グローリーヴェイズ(2015.3.2)-第28回香港ヴァーズ(GI)の勝ち馬-

Result

グローリーヴェイズ(耀滿瓶/Glory Vase) 牡 黒鹿毛 2015.3.2生 洞爺湖町・レイクヴィラファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・尾関 知人厩舎

グローリーヴェイズ(2015.3.2)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
メジロツボネ
芦毛 2008.2.8
仔受胎時活性値:1.50
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:0.50
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー 1985.5.11
Broom Dance 1979.4.10
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass 1970.4.26
Hey Dolly A. 1974.3.2
メジロルバート
鹿毛 2003.4.21
仔受胎時活性値:1.00
メジロライアン
鹿毛 1987.4.11
種付け時活性値:1.75
アンバーシヤダイ 1977.3.10
メジロチエイサー 1977.3.2
メジロラモーヌ
青鹿毛 1983.4.9
仔受胎時活性値:0.75
モガミ
青鹿毛 1976.5.18
種付け時活性値:1.50
メジロヒリユウ
鹿毛 1972.5.9
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5>

グローリーヴェイズ(2015.3.2)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
スウェプトオーヴァーボード
(Mr. Prospector系)
メジロライアン
(Northern Dancer系)
モガミ
(Lyphard系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
メジロライアン 3.75 曾祖母が三冠牝馬
(No. 9-f アマゾンウオリアー系)
初仔

*

2021年の第28回香港ヴァーズ(GI。シャティン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2グローリーヴェイズ 牡6 57.2 Joao Moreira 2:27.07 尾関 知人 1
2 1 Pyledriver 牡4 57.2 Martin Dwyer 1 William Muir & Chris Grassick 2
3 8 Ebaiyra 牝4 55.3 Christophe Soumillon 2 1/2 A De Royer-Dupre 4
4 3 Columbus County せん6 57.2 Karis Teetan 3 C Fownes 8
5 4ステイフーリッシュ 牡6 57.2 C Y Ho 2 矢作 芳人 4
【香港ヴァーズ】グローリーヴェイズが2年ぶり2勝目! ステイフーリッシュは5着 | JRA-VAN Ver.World
 現地12日にシャティン競馬場で行われたG1香港ヴァーズ(3歳以上、芝2400m)は、2年ぶりの参戦となった日本のグローリーヴェイズ(1番人気)が、後方追走から直線で豪快に伸びると先に抜け出した2番人

2021年の第28回香港ヴァーズ。グローリーヴェイズ(Glory Vase)、史上4頭目の香港ヴァーズ(Hong Kong Vase)2勝目、成る。

第26回香港ヴァーズ(GI)の勝ち馬-グローリーヴェイズ(2015.3.2)-
グローリーヴェイズ(Glory Vase) 牡 黒鹿毛 2015.3.2生 洞爺湖・レイクヴィラファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・尾関知人厩舎

香港ヴァーズ2勝の先例は第3回と第4回のLuso(1992.4.20)、第14回と第15回のDoctor Dino(2002.3.16)、第22回と第24回のHighland Reel(2012.2.21)。グローリーヴェイズ、史上初の隔年による2勝目と書きたかったところですが、そこは世界に名だたるGI7勝馬が立ちはだかりました。

グローリーヴェイズ、↑の英語の実況では例によって「グローリーヴァーズ!!」と叫ばれています。まま、そうなりますよね^^;。ともあれ、サスガに香港ヴァーズのレースレコードホルダー、グローリーヴェイズ。8頭立てを道中内ラチ沿いの最後方から進めると、直線は大外に持ち出して鋭進。先に抜け出していたコロネーションC(英GI)勝ち馬Pyledriver(2017.3.14)を、仏国でGレース4勝の牝馬Ebaiyra(2017.2.26)と共に追い掛けると、最後は脚色の違いを見せて力強く抜け出しました。

決勝点直前から激しいガッツポーズを見せられていた「雷神」ジョアン・モレイラ騎手は香港ヴァーズ3勝目となりましたが、そのお相手はサトノクラウン(2012.3.10)、そしてグローリーヴェイズによる2勝と、すべて日本調教馬によるものです。

第23回香港ヴァーズ(GI)の勝ち馬。
サトノクラウン 牡 黒鹿毛 2012.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・里見治氏 美浦・堀宣行厩舎 サトノクラウン(2012.3.10)の4代血統表 ...

上述のHighland Reelの香港ヴァーズ3連覇を阻んだのが、サトノクラウンでした。

  

GIレース2勝目を蹄中に収めたグローリーヴェイズ。馬齢が6歳だけに「この後」が気になるところ。母系を見ればメジロ牧場~レイクヴィラファーム伝来の9号族アマゾンウオリアー(1960.5.6)系。グローリーヴェイズ、走るにせよ、次の仕事に就くにせよ、引き続き応援したくなる駿馬です(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。