State of Rest(2018.4.11)-第129回プリンスオブウェールズS(英GI)の勝ち馬-

Result

State of Rest(2018.4.11)の4代血統表
Starspangledbanner(AUS)
栗毛 2006.9.10
種付け時活性値:0.625【10.5】
Choisir
栗毛 1999.9.18
Danehill Dancer
鹿毛 1993.1.30
デインヒル 1986.3.26
Mira Adonde 1986.4.19
Great Selection
栗毛 1990.9.27
Lunchtime 1970
Pensive Mood 1983.10.26
Gold Anthem
栗毛 1999.9.25
Made of Gold
栗毛 1989.4.19
▲Green Forest 1979.2.18
Vindaria 1974.4.22
National Song
栗毛 1992.11.23
Vain 1966.9.5
Olympic Aim 1983.10.15
Repose(USA)
鹿毛 2012.4.28
仔受胎時活性値:1.25【5】
Quiet American(USA)
鹿毛 1986.4.29
種付け時活性値:0.25【25】
★Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Demure
鹿毛 1977.4.4
Dr. Fager 1964.4.6
Quiet Charm 1971.2.25
Monaassabaat(USA)
栗毛 1991.4.28
仔受胎時活性値:1.00【20】
Zilzal(USA)
栗毛 1986.3.31
種付け時活性値:1.00【4】
Nureyev 1977.5.2
French Charmer 1978.4.21
It’s in the Air(USA)
鹿毛 1976.2.10
仔受胎時活性値:1.50【14】
Mr. Prospector(USA)
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.25【5】
A Wind Is Rising(USA)
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4(母方)、Dr. Fager4×5(母方)>

State of Rest(2018.4.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Starspangledbanner
(デインヒル系)
Quiet American
(Mr. Prospector系)
Zilzal
(Nureyev系)
◆Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Mr. Prospector
(It’s in the Air)
5.25 曾祖母が米GI5勝馬
(No. 4-k)
初仔?

*

2022年の第129回プリンスオブウェールズS(英GI。アスコット芝9F212y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4State of Rest 牡4 58.1 Shane Crosse 2:07.79 Joseph Patrick O’Brien 3
2 1 Bay Bridge 牡4 58.1 Ryan Moore 1 Sir Michael Stoute 1
3 5 Grand Glory 牝6 56.7 Mickael Barzalona 2 1/4 Gianluca Bietolini 5
4 3シャフリヤール 牡4 58.1 Cristian Demuro アタマ 藤原 英昭 4
5 2Lord North 牡6 58.1 Frankie Dettori 3 1/2 John & Thady Gosden 2
シャフリヤールはプリンスオブウェールズS4着、ステートオブレスト逃げ切り | JRA-VAN Ver.World
 現地15日、英アスコット競馬場でG1プリンスオブウェールズステークス(芝10ハロン)が行われ、日本から参戦したシャフリヤール(2番人気)は5頭立ての4着に敗れた。  C.デムーロ騎乗のシャフリヤー

2022年の第129回プリンスオブウェールズS。ロイヤルアスコット開催の2日目のメイン、欧州古馬の中距離王決定戦のひとつであるプリンスオブウェールズSは今年2022年から賞金総額が100万ポンドに増額され、プラチナジュビリーS(英GI)と共にロイヤルアスコット開催で初めての100万ポンド競走となりました。

そんなプリンスオブウェールズSの第129回は、シャフリヤール(2018.4.13)の出走もあり、本邦では例年以上に注目が集まりました。

シャフリヤール(2018.4.13)-第24回ドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬-
シャフリヤール(Shahryar) 牡 黒鹿毛 2018.4.13生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・藤原 英昭厩舎

5頭立ての少頭数の一戦。発馬でいきなりのアクシデント。2020年の第127回の勝ち馬にしてドバイターフ(UAE・GI)連覇の強豪Lord North(2016.2.9)、目隠しが上手く外されない状態のまま開扉となり大きく出遅れ。思わず「実質4頭立てになったで……」とつぶやいていました。

Ghaiyyath(2015.4.19)-第49回英インターナショナルS(GI)の勝ち馬+α-
Ghaiyyath(ガイヤース) 牡 鹿毛 2015.4.19生 愛国・Springbank Way Stud生産 馬主・Godolphin 英国・Charlie Appleby厩舎 Lord North(ロードノース) せん 鹿毛 2016.2.9生 愛国・Godolphin生産 馬主・HH Sheikh Zayed bin Mohammed Racing 英国・John Gosden厩舎

