Elmalka(2021.3.27)-第211回英1000ギニー(GI)の勝ち馬-

Result

Elmalka(エルマルカ) 牝 鹿毛 2021.3.27生 英国・Godolphin生産 馬主・Sheikh Ahmed Al Maktoum 英国・Roger Varian厩舎

Elmalka(2021.3.27)の4代血統表
Kingman(GB)
鹿毛 2011.2.26
種付け時活性値:0.25【9】
Invincible Spirit
鹿毛 1997.2.17
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Rafha
鹿毛 1987.2.19
Kris 1976.3.23
Eljazzi 1981.4.12
Zenda
鹿毛 1999.2.18
Zamindar
鹿毛 1994.4.7
▲Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Hope
鹿毛 1991.4.5
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
Bahamian 1985.2.8
Nahrain(GB)
栗毛 2008.1.29
仔受胎時活性値:1.00【12】
Selkirk(USA)
栗毛 1988.2.19
種付け時活性値:0.75【19】
Sharpen Up
栗毛 1969.3.17
エタン 1961.3.14
Rocchetta 1961
Annie Edge
栗毛 1980.3.24
Nebbiolo 1974
Friendly Court 1971
Bahr(GB)
栗毛 1995.4.19
仔受胎時活性値:1.00【12】
ジェネラス(IRE)
栗毛 1988.2.8
種付け時活性値:1.50【6】
Caerleon 1980.3.27
Doff the Derby 1981.5.13
Lady of the Sea(IRE)
栗毛 1986.2.21
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Mill Reef(USA)
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:0.25【17】
La Mer(NZ)
栗毛 1973.11.6
仔受胎時活性値:0.875【11.5】

<5代血統表内のクロス:Sharpen Up5×3、Mill Reef5×4>

Elmalka(2021.3.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Kingman
(Danzig系)
Selkirk
(エタン系)
ジェネラス
(Nijinsky系)
Mill Reef
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ジェネラス
(Foreseer)
4.875 or 2.875
(【12】+【12】+【8】+【12】)
半兄ベンバトル
(No. 6-d)
8番仔
(8連産目)

*

2024年の第211回英1000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Elmalka 牝3 58.1 Silvestre De Sousa 1:37.05 Roger Varian 10
2 6 Porta Fortuna 牝3 58.1 Tom Marquand クビ Donnacha Aidan O’Brien 6
3 8 Ramatuelle 牝3 58.1 Aurelien Lemaitre 短アタマ Christopher Head 2
4 15 Tamfana 牝3 58.1 Jamie Spencer 1/2 David Menuisier 12
5 16 Ylang Ylang 牝3 58.1 Ryan Moore 短アタマ A P O’Brien 3
​伏兵エルマルカが大金星、英1000ギニーを差し切り勝ち | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
現地5日、英ニューマーケット競馬場でG1英1000ギニー(3歳牝馬、芝8ハロン)が行われ、10番人気タイだった伏兵エルマルカが接戦を制した。 16頭立ての16番枠から出たエルマルカはスタートがひと息

ニューマーケット芝8ハロン、晴の良馬場、16頭立て。16番枠からのスタートで若干後手を踏んだElmalka、道中最後方待機からの乾坤一擲。英国チャンピオンジョッキー3回の名手シルベストル・デソウサ騎手に導かれ、↑の動画であれば向かって右側、ニアサイドから脚を伸ばした黄色の勝負服を乗せた鹿毛馬。最後は「クビ」「短アタマ」という勝負をねじ伏せたところがニューマーケット芝8ハロンのゴールポスト。前走フレッドダーリンS(英GIII)3着から中1週で臨んだElmalka、デソウサ騎手の実績を思えば「意外」ではありましたが、英国クラシック初勝利をプレゼントしたのでした。

