1
種付け時活性値:0.75【19】
Roberto 1969.3.16
Andover Way 1978.4.11
Finder’s Fee
黒鹿毛 1997.5.8
仔受胎時活性値:1.75【7】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.25【13】
Fantastic Find
黒鹿毛 1986.5.22
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5×5>

Flightline(2018.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Tapit
(A.P. Indy系)
★Indian Charlie
(フオルテイノ系)
Dynaformer
(Roberto系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat
(Terlingua)
5.00 母が米GIII勝ち馬
(No. 20-b)
2番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第32回パシフィッククラシックS(米GI。デルマー・ダート10F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Flightline 牡4 56.2 Flavien Prat 1:59.28 John W Sadler 1
2 2Country Grammer 牡5 56.2 John R Velazquez 19 1/4 Bob Baffert 2
3 3 Royal Ship せん6 56.2 Mike E Smith 7 Richard E Mandella 3
4 4 Express Train 牡5 56.2 Victor Espinoza 1/2 John Shirreffs 4
5 1 Extra Hope せん6 56.2 Tyler Baze 4 1/4 Richard E Mandella 6
6 6 Stilleto Boy せん4 56.2 Juan J Hernandez 5 1/2 Ed Moger Jr 5
怪物フライトライン、米G1パシフィッククラシックを衝撃の大差勝ち! | JRA-VAN Ver.World
 米ダート路線で無敗の快進撃を続けるフライトラインが現地3日にデルマー競馬場で行われたG1パシフィッククラシック(3歳以上)で初のダート10ハロンに挑戦。2着に19馬身1/4差をつける衝撃的なパフォー

2022年の第32回パシフィッククラシックS。いやー、ホントに訳の分からない化け物みたいなお馬さんが、時折現れますね\(^o^)/。Flightline、メトロポリタンH(米GI)を6馬身差で制した際に4代血統表の下書きをしていたのですが、私の気力が伴わず下書きのままにしていたのです(ごめんなさい)。ただ、パシフィッククラシックSの勝ちっぷりを見て、サスガにアップしておくべきと思いました。

Flightline、デビュー以来負け無しの5戦5勝。2021年4月のサンタアニタパーク・ダート6ハロンのメイドンを13と4分の1馬身、9月のデルマー・ダート6ハロンのオプショナルクレーミングを12と4分の3馬身差、そして12月のサンタアニタパーク・ダート7ハロンのマリブS(米GI)を11と2分の1馬身。年が明けて2022年6月のベルモントパーク・ダート8ハロンのメトロポリタンHを6馬身差、そして9月のデルマー・ダート10ハロンのパシフィッククラシックSを19馬身と4分の1馬身差。どのレースも着差がおかしいですが、5戦いずれも道中でハナに立つと、最後は他馬が付いてこれず。

その極め付きが今回のパシフィッククラシックSであった訳ですが、鞍上のフラビアン・プラ騎手はラスト流し加減のように見えたものの、その勝ち時計1分59秒28はCandy Ride(1999.9.27)-Gun Runner(2013.3.8)の父、Epicenter(2019.1.29)の母父-が2003年の第13回パシフィッククラシックSで叩き出した1分59秒11のトラックレコードまでコンマ17秒差の快時計。Flightline、きっちりかっちり追われていたら、レコード駆けでしたでしょうね^^;。また負かした相手のCountry Grammer(2017.5.11)も今年のドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬ですから、米国の中距離路線の中核を担う1頭を相手に大圧勝というのも価値が大きいでしょう。

そんなFlightlineの4代血統表を見ると「0の理論的には仕掛けられた配合やな」とつぶやいてしまいます。父Tapitが16歳時交配、母父Indian Charlieも16歳時交配というミニモの遺伝重ね。また、ボトムラインも母FeatheredがエッジウッドS(米GIII)の勝ち馬、曾祖母Finder’s FeeがエイコーンS(米GI)、メイトロンS(米GI)と米GI2勝、高祖母Fantastic FindはヘンプステッドH(米GI)の勝ち馬ですから、これは活力がある20号族b分枝系。

Flightline、初めての10ハロン級挑戦もまったくいとやせず。いえ、むしろ距離が伸びて真価を見せたような気もします。同じことをBaaeed(2018.4.8)が英インターナショナルS(GI)を制した際にも書いたのですが、Flightline、このパシフィッククラシックSの空前の勝利を以て向かうのは、11月のブリーダーズカップ・クラシック(米GI)へ直行になる模様。Flightline、連勝街道を突き進む米国の駿馬、キーンランド・ダート10ハロンの走りも楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

​最新世界ランキング、フライトラインが史上最強フランケルに次ぐ高評価 | JRA-VAN Ver.World
 IFHA(国際競馬統括機関連盟)が最新の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表。米G1パシフィッククラシックを圧勝したフライトラインが急浮上して1位となった。 今回の発表は2022年