Early Voting(2019.3.7)-第147回プリークネスS(米GI)の勝ち馬-

Result

Early Voting(アーリーヴォーティング) 牡 黒鹿毛 2019.3.7生 米国・Three Chimneys Farm, LLC生産 馬主・Klaravich Stables, Inc. 米国・Chad C. Brown厩舎

Early Voting(2019.3.7)の4代血統表
Gun Runner
栗毛 2013.3.8
種付け時活性値:1.25【5】
Candy Ride
鹿毛 1999.9.27
Ride the Rails
黒鹿毛 1991.3.5
Cryptoclearance 1984.4.9
Herbalesian 1969.4.29
Candy Girl
栗毛 1990.7.7
Candy Stripes 1982.4.12
City Girl 1982.7.18
Quiet Giant
鹿毛 2007.4.22
Giant’s Causeway
栗毛 1997.2.14
Storm Cat 1983.2.27
Mariah’s Storm 1991.4.1
Quiet Dance
芦毛 1993.1.25
Quiet American 1986.4.29
Misty Dancer 1988.5.6
Amour d’Ete
鹿毛 2012.1.19
仔受胎時活性値:1.50【6】
Tiznow
鹿毛 1997.3.12
種付け時活性値:1.50【14】
Cee’s Tizzy
芦毛 1987.4.21
Relaunch 1976.3.16
テイズリー 1981.4.27
Cee’s Song
黒鹿毛 1986.3.20
Seattle Song 1981.2.19
Lonely Dancer 1975.5.29
Silken Cat
栗毛 1993.3.25
仔受胎時活性値:0.50【18】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
種付け時活性値:0.25【9】
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Silken Doll
鹿毛 1980.4.11
仔受胎時活性値:1.00【12】
Chieftain
黒鹿毛 1961.4.9
種付け時活性値:0.50【18】
Insilca
栗毛 1974.5.15
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Storm Cat4×3、Fappiano5×5、Lyphard5×5>

Early Voting(2019.3.7)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Gun Runner
(Mr. Prospector系)
Tiznow
(Intent系)
◆Storm Cat
(Storm Bird系)
Chieftain
(Bold Ruler系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Tiznow
(Amour d’Ete)
4.25 伯父Speightstown
(No. 9-b)
3番仔?
(2連産目?)

*

2022年の第147回プリークネスS(米GI。ピムリコ・ダート9.5F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
15Early Voting牡357.2Jose L Ortiz1:54.54Chad C Brown3
28Epicenter牡357.2Joel Rosario1 1/4Steven Asmussen1
32Creative Minister牡357.2Brian Joseph Hernandez Jr2 1/4Kenneth McPeek5
44Secret Oath牝354.9Luis Saez2 3/4D Wayne Lukas2
59Skippylongstocking牡357.2Junior Alvarado1 1/4Saffie A Joseph Jr7
アーリーヴォーティングが米G1プリークネスSを快勝、エピセンターは出遅れに泣く | JRA-VAN Ver.World
 米三冠レース2戦目のG1プリークネスステークス(3歳、ダート9.5ハロン)が現地21日にピムリコ競馬場で9頭により争われ、3番人気のアーリーヴォーティングが道中2番手キープから直線で抜け出し、追いす

2022年の第147回プリークネスS。米国クラシック三冠の2戦目となる”The Run for the Black-Eyed Susans”。いきなりの余談となってしまい恐縮ですが、プリークネスSが行われるピムリコ競馬場があるメリーランド州の州花であるブラックアイドスーザン。黄色い花弁が美しいキク科の花、和名はアラゲハンゴンソウ(粗毛反魂草)と言い、かつては夏に下総御料牧場で咲き誇り、牧場花とも呼ばれていたそうです。

クリックして000021219.pdfにアクセス

そんなブラックアイドスーザンのレイを賭けて行われるプリークネスS、2022年の第147回を制したのはEarly Voting。ケンタッキーダービー(米GI)馬Rich Strike(2019.4.25)は結局回避、ケンタッキーオークス(米GI)馬Secret Oath(2019.3.20)は再び牡馬相手に挑戦となった9頭立て。逃げた最低人気のArmagnac(2019.5.20)を追う形で終始先行2番手から進めた3番人気のEarly Voting、ピムリコの直線350mでいち早く先頭に立つと、出負けして道中後方2番手となった1番人気のEpicenter(2019.1.29)が最内を突いて迫りましたが、1と4分の1馬身差まで。Early Voting、キャリア4戦目のGI初挑戦で見事に勝利を収め、栄光の米国クラシック勝ち馬にその名を刻みました。

改めて鞍上を見れば逃げたArmagnacはイラッド・オルティス・ジュニア騎手、勝ったEarly Votingはホセ・オルティス騎手。結果だけを見れば、兄が先導役を務め、弟の勝利をアシストしたようにも見えますね。オルティスブラザーズの弟ホセ騎手、プリークネスSは初制覇となりました。メチャクチャ勝ちまくっているオルティスブラザーズですが、ベルモントS(米GI)1勝ずつに続いての米国三冠勝利となりました。

