ジャンタルマンタル(2021.3.21)-第29回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬-

Result

ジャンタルマンタル 牡 黒鹿毛 2021.3.21生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・高野 友和厩舎

ジャンタルマンタル(2021.3.21)の4代血統表
パレスマリス
鹿毛 2010.5.2
種付け時活性値:0.50【10】
Curlin
栗毛 2004.3.25
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector 1970.1.28
Classy’n Smart 1981.5.20
Sherriff’s Deputy
鹿毛 1994.3.6
Deputy Minister 1979.5.17
Barbarika 1985.3.9
パレスルーマー
鹿毛 2003.3.25
Royal Anthem
鹿毛 1995.4.2
Theatrical 1982.3.13
In Neon 1982.3.1
Whisperifyoudare
鹿毛 1997.2.9
▲Red Ransom 1987.3.31
Stellar Affair 1990.5.4
インディアマントゥアナ
黒鹿毛 2014.4.12
仔受胎時活性値:1.50【6】
Wilburn
鹿毛 2008.3.22
種付け時活性値:1.25【5】
Bernardini
鹿毛 2003.3.23
A.P. Indy 1989.3.31
Cara Rafaela 1993.3.30
Moonlight Sonata
鹿毛 2000.5.2
Carson City 1987.4.4
Wheatly Way 1989.3.26
Speed Wagon
青毛 2003.3.19
仔受胎時活性値:0.50【10】
Tomorrows Cat
黒鹿毛 1995.5.11
種付け時活性値:1.75【7】
Storm Cat 1983.2.27
Tomorrow’s Child 1985.5.7
Rajica
芦毛 1986.5.16
仔受胎時活性値:2.00【16】
El Baba
鹿毛 1979.3.23
種付け時活性値:1.50【6】
Brassica
芦毛 1972.6.8
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×5>

ジャンタルマンタル(2021.3.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
パレスマリス
(Mr. Prospector系)
Wilburn
(A.P. Indy系)
Tomorrows Cat
(Storm Cat系)
El Baba
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tomorrows Cat
(Al Nasr)
5.25
(【6】+【10】+【16】+【13】)
母が米GIII勝ち馬
(No. 9-e)
初仔

*

2024年の第29回NHKマイルカップ(GI。東京芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 16 ジャンタルマンタル 牡3 57 川田 将雅 1:32.4 3-3 33.9 492
[+2]
高野 友和 2
2 14 アスコリピチェーノ 牝3 55 C.ルメール 1:32.8 2 1/2 5-3 34.2 480
[+2]
黒岩 陽一 1
3 6 ロジリオン 牡3 57 戸崎 圭太 1:32.9 クビ 8-6 34.0 482
[-6]
古賀 慎明 10
4 12 ゴンバデカーブース 牡3 57 J.モレイラ 1:32.9 クビ 9-9 33.9 466
[+6]
堀 宣行 4
5 4 イフェイオン 牝3 55 西村 淳也 1:33.2 1 3/4 6-6 34.4 480
[+8]
杉山 佳明 13
2024年の第29回NHKマイルカップ(GI。東京芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 10.7 – 11.3 – 12.0 – 12.0 – 11.4 – 11.2 – 11.5
ラップの
累計タイム
12.3 – 23.0 – 34.3 – 46.3 – 58.3 – 1:09.7 – 1:20.9 – 1:32.4
上り 4F 46.1 – 3F 34.1

東京芝1600m、晴の良馬場、18頭立て。

○ NHKマイルカップ(GⅠ)
本競走は、1996 年に創設された重賞競走。1995 年までダービートライアルとして実施されていた『NHK 杯』を前身とする。世界的に競馬のスピード化が進み、短い距離の成績もより重要視されるようになってきたことや、当時クラシック競走に出走できなかった外国産馬の目標となる競走がなかったことを背景に創設された。それに伴い、同年には 3 歳馬競走における短距離の競走体系も整備された。
NHK は、東京都渋谷区に本部を置く公共放送局。日本放送協会の略称。本競走は、同協会より寄贈賞を受けて実施されている。