レースは20歳の若手気鋭シェーン・クロース騎手鞍上のState of Restが敢然と先頭に立ち、シャフリヤールが番手、戦前まで5連勝で1番人気に推されたBay Bridge(2018.4.1)が続き、昨年2021年のジャパンカップ(GI)にも出走した紅一点のGrand Glory(2016.4.19)、そしてLord Northという隊列。道中は馬順の入れ替わりもなく淡々と流れ、最後の直線500mの力比べへ。

10ハロン級のレースでの実績で言えば、戦前まで米豪仏GI3勝を挙げていたState of Rest。伊達や酔狂でそんな芸当が出来る訳もなく、逃げた脚色は一向に衰えを見せず。Bay Bridgeが外から先頭に迫ろうとすると、シャフリヤールは直線の厳しい坂に惑ったのか伸び脚を見せられず後退。最後はState of RestがBay Bridgeを1馬身振り切ったところが決勝点。シャフリヤールはGrand Gloryとの3着争いにアタマ差敗れて4着まで。英国の中距離芝GIの厳しさを見せ付けられてしまいました。

*

State of Restは2021年8月のサラトガダービー(米GI)1着、10月のコックスプレート(豪GI)1着、

State of Rest(2018.4.11)-第101回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-
State of Rest(ステートオブレスト) 牡 鹿毛 2018.4.11生 愛国・Tinnakill Bloodstock Ltd生産 馬主・Teme Valley Racing 愛国・Joseph Patrick O'Brien厩舎

そして2022年5月のガネー賞(米GI)1着とGI3連勝の後、5月のタタソールズゴールドC(愛GI)3着と敗れてしまったものの、6月のプリンスオブウェールズSで1着。むぅ、米豪仏愛英と5カ国でGIレースばかり出走して5戦4勝3着1回ですから、これは強い。異国を渡り歩くタフネスさに脱帽します。

繰り返し記すことになり恐縮ですが、State of Restの曾祖母It’s in the Airは大種牡馬Mr. Prospectorの初年度産駒として北米16勝を挙げ、その主な勝ち鞍にヴァニティH(米GI)2回、アラバマS(米GI)、ラフィアンH(米GI)、デラウェアオークス(米GI)とGI5勝があり、1978年のエクリプス賞最優秀2歳牝馬に選出された名牝。昨年から今年にかけてIt’s in the Airを曾祖母に持つ馬が世界の10ハロン級で活躍を見せており、2021年のドバイワールドカップ(UAE・GI)を制したMystic Guide(2017.2.26)、2022年の金鯱賞(GII)まで5連勝を果たしたジャックドール(2018.4.8)等も同牝系となります。

Mystic Guide(2017.2.26)-第25回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-
Mystic Guide(ミスティックガイド) 牡 栗毛 2017.2.26生 米国・Godolphin生産 馬主・Godolphin, LLC米国・Michael Stidham厩舎
ジャックドール(2018.4.8)-第58回金鯱賞(GII)の勝ち馬-
ジャックドール 牡 栗毛 2018.4.8生 日高町・クラウン日高牧場生産 馬主・前原 敏行氏 栗東・藤岡 健一厩舎

ジャックドールは今秋の天皇賞・秋(GI)が楽しみな1頭ですね(^^)

*

改めて芝中距離での強さを示したState of Rest。10ハロン級の欧州王道路線ならば7月のエクリプスS(英GI)、8月のインターナショナルS(英GI)、9月の愛チャンピオンS(GI)等が気になるところですが、若手敏腕調教師として名を馳せつつあるジョセフ・パトリック・オブライエン調教師やオーナー陣営の選択や如何に。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

ロードノースにまさかのアクシデント、目隠し取れず大出遅れで最下位 | JRA-VAN Ver.World
 現地15日、英アスコット競馬場で行われたG1プリンスオブウェールズステークス(芝10ハロン)で、L.デットーリ騎乗のロードノースがゲート内での思わぬアクシデントで大きく出遅れるトラブルに見舞われた。
シャフリヤールは21日に帰国 右後脚の動き良くないが触診では問題なし | 競馬ニュース - netkeiba.com
 15日のプリンスオブウェールズSで4着だったシャフリヤール(牡4歳、栗東・藤原)が、21日に英国を出発して帰国することになった。17日、所属するサンデーサラブレッドクラブがホームページで発表した。 … No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。