Stradivarius(2014.2.28)-第210回ゴールドカップ(英GI)の勝ち馬-

Result

Stradivarius(ストラディヴァリウス) 牡 栗毛 2014.2.28生 愛国・Bjorn Nielsen生産 馬主・B E Nielsen 英国・John Gosden厩舎

Stradivarius(2014.2.28)の4代血統表
Sea The Stars
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:1.75
Cape Cross
鹿毛 1994.3.13
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Private Life
鹿毛 1997.5.28
仔受胎時活性値:2.00
Bering
栗毛 1983.3.20
種付け時活性値:1.25
Arctic Tern
栗毛 1973.5.11
Sea-Bird 1962.3.8
Bubbling Beauty 1961.6.1
Beaune
栗毛 1974.4.10
Lyphard 1969.5.10
Barbra 1969.1.25
Poughkeepsie
鹿毛 1992.5.24
仔受胎時活性値:1.00
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Pawneese
鹿毛 1973.4.5
仔受胎時活性値:0.50
Carvin
鹿毛 1962
種付け時活性値:0.50
Plencia
栗毛 1968.1.12
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4×5>

Stradivarius(2014.2.28)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sea The Stars
(Danzig系)
Bering
(Sea-Bird系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Carvin
(Wild Risk系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sea The Stars
(Cape Cross)
4.50 曾祖母がGI3勝の名牝
(No. 9)
7番仔?

*

2020年の第210回ゴールドカップ(英GI。アスコット芝19F210y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Stradivarius 牡6 58.1 Frankie Dettori 4:32.60 John Gosden 1
2 7 Nayef Road 牡4 57.6 Ryan Moore 10 Mark Johnston 5
3 1Cross Counter せん5 58.1 James Doyle 8 Charlie Appleby 3
4 5 Withhold せん7 58.1 Jason Watson 3 Roger Charlton 8
5 2 Mekong せん5 58.1 Jim Crowley 2 1/4 Jamie Osborne 6
ストラディバリウス、圧巻の英ゴールドC3連覇! | JRA-VAN Ver.World
 現地18日、ロイヤルアスコット開催でG1英ゴールドカップ(芝19ハロン210ヤード)が行われ、L.デットーリ騎乗のストラディバリウスが10馬身差で圧勝。史上3頭目となる同レース3連覇を達成した。 J

どういう訳か紹介していなかった当代きってのスーパーステイヤー、Stradivarius。ゴールドカップ3連覇、2020年はお見事すぎる10馬身差勝ち。道中は終始5番手でじっと我慢、三分三厘で勝負が動き始めると、他馬とはまったく違う脚色。ラスト1ハロンで逃げたNayef Road(2016.5.3)を捉えると、10馬身千切りました。

今回の勝利によりゴールドカップ8勝を遂げられたランフランコ・デットーリ騎手をして

「間違いなく私が騎乗してきた馬で、最高のステイヤーです」

ストラディヴァリウス大差で3連覇/アスコットGC|極ウマ・プレミアム

というStradivarius。そのGレース勝ち鞍を確認してみれば、

  • ゴールドカップ(英GI)
    →3勝。アスコット芝19ハロン210ヤード(約4014m)
  • グッドウッドC(英GI)
    →3勝。グッドウッド芝16ハロン(約3219m)
  • ロンズデールC(英GII)
    →2勝。ヨーク芝16ハロン88ヤード(約3299m)
  • ヨークシャーC(英GII)
    →2勝。ヨーク芝13ハロン188ヤード(約2787m)
  • ブリティッシュ・チャンピオンズ・ロングディスタンスC(英GII)
    →1勝。アスコット芝15ハロン209ヤード(約3209m)
  • クイーンズヴァーズ(英GII)
    →1勝。アスコット芝14ハロン34ヤード(約2847m)
  • ドンカスターC(英GII)
    →1勝。ドンカスター芝17ハロン197ヤード(約3600m)

英グループレース13勝、最も短いヨークシャーCで13ハロン188ヤード(約2787m)、最も長いゴールドカップで19ハロン210ヤード(約4014m)。まさに当代のスーパーステイヤー、Stradivarius。そんなStradivarius、今回のゴールドカップの前走はニューマーケット芝12ハロン(約2414m)のコロネーションC(英GI)3着でした。↑で引用した記事群を確認すると、陣営は秋には凱旋門賞(仏GI)への挑戦も視野に入れられているようです。Stradivarius、父Sea the Starsとの凱旋門賞父仔制覇も見てみたいもの。空前の凱旋門賞3勝目を狙うEnable(2014.2.12)の最大のライバルは、実は同い年のステーブルメイトなのかも知れませんね^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。