Tuz(2017.4.26)-第31回ドバイゴールデンシャヒーン(UAE・GI)の勝ち馬-

Result

Tuz(タズ) せん 黒鹿毛 2017.4.26生 米国・Calumet Farm生産 馬主・Dakki Stable UAE・B Seemar厩舎

Tuz(2017.4.26)の4代血統表
Oxbow
鹿毛 2010.3.26
種付け時活性値:1.50【6】
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Primal Force
鹿毛 1987.4.27
Blushing Groom 1974.4.8
Prime Prospect 1978.3.20
Tizamazing
黒鹿毛 2002.2.4
Cee’s Tizzy
芦毛 1987.4.21
Relaunch 1976.3.16
Tizly 1981.4.27
Cee’s Song
黒鹿毛 1986.3.20
Seattle Song 1981.2.19
Lonely Dancer 1975.5.29
Suede Shoe
鹿毛 2008.4.22
仔受胎時活性値:2.00【8】
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
種付け時活性値:1.25【13】
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
Seattle Slew 1974.2.15
Weekend Surprise 1980.4.8
Preach
鹿毛 1989.3.26
Mr. Prospector 1970.1.28
Narrate 1980.4.6
Grande Melody
黒鹿毛 2003.3.29
仔受胎時活性値:1.00【4】
Grand Lodge
栗毛 1991.3.6
種付け時活性値:0.75【11】
Chief’s Crown 1982.4.7
La Papagena 1983.5.26
Crystal Melody
鹿毛 1999.2.15
仔受胎時活性値:0.75【3】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.25【21】
Crystal Spray
鹿毛 1986.4.3
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Seattle Slew4×5、Mr. Prospector4×5、Northern Dancer5×5>

Tuz(2017.4.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Oxbow
(Deputy Minister系)
Pulpit
(A.P. Indy系)
Grand Lodge
(Danzig系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Oxbow 4.75
(【8】+【4】+【3】+【12】)
祖母が米GII勝ち馬
(No. 1-s)
5番仔?
(5連産目?)

*

2024年の第31回ドバイゴールデンシャヒーン(UAE・GI。メイダン・ダート1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 14 Tuz せん7 57 Tadhg O’Shea 1:10.19 B Seemar 5
2 3 ドンフランキー 牡5 57 Cristian Demuro 6 1/2 斉藤 崇史 10
3 10 Nakatomi せん5 57 Jamie Spencer 3/4 Wesley A Ward 4
4 11 リメイク 牡5 57 川田 将雅 1 1/4 新谷 功一 1
5 6 イグナイター 牡6 57 笹川 翼 1 1/4 新子 雅司 7
【ドバイGシャヒーン】地元のタズが2着のドンフランキーに6馬身半差をつけて圧勝 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地30日にドバイのメイダン競馬場で行われたG1ドバイゴールデンシャヒーン(ダート1200m)は、地元UAEの9番人気タズが逃げ粘る日本のドンフランキー(5番人気)に6馬身1/2差をつけて圧勝した。

メイダン・ダート1200m、良馬場、14頭立て。賞金総額200万米ドル、1着賞金116万米ドルを賭けて行われたドバイミーティングではおなじみのダートスプリント戦。2着ドンフランキー(2019.2.15)、3着Nakatomi(2019.3.29)、4着リメイク(2019.4.18)、5着イグナイター(2018.4.13)という日本勢及び日本ゆかりと思われる名前の馬たちを尻目に、番手先行からあっという間に抜け出したのは地元UAE調教馬であるTuz。タイグ・オシェア騎手に操られたTuz、メイダン・ダートの直線400mで最内を突きラスト200mを切ったところで逃げたドンフランキーを捕まえると後は独擅場。黒に黄色の星1つの帽子、「黒、黃袖」の勝負服をまとったオシェア騎手の手綱捌きに応えてTuz、黒鹿毛に黒のブリンカーが6馬身半差の圧勝劇。レース史上最大着差の記録を以て、昨年2023年の第30回7着から1年越しのリベンジを果たしたのでした。

7歳にしてGI初制覇を遂げたTuz。通算成績では19戦6勝、2着3回、3着4回、着外6回。キャリアを確認してみたところ、

タズ(Tuz) | 競馬データベース | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
タズ(Tuz)の紹介。海外の競走馬のデータベース。JRA-VAN Ver.Worldは日本から海外までの競走馬データを網羅しています。

2019年9月のデビュー戦と2戦目に走った競馬場である「ピャチゴルスク」。音の響きから露国かなと思いましたら、やっぱりそうでした。2017年に米国の名門・カルメットファームで生を受けたTuz、2019年の2歳時に露国から出発した競走馬生活は、3歳以降は中東の地で積み重ねられ、2024年の7歳時に主戦場たるUAEのメイダンで花開きました。

Tuzの鞍上であるオシェア騎手は、ドバイゴールデンシャヒーンをTuz、メインレースであるドバイワールドカップ(UAE・GI)をLaurel River(2018.2.9)で制してサスガというところを見せられました。そんなオシェア騎手は4月の終わりから2カ月、日本で短期免許を取得する予定とのこと。UAEのチャンピオンジョッキーの手腕、楽しみにしたいと思います。

Laurel River(2018.2.9)-第28回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-
Laurel River(2018.2.9)-第28回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#ドバイゴールデンシャヒーンの回次について、JRA様の発表では2024年で第30回となっています。弊サイトでは創設となった1993年のガルフニュースSも含めて第31回と表記しております。

ドバイゴールデンシャヒーン - Wikipedia