Love(2017.4.13)-第207回英1000ギニー(GI)の勝ち馬-

Result

Love(ラブ) 牝 栗毛 2017.4.13生 愛国・Coolmore生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O’Brien厩舎

Love(2017.4.13)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.50

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28 ♀
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Pikaboo
栗毛 2003.3.1
仔受胎時活性値:1.25
Pivotal
栗毛 1993.1.19
種付け時活性値:0.25
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
Nureyev 1977.5.2
Marie d’Argonne 1981.3.21
Fearless Revival
栗毛 1987.3.3
Cozzene 1980.5.8
Stufida 1981.3.12
Gleam of Light
鹿毛 1991.2.21
仔受胎時活性値:0.75
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.00
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Gold Runner
鹿毛 1985.3.27
仔受胎時活性値:1.25
Runnett
鹿毛 1977.3.16
種付け時活性値:1.75
African Doll
鹿毛 1978.3.16
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5×5、Special(♀)4×5>

Love(2017.4.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
デインヒル
(Danzig系)
Runnett
(Owen Tudor系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Runnett
(Rennet)
4.75 姉3頭がGレース勝ち馬
(No. 1-k)
8番仔?
(4連産目?)

*

2020年の第207回英1000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Love 牝3 57.2 Ryan Moore 1:35.80 A P O’Brien 2
2 2 Cloak of Spirits 牝3 57.2 Andrea Atzeni 4 1/4 Richard Hannon 5
3 8Quadrilateral 牝3 57.2 Jason Watson アタマ Roger Charlton 1
4 3 Final Song 牝3 57.2 Pat Cosgrave 1 Saeed bin Suroor 13
5 10 Romsey 牝3 57.2 Tom Marquand 1/2 Hughie Morrison 14
英1000ギニーはラブが圧勝、無敗の2歳女王クアドリラテラル初黒星 | JRA-VAN Ver.World
 現地7日、英ニューマーケット競馬場にてG1英1000ギニー(3歳牝馬、芝8ハロン)が行われ、R.ムーア騎乗のラブが圧勝した。 2着は4馬身1/4差でクロークオブスピリッツ。昨年に無敗で欧州最優秀2歳

世界中の競馬における牝馬クラシックの範たる英オークス(GI)と英1000ギニー。弊サイトでは英オークスについてはこれまでに記事にしていましたが、どういう訳か英1000ギニーは記事にしていませんでした。という訳で、COVID-19の影響により平年よりもおよそ1ヶ月遅れで開催された2020年の第207回英1000ギニーの勝ち馬をご紹介しておきます。第207代英1000ギニー馬は、その名もLove。日本人にも分かりやすいストレートな馬名、イエスだね。そうしてLoveの英1000ギニーの走りを見れば、強い。鹿毛の流星がニューマーケット芝8ハロンを突き抜けるように駆けて、2着Cloak of Spirits(2017.2.4)に4と4分の1馬身差の快勝。2020年の英1000ギニーは、ブルードメアサイアーにPivotalを持つ2頭のワンツーフィニッシュという結果でした。

Love、英1000ギニーの勝ちっぷりの良さと走法から「距離が伸びる英オークスでも良い結果が見込めるのでは」と思ったのですが、エイダン・パトリック・オブライエン調教師からも第242回英オークスへの出走が示唆されているとか。今年2020年、日本ではデアリングタクト(2017.4.15)が牝馬二冠を達成しましたが、英国では果たしてどうなりますでしょうか。Love、2016年に英牝馬二冠を達成した所属厩舎の先輩マインディング(2013.2.10)に続くことが出来るか、東洋の空の下から楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。