Mishriff(2017.4.1)-第23回ドバイシーマクラシック(GI)の勝ち馬-

Result

Mishriff(ミシュリフ) 牡 鹿毛 2017.4.1生 愛国・Nawara Stud Limited生産 馬主・Prince A A Faisal 英国・John Gosden厩舎

Mishriff(2017.4.1)の4代血統表
Make Believe
鹿毛 2012.2.19
種付け時活性値:1.00【4】
マクフィ
鹿毛 2007.3.4
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
Dubai Millennium 1996.3.20
Zomaradah 1995.2.21
Dhelaal
鹿毛 2002.4.25
Green Desert 1983.4.16
Irish Valley 1982.2.21
Rosie’s Posy
鹿毛 1999.3.31
Suave Dancer
鹿毛 1988.2.7
Green Dancer 1972.4.14
Suavite 1981.5.2
My Branch
鹿毛 1993.5.21
Distant Relative 1986.3.10
Pay the Bank 1987.5.27
Contradict
鹿毛 2010.4.16
仔受胎時活性値:1.50【6】
Raven’s Pass
栗毛 2005.2.17
種付け時活性値:1.00【4】
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West 1984.3.10
Touch of Greatness 1986.4.30
Ascutney
黒鹿毛 1994.4.4
Lord At War 1980.10.1
Right Word 1982.3.31
Acts of Grace
鹿毛 2003.1.26
仔受胎時活性値:1.50【6】
Bahri
鹿毛 1992.2.7
種付け時活性値:0.50【10】
Riverman 1969.3.22
Wasnah 1987.2.17
Rafha
鹿毛 1987.2.19
仔受胎時活性値:1.75【15】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50【10】
Eljazzi
鹿毛 1981.4.12
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Nijinsky5×5、Green Valley(♀)5×5>

Mishriff(2017.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Make Believe
(Mr. Prospector系)
Raven’s Pass
(Mr. Prospector系)
Bahri
(Riverman系)
Kris
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Make Believe 6.00 曾祖母がディアヌ賞勝ち馬
(No. 7-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2021年の第23回ドバイシーマクラシック(GI。メイダン芝2410m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7Mishriff 牡4 56.5 David Egan 2:26.65 John Gosden 3
2 9クロノジェネシス 牝5 55 北村 友一 クビ 斉藤 崇史 2
3 10ラヴズオンリーユー 牝5 55 Oisin Murphy クビ 矢作 芳人 5
4 5 Walton Street せん7 57 William Buick 3 Charlie Appleby 4
5 2 Dubai Future せん5 57 Frankie Dettori 1 1/2 Saeed bin Suroor 8
【ドバイシーマクラシック】二刀流ミシュリフ、クロノジェネシスとの叩き合い制す | JRA-VAN Ver.World
 現地27日、メイダン競馬場で行われたG1ドバイシーマクラシック(芝2410m)は、日本のクロノジェネシスとラヴズオンリーユー、前走でサウジカップを制した芝・ダート二刀流のミシュリフによる期待に違わぬ

2021年の第23回ドバイシーマクラシック。日本が誇る2016年生まれ世代の名牝2頭、クロノジェネシス(2016.3.6)とラヴズオンリーユー(2016.3.26)。かたや秋華賞(GI)宝塚記念(GI)有馬記念(GI)とGI3勝、こなた優駿牝馬(GI)のレースレコードホルダー。2頭がドバイの地で鎬を削る勝負を見せた一戦、9頭立てを制したのは道中最後方待機から一気呵成の末脚を見せたMishriff。愛国生まれの英国調教馬Mishriff、昨年2020年のジョッケクルブ賞(仏GI)で勝利を収め、今年2021年のサウジカップを制し、そしてドバイシーマクラシックも勝つ。

Mishriff(2017.4.1)-第180回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-
Mishriff(ミシュリフ) 牡 鹿毛 2017.4.1生 愛国・Nawara Stud Limited生産 馬主・Prince A A Faisal 英国・John Gosden厩舎
Mishriff(2017.4.1)-2021年のサウジカップの勝ち馬-
Mishriff(ミシュリフ) 牡 鹿毛 2017.4.1生 愛国・Nawara Stud Limited生産 馬主・Prince A A Faisal 英国・John Gosden厩舎

フルフラット(2017.3.27)が制したサンバサウジダービーCの折は2着だったMishriff。昇竜の勢いで芝ダート兼用、そして選手権距離までこなす世界の超一線級に成長を遂げました。今回のドバイシーマクラシック制覇は21歳のデビッド・イーガン騎手にとってはGI初優勝となり、その勝ち時計2分26秒65はメイダン芝2410mのトラックレコード。馬人共にお見事でした。

強くそして速いMishriff、4代血統表の累代父を見れば、、、

  1. Make Believe(2012.2.19)
    →仏2000ギニー(GI)、フォレ賞(仏GI)ほか
  2. Raven’s Pass(2005.2.17)
    →ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、クイーンエリザベス2世S(英GI)、セレブレーションマイル(英GII)、ソラリオS(英GIII)ほか
  3. Bahri(1992.2.7)
    →クイーンエリザベス2世S(英GI)、セントジェームズパレスS(英GI)ほか
  4. Kris(1976.3.23)
    →サセックスS(英GI)、クイーンエリザベス2世S(英GII)、セントジェームズパレスS(英GII)、ロッキンジS(英GII)、クリスタルマイルS(英GII)、英チャレンジS(GIII)、グリーナムS(英GIII)、ホーリスヒルS(英GIII)ほか

マイラーになっても仕方がないような各代の父の競走成績ですが、それでも距離を持たせてしまう。Golden Horn(2012.3.27)然り、キタサンブラック(2012.3.10)然り、そしてMishriff然り。名馬は血統を超えて行きます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#補足。Mishriffは父Make Believeの初年度産駒です。日本軽種馬協会で供用されているマクフィは直孫の活躍に鼻高々ですね。思えばクロノジェネシスの父バゴ(2001.2.3)も日本軽種馬協会で供用されています。なんだかんだ言いながら、このあたりの目利き、サスガです。

マクフィ(GB):日本軽種馬協会
日本軽種馬協会:マクフィ(GB)のページです。
バゴ(FR):日本軽種馬協会
日本軽種馬協会:バゴ(FR)のページです。

またRaven’s Passはタワーオブロンドン(2015.2.9)の父、Bahriは凱旋門賞(仏GI)馬Sakhee(1997.2.14)の父、そしてKrisは英セントレジャーS(GI)、英オークス(GI)、英1000ギニー(GI)を制した稀代の名牝Oh So Sharp(1982.3.30)、英オークスと愛オークス(GI)を制したUnite(1984.4.3)、合わせてディアヌ賞(GI)の勝ち馬でMishriffの曾祖母Rafhaの父です。BahriとKrisは種牡馬として距離をこなす仔を出しました。