Santiago(2017.3.11)-第155回愛ダービー(GI)の勝ち馬-

Result

Santiago(サンティアゴ) 牡 鹿毛 2017.3.11生 愛国・Lynch Bages Ltd生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O’Brien厩舎

Santiago(2017.3.11)の4代血統表
Authorized
鹿毛 2004.2.14
種付け時活性値:1.00
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville 1976.4.5
Toute Cy 1979.5.4
Funsie
青毛 1999.3.25
Saumarez
黒鹿毛 1987.3.28
Rainbow Quest 1981.5.15
Fiesta Fun 1978.2.2
Vallee Dansante
鹿毛 1981.2.15
Lyphard 1969.5.10
Green Valley 1967
Wadyhatta
黒鹿毛 2012.5.2
仔受胎時活性値:1.00
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:0.25
▲Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
Thamarat
黒鹿毛 2003.2.14
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Anabaa
鹿毛 1992.3.13
種付け時活性値:0.50
Danzig 1977.2.12
Balbonella 1984
Al Ishq
栗毛 1997.4.30
仔受胎時活性値:1.25
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.75
Allez Les Trois
栗毛 1991.4.26
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5×5×5、Danzig4×4、Special(♀)5×5>

Santiago(2017.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Authorized
(Sadler’s Wells系)
Cape Cross
(Danzig系)
Anabaa
(Danzig系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Authorized 5.50 or 3.50Anabaa Blueと同牝系
(No. 9-h)
初仔

*

2020年の第155回愛ダービー(GI。カラ芝12F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11 Santiago 牡3 58.1 Seamie Heffernan 2:38.17 A P O’Brien 1
2 14 Tiger Moth 牡3 58.1 Emmet McNamara アタマ A P O’Brien 7
3 4 Dawn Patrol 牡3 58.1 Ronan Whelan 5 A P O’Brien 6
4 10 Order of Australia 牡3 58.1 P B Beggy 1 1/4 A P O’Brien 11
5 5 Fiscal Rules 牡3 58.1 Kevin Manning 1 1/2 J S Bolger 3

COVID-19の影響により欧州主要国の中では2020年最も早いダービー開催となった愛ダービー。カラ芝12ハロンの伝統の一戦、第155代の勝ち馬となったのは戦前1番人気だったSantiago。前走ロイヤルアスコット開催のクイーンズヴァーズ(英GII)を制した翌週、日本で言えば「連闘」で臨んだSantiago、道中後方待機から直線鋭く抜け出し、決勝点では詰め寄ったTiger Moth(2017.5.16)を「アタマ」差凌ぎ切りました。

今回の愛ダービー、エイダン・パトリック・オブライエン調教師は6頭出しで4着までを占め、子息のジョセフ調教師は2頭出し、ドナカ調教師は1頭出しと、オブライエン一家で出走14頭中9頭を占めました。そうしてエイダン師はデザートキング(1994.3.31)、Galileo(1998.3.30)High Chaparral(1999.3.1)Dylan Thomas(2003.4.23)、Soldier of Fortune(2004.2.20)、Frozen Fire(2005.2.19)、Fame And Glory(2006.3.20)、Treasure Beach(2008.3.25)、Camelot(2009.3.5)、Australia(2011.4.8)Capri(2014.2.7)Sovereign(2016.4.9)に続いて、実に14回目(!!)の愛ダービー制覇となりました^^;

そしてまた、↑で引いたRacing TVの動画のサムネイルでは鞍上のシーミー・ヘファーナンが右手で「4」を示されていますが、ヘファーナン騎手はSoldier of Fortune、Frozen Fire、Capriに続いて4回目の愛ダービー制覇となりました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。