2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

メイショウダッサイ(2013.4.8)-第143回中山大障害(J・GI)の勝ち馬-

Result

メイショウダッサイ 牡 黒鹿毛 2013.4.8生 新ひだか・グランド牧場生産 馬主・松本好雄氏 栗東・飯田祐史厩舎

メイショウダッサイ(2013.4.8)の4代血統表
スズカマンボ
鹿毛 2001.4.28
種付け時活性値:0.75【11】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スプリングマンボ
鹿毛 1995.4.16
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
キーフライヤー
鹿毛 1986.3.30
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.3.26
スズカブルーム
鹿毛 2002.3.17
仔受胎時活性値:0.50【10】
スキャターザゴールド
黒鹿毛 1997.2.26
種付け時活性値:1.00【4】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Dance Smartly
黒鹿毛 1988.4.5
Danzig 1977.2.12
Classy’n Smart 1981.5.20
イエローブルーム
栗毛 1989.3.13
仔受胎時活性値:1.00【12】
パークリージエント
鹿毛 1981.5.26
種付け時活性値:1.75【7】
Vice Regent 1967.4.29
Miss Attractive 1970.3.19
グランドリーム
栗毛 1982.2.18
仔受胎時活性値:1.50【6】
トウシヨウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:0.00【8】
エリモルーシー
栗毛 1970.3.5
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×4、Northern Dancer5×5×5>

メイショウダッサイ(2013.4.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スズカマンボ
(サンデーサイレンス系)
スキャターザゴールド
(Mr. Prospector系)
パークリージエント
(Vice Regent系)
★トウシヨウボーイ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
パークリージエント
(Vice Regent)
3.75 従姉サンビスタ
(No. 16-h)
5番仔
(5連産目)

*

2020年の第143回中山大障害(J・GI。中山芝4100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
平均
1F
馬体重
[増減]
調教師
1 14メイショウダッサイ 牡7 63 森 一馬 4:40.7 2-3-3-2 13.7 512
[+4]
飯田 祐史 1
2 3ケンホファヴァルト 牡7 63 熊沢 重文 4:41.0 1 3/4 2-2-2-1 13.7 474
[+10]
森 秀行 9
3 11タガノエスプレッソ 牡8 63 平沢 健治 4:41.0 クビ 6-8-7-8 13.7 456
[-6]
五十嵐 忠男 3
4 12ブライトクォーツ 牡6 63 西谷 誠 4:41.3 1 1/2 6-4-4-3 13.7 478
[-10]
荒川 義之 2
5 2ヒロノタイリク 牡5 63 難波 剛健 4:41.4 3/4 11-10-7-6 13.7 512
[+12]
宮本 博 11

2020年の第143回中山大障害。絶対王者が居ない中で行われた16頭立ての一戦。戦前1番人気に推されたのは前走東京ハイジャンプ(J・GII)を制してやって来たメイショウダッサイ。J・GIでは昨年2019年の第142回中山大障害を4番人気3着、今年2020年の第22回中山グランドジャンプ(J・GI)を3番人気2着。一歩一歩頂きに近付いて「三度目の正直」となったのが今回の第143回中山大障害。森一馬騎手に御されたメイショウダッサイ、道中は先行6~8番手あたりで落ち着いて飛越、勝負どころに差し掛かる前には自然と3番手まで進出。最後の障害、先頭でジャンプした9番人気のケンホファヴァルト(2013.6.8)と熊沢重文騎手の強気な騎乗、ダートコースを横切り最後の直線に入ってもそれほど衰えなかった脚色でしたが、外から強襲したメイショウダッサイと森騎手。一歩一歩詰め寄ると、最後は1と4分の3馬身差し切ったところが決勝点。見事1番人気に応えての快勝でした。

メイショウダッサイと森騎手、今回の第143回中山大障害が馬人共に嬉しいJ・GI初勝利。ゴール後、笑顔を見せられて、メイショウダッサイの左首筋を優しくポンポンとされた森騎手。昨年2019年も障害競走15勝を挙げてJRA賞最優秀障害騎手を受賞されましたが、今年2020年も中山大障害勝利時点で障害競走14勝を挙げて2年連続の障害首位騎手を獲得されました。森騎手と言えば、デビュー3年目の2013年の神戸新聞杯(GII)において、所属する松永昌博厩舎のマジェスティハーツ(2010.5.20)でエピファネイア(2010.2.11)の2着に追い込んだことが懐かしく思い出されます。森騎手はまだ27歳、伸び行く若者のこれからに期待したいと思います。

メイショウダッサイ。「ダッサイ」と聞くと山口県の名酒「獺祭」を思うところですが、

獺祭の蔵元|旭酒造株式会社

メイショウダッサイの馬名意味は「冠名+獺祭」ということ。メイショウダッサイ、名酒「獺祭」に負けないくらい名を挙げる障害の名馬に登り詰めて欲しいものです。そしてその背には絶えず森騎手の姿があらんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

名手が予言した森一馬リーディング/19年取材メモ | 極ウマ・プレミアム
名手が予言した森一馬リーディング/19年取材メモ。極ウマ・プレミアムは、日刊スポーツ新聞社が提供する有料会員サイトです。毎週末に騎手・調教師インタビューを動画で配信しています!