イロゴトシ(2017.3.7)-第26回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬-

Result

イロゴトシ 牡 鹿毛 2017.3.7生 熊本県・本田 土寿氏生産 馬主・内田 玄祥氏 栗東・牧田 和弥厩舎

イロゴトシ(2017.3.7)の4代血統表
ヴァンセンヌ
鹿毛 2009.4.11
種付け時活性値:1.75【7】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
フラワーパーク
鹿毛 1992.5.8
ニホンピロウイナー
黒鹿毛 1980.4.27
ステイールハート 1972.3.25
ニホンピロエバート 1974.3.17
ノーザンフラワー
栗毛 1977.5.1
ノーザンテースト 1971.3.15
フアイアフラワー 1972.4.19
イロジカケ
鹿毛 2012.5.15
仔受胎時活性値:1.00【4】
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.25【13】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
リッジローズ
鹿毛 2004.5.17
仔受胎時活性値:1.75【7】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50【22】
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Fig Tree Drive
鹿毛 1994.5.9
仔受胎時活性値:0.25【9】
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:1.75【15】
Rose O’Riley
鹿毛 1981.2.7
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

イロゴトシ(2017.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヴァンセンヌ
(サンデーサイレンス系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヴァンセンヌ 4.00
(【4】+【7】+【9】+【12】)
曾祖母の仔にUAE・GIII勝ち馬
(No. 26)
初仔

*

2024年の第26回中山グランドジャンプ(J・GI。中山芝4250m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
平均
1F
馬体重
[増減]
調教師
1 8 イロゴトシ 牡7 63 黒岩 悠 4:47.2 3-3-1-1 13.5 468
[-8]
牧田 和弥 2
2 1 ジューンベロシティ 牡6 63 森 一馬 4:47.7 3 4-4-4-4 13.5 466
[0]
武 英智 5
3 10 ニシノデイジー 牡8 63 五十嵐 雄祐 4:48.1 2 1/2 1-1-3-3 13.6 504
[-2]
高木 登 3
4 2 エコロデュエル 牡5 63 小野寺 祐太 4:48.8 4 5-5-4-4 13.6 474
[-2]
岩戸 孝樹 4
5 5 ビレッジイーグル 牡7 63 大江原 圭 4:49.1 1 3/4 2-2-2-2 13.6 512
[-4]
竹内 正洋 6

中山芝4250m、晴の良馬場、12頭立て。イロゴトシと共に史上4頭目の中山グランドジャンプ連覇を果たした黒岩悠騎手の「言葉」に心が揺さぶられます。

平地よりも上下動が激しいジャンプレースなのにずっと見られるというのは、いかに黒岩騎手の騎座が安定しているかの証左でしょう。キタサンブラック(2012.3.10)エイシンヒカリ(2011.5.3)というGI馬たちの調教でも知られる黒岩騎手、その騎乗技術の確かさを改めて知らしめる動画です。そうして、最後の直線「康太ー!」「康太、勝ったぞー!!」の叫びで泣いてしまいました。

勝利騎手インタビューでも、やはり藤岡康太騎手について触れられていた黒岩騎手。その想い、見ている側にも伝わりました。

*

イロゴトシについて「史上4頭目の中山グランドジャンプ連覇」と上段で記しました。中山グランドジャンプで連覇を果たした4頭を改めて確認してみますと、

  1. ゴーカイ(1993.5.6)
    →2000年の第2回、2001年の第3回
  2. Karasi(カラジ。1995.2.20)
    →2005年の第7回から2007年の第9回まで3連覇(!)
  3. オジュウチョウサン(2011.4.3)
    →2016年の第18回から2020年の第22回まで5連覇(!!)。2022年の第24回で6勝目(!!!)
  4. イロゴトシ(2017.3.7)
    →2023年の第25回、2024年の第26回。本稿の主役

ゴーカイの名前を出して見れば懐かしい。カツラノハイセイコ(1976.5.13)の娘ユウミロク(1983.3.26)、名繁殖牝馬が送り出したユウセンショウ(1992.5.13)、ゴーカイ、ユウフヨウホウ(1997.3.19)の重賞勝ち馬3兄弟の1頭です。豪州からの刺客であったKarasi、その10歳時から12歳時の3連覇も素晴らしい。ただ、やっぱりオジュウチョウサンの5連覇、さらに1年隔年となりましたが通算6勝というのが、訳が分かりませんね。イロゴトシ、オジュウチョウサンの記録は中山競馬場の大障害コースの大竹柵や大いけ垣のハードルよりも高いものかも知れませんけれど、追い付け追い越せと頑張ってほしいものです。

Karasi(カラジ。1995.2.20)-五十音にて名馬を辿る(No.6)-
Karasi(カラジ) せん 鹿毛 1995.2.20生 愛国・His Highness the Aga Khans Studs S. C.生産 馬主・H H Aga Khan→R Gerard Et Al→Mrs I Musgrove, Ms A Foat & J, P & G Morgan 英国・Sir Michael Stoute厩舎→豪州・David Hall厩舎→Eric Musgrove厩舎
オジュウチョウサン(2011.4.3)-第24回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬-
オジュウチョウサン 牡 鹿毛 2011.4.3生 平取町・坂東牧場生産 馬主・(株)チョウサン 美浦・和田 正一郎厩舎
イロゴトシ(2017.3.7)-第25回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬-
イロゴトシ 牡 鹿毛 2017.3.7生 熊本県・本田 土寿氏生産 馬主・内田 玄祥氏 栗東・牧田 和弥厩舎

*

今回の中山グランドジャンプについては、イロゴトシの血統的にも「送る」意味合いがあったように思います。父ヴァンセンヌの母フラワーパークが、中山グランドジャンプの1週間前の2024年4月6日に32歳で永眠したのでした。

フラワーパーク(1992.5.8)-タイム差なしの好勝負を辿る(No.13)-
フラワーパーク 牝 鹿毛 1992.5.8生~2024.4.6没 平取・高橋 啓氏生産 馬主・吉田 勝己氏 栗東・松元 省一厩舎

サラブレットの場合ボトムラインで近親馬が語られますけれど、イロゴトシ、父方の祖母への手向けの勝利、お見事でした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。