Love(2017.4.13)-第128回プリンスオブウェールズS(英GI)の勝ち馬-

Result

Love(ラブ) 牝 栗毛 2017.4.13生 愛国・Coolmore生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O’Brien厩舎

Love(2017.4.13)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.50

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28 ♀
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Pikaboo
栗毛 2003.3.1
仔受胎時活性値:1.25
Pivotal
栗毛 1993.1.19
種付け時活性値:0.25
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
Nureyev 1977.5.2
Marie d’Argonne 1981.3.21
Fearless Revival
栗毛 1987.3.3
Cozzene 1980.5.8
Stufida 1981.3.12
Gleam of Light
鹿毛 1991.2.21
仔受胎時活性値:0.75
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.00
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Gold Runner
鹿毛 1985.3.27
仔受胎時活性値:1.25
Runnett
鹿毛 1977.3.16
種付け時活性値:1.75
African Doll
鹿毛 1978.3.16
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5×5、Special(♀)4×5>

Love(2017.4.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
デインヒル
(Danzig系)
Runnett
(Owen Tudor系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Runnett
(Rennet)
4.75 姉3頭がGレース勝ち馬
(No. 1-k)
8番仔?
(4連産目?)

*

2021年の第128回プリンスオブウェールズS(英GI。アスコット芝9F212y)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Love 牝4 55.8 Ryan Moore 2:06.86 A P O’Brien 1
2 6 Audarya 牝5 55.8 William Buick 3/4 James Fanshawe 5
3 1 Armory 牡4 57.2 Seamie Heffernan 3/4 A P O’Brien 2
4 4 My Oberon 牡4 57.2 Tom Marquand 1 3/4 William Haggas 3
5 2 Desert Encounter せん9 57.2 Andrea Atzeni 1 1/4 David Simcock 6
6 5 Sangarius 牡5 57.2 Colin Keane 5 1/2 Sir Michael Stoute 4
ラブが休み明けの不安を一蹴、英G1プリンスオブウェールズSを制す | JRA-VAN Ver.World
 現地16日、英ロイヤルアスコット開催でG1プリンスオブウェールズステークス(芝10ハロン)が行われ、1番人気に推されていた昨年の英二冠牝馬ラブが期待に応えた。  G1ドバイターフ覇者ロードノースが

2021年の第128回プリンスオブウェールズS。ディフェンディングチャンピオンのLord North(2016.2.9)が速い馬場を嫌って回避し、6頭立てとなったロイヤルアスコット開催の中距離王者決定戦。押し出されるように逃げる形になったのは、昨年2020年の英国牝馬クラシック二冠馬Love。

Love(2017.4.13)-第207回英1000ギニー(GI)の勝ち馬-
Love(ラブ) 牝 栗毛 2017.4.13生 愛国・Coolmore生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O'Brien厩舎
Love(2017.4.13)-第242回英オークス(GI)の勝ち馬-
Love(ラブ) 牝 栗毛 2017.4.13生 愛国・Coolmore生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O'Brien厩舎

二冠達成後にヨークシャーオークス(英GI)も制した後、10ヶ月の休養明けとなったこのレース。ライアン・ムーア騎手の巧みなエスコートに応えたLove、後続を引き連れた逃げで脚を溜めると、直線では持続的な鋭脚を見せて、外から襲い掛かったブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI)の勝ち馬Audarya(2016.4.21)を4分の3馬身差振り切ったところが決勝点。Love、2021年の初戦を飾ると共に牡牝混合GI初制覇、GI4連勝でGI通算5勝目を果たしました。

#Loveは2019年の2歳時にモイグレアスタッドS(愛GI)を制しています。今回のプリンスオブウェールズSにより3年連続GI勝利ともなりました。

Love、今年の「この後」が気になるところですが、↑で引いた「JRA-VAN Ver.World」の記事によりますと、

今後についてオブライエン調教師は「キングジョージにエクリプス、選択肢は無数にある」としつつも、7月の英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスへの出走が有力であることを示唆している。

Loveの最大の強敵は、もしかしたら、同厩舎の1歳年下の第243代英オークス(GI)馬なのかも知れませんね。

Snowfall(2018.2.9)-第243回英オークス(GI)の勝ち馬-
Snowfall(スノーフォール) 牝 鹿毛 2018.2.9生 日本・Roncon, Chelston Ire & Wynatt(安平・ノーザンファーム)生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。