#兄のイラッド騎手が2016年のベルモントSをクリエイター(2013.3.30)、弟のホセ騎手が2017年のベルモントSをTapwrit(2014.3.28)で制しています。クリエイターがベルモントSを制した際の3着がラニ(2013.2.22)ですね。

*

Early Votingの父は今をときめく種牡馬Gun Runner。

種牡馬ガンランナー、初年度産駒の獲得賞金額の新記録達成 | JRA-VAN Ver.World
 種牡馬ガンランナーが、名種牡馬アンクルモーが持っていた初年度産駒の獲得賞金額の米国記録を更新した。米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じている。  ガンランナー産駒たちが獲得した賞金

Gun Runnerは現役時代に12勝を挙げ、その主な勝ち鞍にブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、ペガサスワールドカップ招待S(米GI)、ホイットニーS(米GI)、スティーブンフォスターH(米GI)、ウッドワードS(米GI)、クラークH(米GI)のGI6勝を含む北米グレードレース10勝の超活躍馬。特に4歳6月のスティーブンフォスターHを7馬身差勝ち以降が目覚ましく、ホイットニーSを5と4分の1馬身差、ウッドワードSを10と4分の1馬身差、ブリーダーズカップ・クラシックを2と4分の1馬身差、そして引退レースとなった5歳1月のペガサスワールドカップ招待Sを2と2分の1馬身差とGI5連勝をいずれも圧勝で遂げました。

第34回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の勝ち馬
Gun Runner 牡 栗毛 2013.3.8生 米国・Besilu Stables LLC生産 馬主・Winchell Thoroughbreds LLC & Three Chimneys Farm 米国・Steven As...
第2回ペガサスワールドカップ(米GI)の勝ち馬
Gun Runner 牡 栗毛 2013.3.8生 米国・Besilu Stables LLC生産 馬主・Winchell Thoroughbreds LLC & Three Chimneys Farm 米国・Steven As...

そんなGun Runnerについて、ブリーダーズカップ・クラシックを制した際に記した内容を引いておきますと、

母が米GII勝ち馬で、伯父がSaint Liamと来れば、これは活力十分な17号族b分枝系。伯父の代表勝ち鞍とGun Runnerの代表勝ち鞍が似通っていますが、米国の最強路線をひた走れば、当然そうなりますよね^_^;。伯父Saint Liamは種牡馬供用1年で惜しくも落命してしまいましたが、その初年度産駒に2011年のエクリプス賞年度代表馬Havre de Grace(2007.5.12)がいました。17号族b分枝系と言えば、Gun Runnerの曾祖母父でもあるLyphardと同系であり、繁殖能力も確かな牝系なのでしょう。気が早いですが、種牡馬Gun Runnerにも期待が掛かります。

まま、なんの気は無しに書いていますので、ね^^;。ともあれ、伯父Saint Liam(2000.4.13)が初年度産駒からHavre de Graceを輩出したように、繁殖馬としての能力の素質は近親馬からも伺えたGun Runner。ただ、それでも期待以上だったでしょう。この記事をアップした時点でも、

  1. Early Voting(2019.3.7)
    →プリークネスS(米GI)ほか。本稿の主役
  2. Echo Zulu(2019.4.7)
    →ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)ほか
  3. Cyberknife(2019.3.14)
    →アーカンソーダービー(米GI)
  4. Taiba(2019.4.13)
    →サンタアニタダービー(米GI)
  5. Gunite(2019.2.3)
    →ホープフルS(米GI)ほか

と、初年度産駒から既に5頭のGI馬を送り込んでいます。そりゃ、2022年のスタッドフィーも前年比2.5倍に跳ね上がりますわ笑

​初年度産駒が活躍のガンランナー、来年の種付け料は2.5倍に | JRA-VAN Ver.World
 今年デビューした初年度産駒から複数のG1馬が出るなど新種牡馬として大活躍したガンランナーの種付け料が、今年の5万ドル(約570万円)から12万5000ドル(約1400万円)に跳ね上がった。  これ

ついで述べておきますと、Early VotingはGun Runnerが繋養されているスリーチムニーズファームの生産馬ですね。

Gun Runner - Three Chimneys Farm

海外のスタッドやファームのWEB、種牡馬紹介ページがカッコ良いんですよね。Gun Runner、栗毛に星ひとつの駿馬、これからも良い仔をたくさん送り込んで欲しいものです。

*

種牡馬Gun Runnerに米国クラシック初制覇をプレゼントした孝行息子Early Voting。プリークネスS勝ち馬として向かう次のレースが気になるところ。果たして、三冠最終戦のベルモントSとなるのでしょうか。次走も楽しみにしておきましょう。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

##Early Voting。その馬名意味、日本語では「期日前投票」です。

*

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、某所のPOGでGun Runnerの仔グランアプロウソ(2019.1.26)を指名するかしないかで、迷った挙げ句にヤメたそうな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

で、グランアプロウソの新馬勝ちの後「あ、やっぱり指名していおいたら良かった」って、後悔したんですって。

マイシンザン
マイシンザン

まま、後の祭りやね。ともあれ、Gun Runnerの仔は本当によく走るな。