Joan of Arc(2018.2.4)-第172回ディアヌ賞(仏GI)の勝ち馬-

Result

Joan of Arc(ジョーンオブアーク) 牝 鹿毛 2018.2.4生 愛国・Coolmore生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Joan of Arc(2018.2.4)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.75【19】

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967.1.31
Anatevka 1969.2.13
You’resothrilling
黒鹿毛 2005.2.5
仔受胎時活性値:1.00【12】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:1.25【21】
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Mariah’s Storm
鹿毛 1991.4.1
仔受胎時活性値:1.25【13】
Rahy
栗毛 1985.2.18
種付け時活性値:1.25【5】
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
イメンス
鹿毛 1979.3.17
仔受胎時活性値:0.75【11】
Roberto
鹿毛 1969.3.16
種付け時活性値:0.25【9】
Imsodear
鹿毛 1967.3.16
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Hail to Reason5×5>

Joan of Arc(2018.2.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Storm Cat
(Storm Bird系)
Rahy
(Blushing Groom系)
Roberto
(Hail to Reason系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Storm Cat 3.75兄姉にGI馬3頭
(No. 11)
7番仔?

*

2021年の第172回ディアヌ賞(仏GI。シャンティイ芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Joan of Arc 牝3 57 Ioritz Mendizabal 2:09.05 A P O’Brien 3
2 13 Philomene 牝3 57 Mickael Barzalona 3/4 A Fabre 1
3 8 Burgarita 牝3 57 Maxime Guyon 短アタマ A Fabre 2
4 18 Sibila Spain 牝3 57 Aurelien Lemaitre 1/2 Christopher Head 5
5 14 Rougir 牝3 57 Franck Blondel ハナ Cedric Rossi 14
仏オークスはジョーンオブアークが制す、凱旋門賞で同厩馬スノーフォールと対戦も | JRA-VAN Ver.World
 現地20日、仏シャンティイ競馬場にてG1仏オークス(3歳牝馬、芝2100m)が行われ、I.メンディザバル騎乗のジョーンオブアークが勝利した。  スタートから前に出たジョーンオブアークは2番手の好位

2021年の第172回ディアヌ賞。17頭立てを先行策からしぶとく勝ち切ったのはJoan of Arc。結果と共にJoan of ArcのDamを確認した瞬間「うわっ、ジャイアンツコーズウェイの全妹、またGI馬を送りこんだんかーい」と思ってしまいました^^;。尊ぶべきはJoan of Arcの母You’resothrilling、あなたの繁殖成績はスリル満点です。

そんな訳でJoan of Arcの本当にごく簡単な近親牝系図を確認しておきますと、、、

You'resothrilling 2005.2.5 2勝 チェリーヒントンS(英GII) ソードルズタウンスタッドスプリントS(愛GIII)ほか
|Marvellous 2011.1.9 2勝 愛1000ギニー(愛GI)
|Gleneagles 2012.1.12 7勝 英2000ギニー(GI) 愛2000ギニー(GI) セントジェームズパレスS(英GI) ナショナルS(愛GI)ほか
|Coolmore 2013.1.16 1勝 パークS(愛GIII)ほか
|Taj Mahal 2014.1.28 4勝 ジッピングクラシック(豪GII)2回 JRAカップ(豪GIII)ほか
|ハッピリー 2015.2.27 4勝 ジャン・リュック・ラガルデール賞(仏GI) モイグレアスタッドS(愛GI) シルバーフラッシュS(愛GIII)ほか
|Vatican City 2017.2.6 1勝 愛2000ギニー(GI)2着
|Joan of Arc 2018.2.4 (本馬) ディアヌ賞(仏GI) 愛1000ギニートライアルS(GIII)ほか

なんじゃこりゃ^^;。Marvellous、Gleneagles-ショックアクション(2018.2.27)の父-、ハッピリーに続いてJoan of Arcが4頭目のGI馬にして6頭目のGレース勝ち馬。恐るべしはGiant’s Causeway(1997.2.14)の全妹、You’resothrilling。

カルティエ賞年度代表馬を辿る(其の拾)-Giant's Causeway(1997.2.14)-
Giant's Causeway(ジャイアンツコーズウェイ) 牡 栗毛 1997.2.14生 米国・Orpendale & Michael Tabor生産 馬主・Sue Magnier & Michael Tabor 愛国・Aidan O'Brien厩舎

なお、ハッピリーがカタカナ表記なのは、例によってクールモア社台スタリオンステーションに繋養されている種牡馬の血を求めて渡日させたから、ですね。また、↑のJoan of Arcの近親牝系図で挙げたYou’resothrillingの仔の父は、すべてGalileoです。

*

「筆頭馬主・デリック・スミス氏」「愛国・エイダン・パトリック・オブライエン厩舎」「鞍上イオリッツ・メンディザバル騎手」は、今年の仏国の牡馬クラシック二冠を達成したSt Mark’s Basilica(2018.3.18)と同じ組み合わせです。

St Mark's Basilica(2018.3.18)-第181回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-
St Mark's Basilica(セントマークスバシリカ) 牡 鹿毛 2018.3.18生 仏国・Robert Scarborough生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

そしてまた意外な感じもしましたが、管理されるオブライエン調教師はディアヌ賞初制覇。もちろんJoan of Arcの適正を考慮されてのことでしょうけれど、英愛のクラシックは勝ち過ぎで飽きられたのかと思ってしまいました(そんな訳はない。St Mark’s Basilicaの記事に続いて2回目)。

*

↑で引いたJRA-VAN Ver.Worldの記事によりますと、

(オブライエン調教師は)「イオリッツは12ハロンでも問題ないと感じていた。だから凱旋門賞に行く可能性も大いに考慮しなくてはね」と語った。

そもそもがジャンヌ・ダルクの英名を戴いたJoan of Arc、果たして、その名に含まれるArcに向かうのでしょうか。Snowfall(2018.2.9)のステーブルメイトの進路に注目です。

Snowfall(2018.2.9)-第243回英オークス(GI)の勝ち馬-
Snowfall(スノーフォール) 牝 鹿毛 2018.2.9生 日本・Roncon, Chelston Ire & Wynatt(安平・ノーザンファーム)生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。