2024年度第2回東京競馬特別レース名解説

紹介する順番は前後するのですが、2024年5月4日から5月5日にかけて英米日で行われた3歳GIの牡馬勝ち馬たちを並べてみますと、

2024年5月4日から5月5日にかけて英米日で行われた3歳GIの牡馬勝ち馬たち
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
第216回
英2000ギニー
(GI。ニューマーケット芝8F)
Notable Speech
(2021.3.10)
[10-c]
初仔
[4.50]
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Invincible Spirit
(Danzig系)
Pivotal
(Nureyev系)
◆Seeking the Gold
(Mr. Prospector系)
第150回
ケンタッキーダービー
(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10ハロン)
Mystik Dan
(2021.3.4)
[4-r]
初仔?
[3.75]
Goldencents
(Storm Cat系)
Colonel John
(Intent系)
Siphon
(Prince Bio系)
Cherokee Colony
(Ribot系)
第29回
NHKマイルカップ
(GI。東京芝1600m)
ジャンタルマンタル
(2021.3.21)
[9-e]
初仔
[5.25]
パレスマリス
(Mr. Prospector系)
Wilburn
(A.P. Indy系)
Tomorrows Cat
(Storm Cat系)
El Baba
(Bold Ruler系)

ケンタッキーダービーを制したMystik Danは恐らく初仔ではありますが、「空胎後に名馬あり」は洋の東西を問わず、時代を問わずというところです。

Mystik Dan(2021.3.4)-第150回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-
Mystik Dan(2021.3.4)-第150回ケンタッキーダービー(米GI)の勝ち馬-
ジャンタルマンタル(2021.3.21)-第75回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-
ジャンタルマンタル(2021.3.21)-第75回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬-

という訳で2024年のNHKマイルカップを制したのは2歳牡馬王者ジャンタルマンタル。入りの600m34秒3、1000m58秒3というGIマイル戦らしい淀みない流れを馬群外側の先行3番手から堂々の横綱競馬。コースレコードの決着だった皐月賞(GI)でジャスティンミラノ(2021.4.9)の3着から中2週のローテーションを心配する向きもありましたが、タフネスさをしっかり見せたジャンタルマンタル、単純に強いものは強いというところを見せ付けてくれました。

では、以下にジャンタルマンタルの近親牝系図を示しておきます。

Rajica 1986.5.16 5勝
|Speed Wagon 2003.3.19 5勝
||インディアマントゥアナ 2014.4.12 6勝 レッドカーペットH(米GIII)
|||ジャンタルマンタル 2021.3.21 (本馬) NHKマイルカップ(GI) 朝日杯フューチュリティS(GI) デイリー杯2歳S(GII)ほか

ジャンタルマンタルの牝系は欧米で継承されている9号族e分枝系。9号族e分枝系はMaid of Masham(1845)を牝系祖とする9号族の主勢力のひとつです。ジャンタルマンタルは米GIII勝ち馬である母インディアマントゥアナが目立った近親活躍馬ではあるのですが、祖母Speed WagonもカンタベリーパークラッシーS(米L)勝ち、曾祖母RajicaもエバーグリーンS(米L)勝ちとカタログ的にはブラックタイプとして示される馬がボトムラインを形成しています。牝系の溜めていたエネルギーがジャンタルマンタルで一気に放出された、というところでしょうか。なお、近親と呼ぶにはいささか遠くはあるのですが、デューハーストS(英GI)勝ち馬で英2000ギニーでも圧倒的な1番人気を集めたCity of Troy(2021.3.7)も同牝系馬です。ジャンタルマンタルは5代母、City of Troyは6代母にGenerals Sister(1960.5.22)を持っています。

「溜めていたエネルギー」と上段で記しましたが、ジャンタルマンタルは母方の累代父がマイナー種牡馬で固められています。

  1. 母父Wilburn → インディアナダービー(米GII)
  2. 祖母父Tomorrows Cat → ペガサスH(米GII)
  3. 曾祖母父El Baba → ルイジアナダービー(米GII)、ファイエットH(米GIII)、ケンタッキージョッキークラブS(米GIII)

競走馬としては頂点を極められなかった馬たちではありますけれど、ジャンタルマンタルの統領性を高める血統構成因子として輝いています。まま、こういう「ハーレムが持ち合わせていない血」を選定し、ちゃんと導入されるのが大社台グループの強さですね。

2024年の第29回NHKマイルカップ。ジャンタルマンタルの文句なしの強さと速さは良かったのですが、素人目線では、やっぱり直線における内ラチの攻防が危なかったです。馬人共に命懸けが故に見ている側も手に汗を握るのですが、冷や汗や目から出る水は本当に勘弁願いたいものです。それ故に、いつもの通り、祈りの言葉を最後に捧げておきます。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。