Elmalkaのボトムラインを確認すれば、英1000ギニー制覇は「良血」の成せる業だったのかも知れません。

Bahr 1995.4.19 4勝 リブルズデイルS(英GII) ミュージドラS(英GIII)ほか
|Dorrati 2002.3.24 0勝
||Dorraar 2011.4.10 1勝
|||Far Above 2016.4.12 4勝 パレスハウスS(英GIII)
|In Dubai 2003.4.26 1勝
||Go Bears Go 2019.3.11 4勝 レイルウェイS(愛GII) フィーニクススプリントS(愛GIII) パヴィリオンS(英GIII)ほか
|Nahrain 2008.1.29 5勝 オペラ賞(仏GI) フラワーボウル招待S(米GI)ほか
||ベンバトル 2014.2.15 11勝 ドバイターフ(UAE・GI) バイエリシェスツフトレネン(独GI) コーフィールドS(豪GI)ほか
||Elmalka 2021.3.27 (本馬) 英1000ギニー(GI)ほか

半兄ベンバトルはドバイターフ、バイエリシェスツフトレネン、コーフィールドSという3カ国でのGI3勝を含むGレース10勝の活躍馬にして、2024年現在はビッグレッドファームで種牡馬供用されています。

第23回ドバイターフ(UAE・GI)の勝ち馬
Benbatl 牡 鹿毛 2014.2.15生 英国・Darley生産 馬主・Godolphin UAE・Saeed bin Suroor厩舎 Benbatl(2014.2.15)の4代血統表 Dubawi 鹿毛 2002.2.7 種付け時...

また母Nahrainはオペラ賞、フラワーボウル招待Sと2カ国でGI2勝を挙げた名牝であり、Nahrainで制した2011年のオペラ賞が、Elmalkaも管理されるロジャー・バリアン調教師にとって開業1年目の初めてのGI勝利でもありました。

He added: “It’s special to win a Classic for Sheikh Ahmed Al Maktoum, who has supported me all my career and Michael Jarvis before me. She’s a homebred filly who is out of Nahrain, who was the first Group 1 winner for me in my first year of training when winning the Prix de l’Opera.”

Silvestre de Sousa back in the big time as Elmalka strikes in 1,000 Guineas | Racing Post

そんなNahrainの仔による英国牝馬クラシック初優勝、バリアン師にとっても格別だったでしょう。なお、Nahrainはアラビア語で「2つの川」という意味だそうで、チグリス川とユーフラテス川を指しているそうです。またNahrain、Elmalkaの馬主は共にシェイク・アハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥームですが、シェイク・アハメッドの持ち馬では輸入種牡馬ワッスル(1980.4.27)が最初期の活躍馬であり、最も著名な活躍馬には”キング・ジョージ”(英GI)を勝ちエクリプスS(英GI)を2回制した名中距離馬Mtoto(1983.4.1)がいます。

Elmalkaの直牝系は祖母BahrがリブルズデイルS、ミュージドラSの英グループレース2勝の他に英オークス(GI)でシャトゥーシュ(1995.4.29)の2着があります。そしてまたElmalkaの高祖母La Merは新国史上に名を残す名牝の1頭であり、現役時代に24勝(!!)を挙げ、現行の新国GIレース3勝を含むグループレース17勝というスーパーメアです。

La Merが制した1979年のエアニュージーランドSの動画。世界の何処にも競馬が好きな方が多いと思わされますね(^^)

一気呵成の末脚で英1000ギニー馬の栄誉を蹄中に収めたElmalka。管理されるバリアン師のコメントによりますと、

He said: “We have to bear in mind that she’s had two races within the space of two and a half weeks. It makes sense to give her a break now and head to the Coronation Stakes at Royal Ascot.”

Silvestre de Sousa back in the big time as Elmalka strikes in 1,000 Guineas | Racing Post

次走はコロネーションS(英GI)になる模様。Elmalka、ロイヤルアスコット開催4日目に行われる3歳牝馬限定の芝7ハロン213ヤードの伝統GIにおいて、どんな走りを見せてくれるでしょうか。ベンバトルの半妹の次のレースも楽しみにしたいと思います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。