Rebel’s Romance(2018.3.19)-第26回ドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬-

Pedigree

Rebel’s Romance(レベルスロマンス) せん 青鹿毛 2018.3.19生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

Rebel’s Romance(2018.3.19)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.75【15】
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975.3.1
Slightly Dangerous 1979.4.8 ♀
Jawaher
鹿毛 1989.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Minidress
黒鹿毛 2009.4.12
仔受胎時活性値:2.00【8】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:0.50【10】
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Short Skirt
黒鹿毛 2003.3.16
仔受胎時活性値:1.25【5】
ディクタット
黒鹿毛 1995.2.25
種付け時活性値:1.75【7】
ウォーニング 1985.4.13
アルヴォラ 1990.5.1
Much Too Risky
栗毛 1982.2.8
仔受胎時活性値:1.00【20】
Bustino
鹿毛 1971.4.14
種付け時活性値:0.50【10】
Short Rations
黒鹿毛 1975
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Slightly Dangerous(♀)4×5>

Rebel’s Romance(2018.3.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Street Cry
(Mr. Prospector系)
ディクタット
(Intent系)
Bustino
(Blenheim系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Dubawi 5.75
(【8】+【5】+【20】+【6】)
ヴィクトワールピサと同牝系
(No. 8-d)
2番仔?

*

2024年の第26回ドバイシーマクラシック(UAE・GI。メイダン芝2410m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Rebel’s Romance せん6 57 William Buick 2:26.72 Charlie Appleby 6
2 5 シャフリヤール 牡6 57 Cristian Demuro 2 藤原 英昭 9
3 12 リバティアイランド 牝4 54.5 川田 将雅 1 中内田 充正 2
4 2 ジャスティンパレス 牡5 57 Joao Moreira クビ 杉山 晴紀 4
5 10 Emily Upjohn 牝5 55 Kieran Shoemark 短アタマ John & Thady Gosden 3
【ドバイシーマクラシック】地元のレベルスロマンスがシャフリヤールら日本勢を振り切る | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1ドバイシーマクラシック(芝2410m)が現地30日にメイダン競馬場で行われ、地元ゴドルフィン所有のレベルスロマンス(8番人気)が2番手追走から直線で抜け出し、3番手から追いすがる6番人気シャフリ

メイダン芝2410m、良馬場、12頭立て。賞金総額600万米ドル、1着賞金348万米ドルという世界の競馬でベストテンに入る高額賞金レースであるドバイシーマクラシック。2024年の第26回を番手先行から抜け出したのは2022年にベルリン大賞(独GI)、オイロパ賞(独GI)、ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)と芝転向後GI3連勝を遂げていたRebel’s Romance。

Rebel's Romance(2018.3.19)-第39回ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の勝ち馬-
Rebel's Romance(レベルスロマンス) せん 青鹿毛 2018.3.19生 愛国・Godolphin生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎

昨年の第25回イクイノックス(2019.3.23)の7着に敗れた後、7月のボウリンググリーンS(米GII)で競走中止、10月のジョーハーシュ・ターフクラシック(米GI)4着、11月のバイエルン大賞(独GI)を出走取消とリズムに乗り切れていなかった2023年でしたが、12月に英国のオールウェザーのワイルドフラワーS(英L)で1年1ヶ月ぶりの勝利を収めると、2024年初戦となったアミールT(華GIII)では2着のゼッフィーロ(2019.2.5)に3馬身差の完勝。そうして臨んだのが今回のドバイシーマクラシック。復調すればそこは「芝2400m級のスペシャリスト」とも言うべきRebel’s Romance、追いすがるシャフリヤール(2018.4.13)リバティアイランド(2020.2.2)ジャスティンパレス(2019.4.12)Emily Upjohn(2019.3.8)等を突き放しての快勝を見せました。Rebel’s Romance、今回のドバイシーマクラシックを含めて芝2400m級のレースでは[8-0-0-2]。サスガに強者。

