Facteur Cheval(2019.3.22)-第28回ドバイターフ(UAE・GI)の勝ち馬-

Result

Facteur Cheval(ファクトゥールシュヴァル) せん 鹿毛 2019.3.22生 愛国・McCracken Farms生産 馬主・Team Valor International & Gary Barber 仏国・J Reynier厩舎

Facteur Cheval(2019.3.22)の4代血統表
Ribchester
鹿毛 2013.3.24
種付け時活性値:1.25【5】
Iffraaj
鹿毛 2001.2.22
Zafonic
鹿毛 1990.4.1
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Pastorale
栗毛 1988.3.22
Nureyev 1977.5.2
Park Appeal 1982.4.9
Mujarah
鹿毛 2008.5.21
Marju
黒鹿毛 1988.3.12
ラストタイクーン 1983.5.9
Flame of Tara 1980.4.20
Tanaghum
鹿毛 2000.3.15
Darshaan 1981.4.18
Mehthaaf 1991.2.3
Jawlaat
鹿毛 2013.2.2
仔受胎時活性値:1.25【5】
Shamardal
鹿毛 2002.3.27
種付け時活性値:0.50【10】
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
Storm Cat 1983.2.27
Mariah’s Storm 1991.4.1
Helsinki
鹿毛 1993.5.25
Machiavellian 1987.1.31
Helen Street 1982.4.4
Riqa
黒鹿毛 2008.2.13
仔受胎時活性値:1.00【4】
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.25【5】
Dubai Millennium 1996.3.20
Zomaradah 1995.2.21
Thamarat
黒鹿毛 2003.2.14
仔受胎時活性値:1.00【4】
Anabaa
鹿毛 1992.3.13
種付け時活性値:0.50【10】
Al Ishq
栗毛 1997.4.30
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Nureyev4×5×5、Mr. Prospector5×5>

Facteur Cheval(2019.3.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Ribchester
(Mr. Prospector系)
Shamardal
(Storm Cat系)
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Anabaa
(Danzig系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Ribchester 4.50
(【5】+【4】+【4】+【5】)
Santiagoと同牝系
(No. 9-h)
2番仔?

*

2024年の第28回ドバイターフ(UAE・GI。メイダン芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Facteur Cheval せん5 57 Maxime Guyon 1:45.91 J Reynier 8
2 15 ナミュール 牝5 55 Cristian Demuro 短アタマ 高野 友和 9
3 4 ダノンベルーガ 牡5 57 Joao Moreira 3/4 堀 宣行 7
4 10 Measured Time 牡4 57 William Buick 1/2 Charlie Appleby 1
5 5 ドウデュース 牡5 57 武 豊 1 友道 康夫 2
【ドバイターフ】ファクトゥールシュヴァルがナミュールとの激闘を制す | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
ドバイのメイダン競馬場で現地30日に行われたG1ドバイターフ(芝1800m)は、中団追走の10番人気ファクトゥールシュヴァルが後方から大外を伸びる7番人気ナミュールとの追いくらべを短アタマ差で制した

メイダン芝1800m、良馬場、16頭立て。賞金総額500万米ドル、1着賞金290万米ドルという、世界の競馬でベスト15に入る高額賞金レースであるドバイターフ。正直に申し上げれば、ドウデュース(2019.5.7)を始めとする日本馬3頭のいずれかが勝利を収めるであろうと思っていました。が、そうは問屋が卸さないのが勝負の厳しさ。2022年10月のパース賞(仏GIII)以来勝利から遠ざかっていた仏国調教馬Facteur Cheval、この大一番で1年5ヶ月ぶりの勝利を果たすと共にGI初制覇を遂げたのでした。

Facteur Chevalは勝利からは遠ざかっていたものの、ドバイターフより前の4走でもGIばかり走っており、

  1. イスパーン賞(仏GI)
    →Anmaat(2018.2.19)から「短クビ」「ハナ」差の3着
  2. サセックスS(英GI)
    Paddington(2020.4.2)から「1と2分の1馬身」差の2着
  3. ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)
    →Sauterne(2020.2.13)から「1馬身」「2分の1馬身」差の3着
  4. クイーンエリザベス2世S(英GI)
    Big Rock(2020.2.8)から「6馬身」差の2着

と好戦していました。前走クイーンエリザベス2世Sのロックオブジブラルタル(1999.3.8)の跡取り息子との勝負は差が着きましたが、それでもいつでも良い走りをしていることには相違なく、ドバイターフの勝利により14戦6勝、2着4回、3着3回、4着1回と、日本風であれば14戦中13戦は馬券圏内に入る堅実馬です。

という訳で、Facteur Chevalの近親活躍馬を恣意的にピックアップした牝系図で示しますと、

Al Ishq 1997.4.30 1勝
|Thamarat 2003.2.14 1勝
||Riqa 2008.2.13 2勝
|||Jawlaat 2013.2.2 不出走
||||Facteur Cheval 2019.3.22 (本馬) ドバイターフ(UAE・GI) パース賞(仏GIII)
|||Tantheem 2015.3.25 4勝 モートリー賞(仏GIII) プティクヴェール賞(仏GIII) カブール賞(仏GIII)
||ワディハッタ 2012.5.2 2勝
|||Santiago 2017.3.11 3勝 愛ダービー(GI) クイーンズヴァーズ(英GII)ほか
|Tamayuz 2005.3.1 5勝 ジャック・ル・マロワ賞(仏GI) ジャンプラ賞(仏GI) フォンテーヌブロー賞(仏GIII)
|Muhawalah 2011.3.5 1勝
||Eshaada 2018.5.5 3勝 ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズS(英GI)ほか

主に欧州で継承されている9号族h分枝系。近親にSantiago、Tamayuz、EshaadaというGI馬が見える活力のある牝系。Facteur Chevalの高祖母Al Ishqは2001年のジョッケクルブ賞(仏GI)勝ち馬Anabaa Blue(1998.4.12)の半姉です。ということはUrban Sea(1989.2.18)Galileo(1998.3.30)Sea The Stars(2006.4.6)とも同牝系ですね。

強豪相手のドバイターフを勝ち切ったFacteur Cheval。せん馬のドバイターフ優勝ということでは、Lord North(2016.2.9)の2021年から2023年の3連覇に続く4年連続となりました。Lord Northの連覇は途切れてしまいましたが、Facteur Chevalは来年、再来年も楽しみが続きます。ジャスタウェイ(2009.3.8)の1分45秒52、Lord North&パンサラッサ(2017.3.1)1分45秒77に続く、史上3位の1分45秒91で制したFacteur Cheval。2019年生まれ世代のせん馬の未来に幸多からんことを。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

Lemaire Fractures Collarbone, Rib In Dubai Spill; U.S. Entry Catnip Euthanized
International riding star Christophe Lemaire sustained a broken collarbone and fractured a rib after John and Susan Moor...
落馬負傷のルメールはUAEに2週間滞在 肺に穴、主催者が発表 | 競馬ニュース - netkeiba
ドバイターフでの落馬により鎖骨および肋骨を骨折したC・ルメール騎手(44)=栗東・フリー=について、主催者のドバイレーシングクラブが1日に公式X(旧ツイッター)を更新。最新情報として同日に退院するこ… No.1競馬情報サイト「netkeib...
ドバイターフ制したファクトゥールシュヴァルは香港クイーンエリザベス2世Cを予定 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
ドバイターフを制したフランスのファクトゥールシュヴァル(セン5、J・レニエ)は次走に香港のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、28日=シャティン)を予定している。 レース後、「回復次