第142回英チャンピオンS(GI)の勝ち馬-Magical(2015.5.18)+α-

Result

Magical(マジカル) 牝 鹿毛 2015.5.18生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Magical(2015.5.18)の4代血統表

Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.00

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28 ♀
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Halfway To Heaven
黒鹿毛 2005.4.25
仔受胎時活性値:0.25
Pivotal
栗毛 1993.1.19
種付け時活性値:0.75
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
Nureyev 1977.5.2
Marie d’Argonne 1981.3.21
Fearless Revival
栗毛 1987.3.3
Cozzene 1980.5.8
Stufida 1981.3.12
Cassandra Go
芦毛 1996.4.3
仔受胎時活性値:2.00
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.50
▲Ahonoora 1975.4.12
Hillbrow 1975
Rahaam
芦毛 1987.3.4
仔受胎時活性値:2.00
セクレト
鹿毛 1981.2.12
種付け時活性値:1.25
Fager’s Glory
芦毛 1976.2.4
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5×5、Special(♀)4×5、Mr. Prospector4×5>

Magical(2015.5.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
Indian Ridge
(Clarion系)
セクレト
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
セクレト
(Betty’s Secret)
4.75 母と全姉が共にGI3勝馬
(No. 3-d)
5番仔?
(2連産目?)

*

2019年の第142回英チャンピオンS(GI。アスコット芝9F212y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6Magical 牝4 58.1 Donnacha O’Brien 2:08.42 A P O’Brien 1
2 1 Addeybb せん5 59.4 James Doyle 3/4 William Haggas 3
3 4ディアドラ 牝5 58.1 Oisin Murphy 2 1/4 橋田 満 4
4 7 Fox Tal 牡3 57.6 Silvestre De Sousa アタマ Andrew Balding 7
5 9 Mehdaayih 牝3 56.2 Robert Havlin 1 John Gosden 5

2019年の第142回英チャンピオンS。ブリティッシュ・チャンピオンズデーに行われるレースのうち、最高の賞金総額となる130万ポンド、1着賞金73万7230ポンドを誇るこの一戦。勝利を収めたのは、第98回凱旋門賞(仏GI)から中1週で臨んだ1番人気の4歳牝馬Magical。タフに走り続けてグループレース勝ちは8勝目、うちGIは4勝目となりました。母と全姉のGI3勝を超えたMagical、当代の名牝Enable(2014.2.12)に2度4分の3馬身差まで詰め寄ったその実力、サスガです。

本邦期待のディアドラ(2014.4.4)は、直線で進路を変えながらも、最後まで懸命の追い込みを見せて3着。3月末のドバイターフ(UAE・GI)4着以降は海外を転戦して、4月のクイーンエリザベス2世カップ(香GI)6着、6月のプリンスオブウェールズS(英GI)6着、8月のナッソーS(英GI)では英国のファンをあっと驚かせて1着、9月の愛チャンピオンS(GI)4着、そして10月の英チャンピオンS3着。後は、12月の香港カップ(GI)で昨年2着の借りを返す、というところでしょうか。挑戦を続ける馬と陣営に拍手を送るのみです。

*

ブリティッシュ・チャンピオンズデーの他のGIレースの勝ち馬もすべて紹介したいところですが、余力が無いため^^;、1頭だけ併せてご案内しておきます。

Donjuan Triumphant(ドンファントライアンファント) 牡 鹿毛 2013.3.24生 愛国・Patrick Cosgrove & Dream Ahead Syndicate生産 馬主・King Power Racing Co Ltd 英国・Andrew Balding厩舎

Donjuan Triumphant(2013.3.24)の4代血統表
Dream Ahead
黒鹿毛 2008.2.20
種付け時活性値:1.00
ディクタット
黒鹿毛 1995.2.25
ウォーニング
黒鹿毛 1985.4.13
Known Fact 1977.3.15
Slightly Dangerous 1979.4.8
アルヴォラ
鹿毛 1990.5.1
★Sadler’s Wells 1981.4.11
Park Appeal 1982.4.9
Land of Dreams
鹿毛 1995.2.11
Cadeaux Genereux
栗毛 1985.3.22
★Young Generation 1976.4.29
Smarten Up 1975.5.20
Sahara Star
黒鹿毛 1989.2.17
Green Desert 1983.4.16
Vaigly Star 1979.4.30
Mathuna
鹿毛 2004.2.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Tagula
鹿毛 1993.3.3
種付け時活性値:0.50
Taufan
鹿毛 1977.2.19
Stop the Music 1970.3.23
Stolen Date 1970.4.3
Twin Island
栗毛 1989.3.5
Standaan 1976.3.15
Jolly Widow 1974
Sigonella
鹿毛 1996.4.23
仔受胎時活性値:1.75
★Priolo
鹿毛 1987.3.17
種付け時活性値:0.00
Sovereign Dancer 1975.1.24
Primevere 1982.3.30
Stellina
鹿毛 1988.4.10
仔受胎時活性値:1.75
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.75
Mariella
鹿毛 1977.4.21
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Donjuan Triumphant(2013.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dream Ahead
(Intent系)
Tagula
(Hail to Reason系)
★Priolo
(Northern Dancer系)
Caerleon
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Caerleon
(Stellina)
6.00 or 4.00 叔母が仏GIII勝ち馬
(No. 4-l)
4番仔?
(2連産目?)

*

2019年の第74回英チャンピオンズスプリントS(英GI。アスコット芝6F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Donjuan Triumphant 牡6 58.1 Silvestre De Sousa 1:16.43 Andrew Balding 13
2 15 One Master 牝5 56.7 Pierre-Charles Boudot 1 William Haggas 1
3 16 Forever In Dreams 牝3 56.2 Jamie Spencer クビ Aidan F Fogarty 16
4 1 Brando せん7 58.1 Tom Eaves ハナ Kevin Ryan 11
5 7 Make A Challenge せん4 58.1 Joe Doyle 1 1/2 Denis Gerard Hogan 4

2019年の第74回英チャンピオンズスプリントS。凱旋門賞ウィークエンドに行われたフォレ賞(仏GI)で連覇を果たしていた5歳牝馬One Master(2014.4.1)が1番人気に推されていたこの一戦。勝利を収めたは、17頭立て13番人気だったDonjuan Triumphant。最後は1馬身抜け出して意気揚々とアップセットを見せたDonjuan Triumphant、グループレース勝ちは2歳時のクリテリウム・ド・メゾンラフィット(仏GII)以来、実に4年ぶりのこと。そしてまた、英チャンピオンズスプリントSは4年連続出走だったDonjuan Triumphant、息長く元気に走っていれば、その努力が実ることもあります。

Donjuan Triumphantの父はDream Ahead。同馬は現役時代に6勝を挙げ、その主な勝ち鞍にジュライC(英GI)、スプリントC(英GI)、フォレ賞、ミドルパークS(英GI)、モルニ賞(仏GI)とGI5勝があります。2歳時にはかのFrankel(2008.2.11)と並ぶレーティング126を獲得し、3歳時にはカルティエ賞最優秀短距離馬に選出された超一線級のスプリンターでした。

404 Not Found

ええ。Donjuan Triumphantを紹介した理由は、Dream Ahead~ディクタット~ウォーニングと辿る直父系がMatchem(1748)系だからですね(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。