Rebel’s Romanceはドバイシーマクラシックで通算12勝目を挙げたのですが、デビューから3連勝、2022年の芝転向後に5連勝、そして2023年末から復活の3連勝と、勝つ波に乗ると止まらないという感じです。Street Cryの血を持つ馬は連勝街道を走る印象もあります。Zenyatta(2004.4.1)然り、Wynx(2011.9.14)然りですね。

SS以降のエクリプス賞年度代表馬を辿る(其の弐拾)-Zenyatta(2004.4.1)-
Zenyatta(ゼニヤッタ) 牝 黒鹿毛 2004.4.1生 米国・Maverick Productions, Limited生産 馬主・Jerry & Ann Moss 米国・John Shirreffs厩舎
第98回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-Winx(2011.9.14)-
Winx(ウィンクス) 牝 鹿毛 2011.9.14生 豪州・Fairway Thoroughbreds生産 馬主・Magic Bloodstock Racing, R G Treweeke & Mrs D N Kepitis 豪州・Chris Waller厩舎

という訳で、Rebel’s Romanceの近親活躍馬を恣意的にピックアップした牝系図で示しますと、

Much Too Risky 1982.2.8 2勝
|ホワイトウォーターアフェア 1993.5.3 4勝 ポモーヌ賞(仏GII) ジョンポーターS(英GIII)ほか
||アサクサデンエン 1999.3.22 8勝 安田記念(GI) 京王杯スプリングC(GII)ほか
||スウィフトカレント 2001.4.9 6勝 小倉記念(GIII)ほか
||ヴィクトワールピサ 2007.3.31 8勝 ドバイワールドC(UAE・GI) 有馬記念(GI) 皐月賞(GI) 中山記念(GII) 弥生賞(GII) ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)ほか
||アスタラビクトリア 2010.2.24 0勝 
|||スタートアップ 2015.5.2 0勝 
||||オメガギネス 2020.1.28 現役 グリーンチャンネルC(L)ほか
|リッチアフェアー 2000.4.11 1勝 
||プチノワール 2005.3.23 0勝 
|||ローブティサージュ 2010.1.28 3勝 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) キーンランドC(GIII)ほか
|Short Skirt 2003.3.16 4勝 ミュージドラS(英GIII) セントサイモンS(英GIII)ほか
||Minidress 2009.4.12 1勝 
|||Rebel's Romance 2018.3.19 (本馬) ドバイシーマクラシック(UAE・GI) ブリーダーズカップ・ターフ(米GI) オイロパ賞(独GI) ベルリン大賞(独GI)ほか
|||Measured Time 2020.2.4 現役 ジェベルハッタ(UAE・GI) アルラシディヤ(UAE・GII)
||ローズロー 2010.4.15 0勝 
|||デュープロセス 2016.4.2 現役 兵庫ゴールドT(JpnIII)ほか

8号族d分枝系に属するRebel’s Romance。アサクサデンエン、スウィフトカレント、ヴィクトワールピサの3兄弟やローブティサージュなど日本調教の活躍馬も多く見えます。またRebel’s Romanceの半弟Measured Timeは今年のジェベルハッタ勝ち馬であり、ドバイシーマクラシックの1つ前のレースであったドバイターフ(UAE・GI)で4着でした。

調子を取り戻してしまえば「強いものは強い」というところを見せたRebel’s Romance。

Plans are fluid for the winner, with Appleby adding: “He’s got the world at his feet now. We’ll enjoy today and, after shipping to Qatar and here, he deserves a bit of rest when he gets back [to Newmarket]. Hopefully he’s going to be one of our flagbearers for the season.”

Rebel’s Romance springs 28-1 surprise for Godolphin in Sheema Classic as Auguste Rodin trails in last | Racing Post

この後はニューマーケットの拠点でしばしの休息を取るようですが、”願わくは、彼が今シーズンの私たちの旗手の1頭になることを期待しています”というチャーリー・アップルビー調教師のコメントにもありますように、常勝ゴドルフィン軍団の2024年を引っ張る存在としてRebel’s Romance、改めて今後の快走も期待したいものです。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。