Golden Sixty(2015.10.14)-第30回香港マイル(GI)の勝ち馬-

Result

Golden Sixty(金鎗六十/ゴールデンシックスティ) せん 青鹿毛 2015.10.14生 豪州・Asco International Pty Ltd生産 馬主・Stanley Chan Ka Leung 香港・K W Lui厩舎

Golden Sixty(2015.10.14)の4代血統表
Medaglia d’Oro(USA)
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.875【15.5】
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
★Sir Ivor 1965.5.5
Cap and Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Gaudeamus(USA)
鹿毛 2004.5.23
仔受胎時活性値:0.625【10.5】
Distorted Humor(USA)
栗毛 1993.3.19
種付け時活性値:0.50【10】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Danzig’s Beauty
鹿毛 1987.3.7
▲Danzig 1977.2.12
Sweetest Chant 1978.5.11
Leo’s Lucky Lady(USA)
鹿毛 1987.3.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】
Seattle Slew(USA)
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.00【12】
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Konafa(CAN)
鹿毛 1973.4.19
仔受胎時活性値:1.25【13】
Damascus(USA)
鹿毛 1964.4.14
種付け時活性値:0.00【8】
Royal Statute(CAN)
鹿毛 1969.3.2
仔受胎時活性値:0.75【3】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5、Damascus4×4>

Golden Sixty(2015.10.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Medaglia d’Oro
(Sadler’s Wells系)
Distorted Humor
(Mr. Prospector系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
Damascus
(Sword Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Medaglia d’Oro
(Bailjumper)
4.625 or 2.625 母が愛GII勝ち馬
(No. 22-b)
6番仔?
(3連産目?)

*

2020年の第30回香港マイル(GI。シャティン芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Golden Sixty せん5 57.2 C Y Ho 1:33.45 K W Lui 1
2 5 Southern Legend せん8 57.2 Karis Teetan 2 C Fownes 7
3 3 アドマイヤマーズ 牡4 57.2 Ryan Moore クビ 友道 康夫 2
4 6 Waikuku せん5 57.2 Joao Moreira クビ J Size 3
5 1 Beauty Generation せん8 57.2 Zac Purton 3/4 David A Hayes 4
【香港マイル】ゴールデンシックスティが圧巻の差し切り、アドマイヤマーズは連覇ならず | JRA-VAN Ver.World
 シャティン競馬場で現地13日に行われたG1香港マイル(3歳以上、芝1600m)は、中団後方につけた香港4歳三冠馬ゴールデンシックスティ(1番人気)が直線一気の末脚で2馬身突き抜け完勝。11連勝でG1

2020年の第30回香港マイル。サスガの香港4歳三冠馬、Golden Sixty。シャティン芝1600mの香港クラシックマイル(L)、シャティン芝1800mの香港クラシックカップ(L)、シャティン芝2000mの香港ダービー(L)を総なめにしたその実力の確かさ。10頭立ての一戦、道中は後方3番手を進むと3角から徐々に進出。直線は大外を回ると悠然と伸び、2着争いを繰り広げるライバルたちを尻目に2馬身差の快勝。2着Southern Legend(2012.10.26)、3着アドマイヤマーズ(2016.3.16)、4着Waikuku(2015.3.20)、5着Beauty Generation(2012.9.27)、6着Order of Australia(2017.2.18)と後に続いた5頭のGI馬たちをなで斬りにして、Golden Sixty。11連勝目が自身初のGI制覇となりました。

では、以下にGolden Sixtyのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Leo's Lucky Lady 1987.3.18 2勝
|Seattle's Wood 1997.2.2 0勝
||O'Keefe 2009.4.10 0勝
|||O'Juke 2015.4.24 伊セントレジャー(GIII)ほか
|It's Our Time 2000.2.24 1勝
||On My Way 2006.3.9 2勝
|||King Zachary 2015.2.16 4勝 マットウィンS(米GIII)
|Gaudeamus 2004.5.23 3勝 デビュターントS(愛GII)ほか
||Golden Sixty 2015.10.14 (本馬) 香港マイル(GI) 香港ジョッキークラブマイル(GII) シャティンT(香GII) セレブレイションC(香GIII) チャイニーズクラブチャレンジC(香GIII)ほか

Golden Sixtyの牝系は22号族b分枝系。近親では母Gaudeamusが愛国の2歳牝馬GIIであるデビュターントSの勝ち馬。そうして上図の範囲外となりますが、曾祖母がKonafaということは、目立ったところではヘクタープロテクター(1988.3.4)&シャンハイ(1989.3.28)の輸入種牡馬兄弟、ヘクタープロテクターの全妹Bosra Sham(1993.2.28)、甥シーロ(1997.4.18)、大甥トレイルブレイザー(2007.3.15)等とも同牝系、ということですね。

  

Golden SixtyのGI初勝利を見届けた後、今回の第30回を一緒に走った香港マイル勝ち馬の先達が引退を発表しました。

5着ビューティージェネレーションは引退へ/香港M | JRA-VAN Ver.World
<香港マイル>◇13日=シャティン◇G1◇芝1600メートル◇3歳上◇出走10頭◇1着賞金1425万香港ドル(約1億9800万円) 香港マイルで5着に敗れたビューティージェネレーション(セン8、D・ヘ
アドマイヤマーズが電撃引退、種牡馬入りへ 19年香港マイルなどG1・3勝  | 競馬ニュース - netkeiba.com
 連覇を狙った香港マイルで3着に終わったアドマイヤマーズ(牡4歳、栗東・友道)が現役を引退することが17日、発表された。今後は、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする予定。 18年に… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

全盛期は正に「強すぎた」第27回と第28回を連覇したBeauty Generation。

第28回香港マイル(GI)の勝ち馬-Beauty Generation(2012.9.27)-
Beauty Generation(ビューティージェネレーション) せん 鹿毛 2012.9.27生 新国・Nearco Stud Limited生産 馬主・Patrick Kwok Ho Chuen 香港・John Moore厩舎

そしてそのBeauty Generationを打ち負かした第29回の勝ち馬アドマイヤマーズ。

第29回香港マイル(GI)の勝ち馬-アドマイヤマーズ(2016.3.16)-
アドマイヤマーズ(Admire Mars) 牡 栗毛 2016.3.16生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・友道康夫厩舎

それぞれの第2の馬生に幸多からんことを。

  

連勝街道をひた走るGolden Sixty。2020年現時点で通算15戦14勝、着外1回。こうなるとデビュー4戦目の10着が「惜しい」と思わされますが、無敗で走り続けることの難しさも併せて教えてくれます。ともあれGI初勝利を遂げて、いざ行かんGolden Sixty。その連勝がどこまで続くのか、楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。