レモンポップ(2018.2.15)-第28回さきたま杯(JpnI)の勝ち馬-

Result

レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait氏生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中 博康厩舎

レモンポップ(2018.2.15)の4代血統表
Lemon Drop Kid
鹿毛 1996.5.26
種付け時活性値:1.25【21】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
Charming Lassie
黒鹿毛 1987.3.6
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Lassie Dear
鹿毛 1974.5.2
Buckpasser 1963.4.28
Gay Missile 1967.3.27
Unreachable
栗毛 2009.2.4
仔受胎時活性値:2.00【8】
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:0.75【11】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Mariah’s Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy 1985.2.18
イメンス 1979.3.17
Harpia
鹿毛 1994.2.10
仔受胎時活性値:1.50【14】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:0.00【16】
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
仔受胎時活性値:1.00【12】
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
種付け時活性値:1.00【12】
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Buckpasser4×5、Northern Dancer4×5×5、Natalma(♀)5×5(母方)>

レモンポップ(2018.2.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
Giant’s Causeway
(Storm Cat系)
Danzig
(Northern Dancer系)
His Majesty
(Ribot系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lemon Drop Kid 6.00
(【8】+【14】+【12】+【6】)
大伯父デインヒル
(No. 2-d)
4番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2024年の第28回さきたま杯(JpnI。浦和ダート1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7 レモンポップ 牡6 57 坂井瑠星 1:26.7 1-2-1-1 39.6 522
[0]
田中博康 1
2 5 イグナイター 牡6 57 笹川翼 1:27.1 2 5-5-5-2 39.4 505
[0]
新子雅司 3
3 2 シャマル 牡6 57 川須栄彦 1:27.2 1/2 3-4-2-3 39.7 507
[+2]
松下武士 2
4 11 タガノビューティー 牡7 57 石橋脩 1:27.3 クビ 12-10-10-4 38.4 521
[+2]
西園正都 4
5 3 サヨノグローリー 牡6 57 澤田龍哉 1:27.9 3 9-9-9-6 39.0 491
[-4]
工藤伸輔 11
2024年の第28回さきたま杯(JpnI。浦和ダート1400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
11.9 – 11.4 – 11.5 – 12.3 – 12.0 – 13.0 – 14.6
ラップの
累計タイム
11.9 – 23.3 – 34.8 – 47.1 – 59.1 – 1:12.1 – 1:26.7
上り 4F 51.9 – 3F 39.6

浦和ダート1400m、晴の重馬場、12頭立て。

JpnIに格上げで注目の一戦

1997年9月にGIIIとして創設され、2005年から春に移動。11年からはJpnIIに格上げされ、今年からはJpnIに。1着賞金は昨年の倍(8000万円)になった。今年からのさきたま杯は春のダート短距離のチャンピオン決定戦。翌週の帝王賞JpnIはダート中長距離の頂上決戦と、トップホースたちに明確な目標ができることになった。

データ分析|さきたま杯 2024年|ダートグレード競走特設サイト

NAR勢7頭、JRA勢5頭での決戦となった春のダート短距離王を決める一戦。JpnI昇格初回となった2024年のレースを制したのは、単勝1.2倍の圧倒的1番人気に応えたレモンポップ。発馬を決めて逃げ先陣争いに加わると、アランバローズ(2018.2.8)を行かせて番手追走。半マイルあたりで先頭に躍り出ると、小回り浦和の3角から4角をペースを緩めることなく脚を使い、最後の直線へ。その距離が「300m(ゴールまで220m)」という短い直線、迫ったのは園田の雄イグナイター(2018.4.13)、前走かしわ記念(JpnI)で悲願のGI級競走初勝利を遂げたシャマル(2018.2.23)、そして最後はいつも良い脚を見せるタガノビューティー(2017.3.16)という面々。ラスト1ハロンは14秒6というラップが物語る逃げ先行のペースが厳しかった勝負、レモンポップがイグナイターに2馬身差を着けたところが決勝点でした。

レモンポップ、GI級競走は2023年のフェブラリーS(GI)、マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)、チャンピオンズカップ(GI)に続いて4勝目。

レモンポップ(2018.2.15)-第40回フェブラリーS(GI)の勝ち馬-
レモンポップ 牡 栗毛 2018.2.15生 米・Mr. & Mrs. Oliver S. Tait氏生産 馬主・ゴドルフィン 美浦・田中 博康厩舎
レモンポップ(2018.2.15)-第36回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬+α-
レモンポップ(2018.2.15)-第36回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬+α-
レモンポップ(2018.2.15)-第24回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬+α-
レモンポップ(2018.2.15)-第24回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬+α-

今回のさきたま杯1着の結果、国内では14戦11勝、2着3回の100%連対。レモンポップの強さをもってしても海外ではなかなか勝てないのが競馬の厳しいところですね。

では、レモンポップを記したログでは都合5回目にしてようやくで恐縮ですが、以下にレモンポップの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Razyana 1981.4.18 0勝
|デインヒル 1986.3.26 4勝 スプリントC(英GI) コーク&オラリーS(英GIII)ほか
|Euphonic 1989.1.30 3勝 アスタルテ賞(仏GII)3着ほか
|Eagle Eyed 1991.5.16 4勝 アーリントンクラシック(米GII)ほか
|Anziyan 1993.2.14 2勝 ダフニス賞(仏GIII)3着 カブール賞(仏GIII)3着
|Harpia 1994.2.10 シャーリージョーンズH(米GIII)ほか
||Unreachable 2009.2.4 0勝
|||レモンポップ 2018.2.15 (本馬) チャンピオンズカップ(GI) フェブラリーS(GI) さきたま杯(JpnI) マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI) 根岸S(GIII)ほか
|Shibboleth 1997.3.29 5勝 ジャイプールH(米GIII) クライテリオンS(英GIII)ほか
|Family 1999.5.9 不出走
||Dundonnell 2010.1.30 7勝 エイコムS(英GIII)ほか

レモンポップの牝系は2号族d分枝系。「大伯父デインヒル」と記述するだけで「恐れ入りました」となりますが、近親デインヒルということは、Northern Dancer(1961.5.27)やHalo(1969.2.7)とも同牝系という世界的な名繁殖系というのがレモンポップのボトムラインです。なおデインヒル、Eagle Eyed、Harpia、ShibbolethのGレース勝ちきょうだい達は、いずれも父Danzigの全きょうだいであり、中でもデインヒルとレモンポップの祖母Harpiaは、0の理論的にはDanzigのミニモの遺伝を受けています。

デインヒル(1986.3.26)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.14)-
デインヒル(Danehill) 牡 鹿毛 1986.3.26生~2003.5.13没 米国・Juddmonte Farms生産 馬主・Prince Khalid Abdullah 英国・Jeremy Tree厩舎
Northern Dancer(1961.5.27)-北の踊り子とその子孫を辿る(No.1)-
Northern Dancer(ノーザンダンサー) 牡 鹿毛 1961.5.27生~1990.11.16没 加国・Edward P. Taylor生産 馬主・Windfields Farm 米国・Horatio A.Luro厩舎

1400m、1600m、1800mと3つの距離でGI級競走を制したレモンポップ。はてさて、6歳の秋に向かうのは国内かあるいは海外か。古馬ダート王の、その進路を楽しみしておきたいと思います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。