アーモンドアイ(2015.3.10)-牝馬三冠馬を辿る(No.5)-

Special feature

アーモンドアイ 牝 鹿毛 2015.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・国枝栄厩舎

アーモンドアイ(2015.3.10)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.50【6】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
フサイチパンドラ
栗毛 2003.2.27
仔受胎時活性値:0.75【11】

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00【16】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.9
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ロッタレース
栗毛 1992.3.3
仔受胎時活性値:0.50【10】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.50【14】
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Sex Appeal
栗毛 1970.5.12
仔受胎時活性値:1.25【21】
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
種付け時活性値:1.50【6】
Best in Show
栗毛 1965.4.29
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Nureyev5×3、Northern Dancer5×4>

アーモンドアイ(2015.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Buckpasser
(Tom Fool系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ロードカナロア 3.50 母がGI勝ち馬
(No. 8-f)
7番仔
(7連産目)

*

2018年の第52回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII。京都芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3アーモンドアイ 牝3 54 戸崎 圭太 1:37.1 9-9 34.4 464
[-2]
国枝 栄 1
2 7ツヅミモン 牝3 54 秋山 真一郎 1:37.4 1 3/4 2-2 35.5 540
[0]
藤岡 健一 7
3 11カシアス 牡3 57 浜中 俊 1:37.4 クビ 1-1 35.6 482
[+2]
清水 久詞 4
4 2ファストアプローチ 牡3 56 M.デムーロ 1:37.8 2 1/2 7-6 35.2 538
[-2]
藤沢 和雄 2
5 9カフジバンガード 牡3 56 藤岡 康太 1:37.9 1/2 9-9 35.1 470
[-10]
松元 茂樹 3

*

2018年の第78回桜花賞(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール 1:33.1 15-16 33.2 462
[-2]
国枝 栄 2
2 1ラッキーライラック 牝3 55 石橋 脩 1:33.4 1 3/4 3-3 34.5 488
[-6]
松永 幹夫 1
3 9リリーノーブル 牝3 55 川田 将雅 1:33.5 1/2 6-6 34.3 498
[0]
藤岡 健一 3
4 7トーセンブレス 牝3 55 柴田 善臣 1:33.8 1 3/4 13-13 34.2 456
[0]
加藤 征弘 8
5 17マウレア 牝3 55 武 豊 1:33.8 ハナ 12-9 34.4 440
[+2]
手塚 貴久 4

*

2018年の第79回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール 2:23.8 6-6-6-5 33.2 466
[+4]
国枝 栄 1
2 1リリーノーブル 牝3 55 川田 将雅 2:24.1 2 3-3-3-3 33.9 496
[-2]
藤岡 健一 4
3 2ラッキーライラック 牝3 55 石橋 脩 2:24.4 1 3/4 4-5-4-5 33.9 492
[+4]
松永 幹夫 2
4 10レッドサクヤ 牝3 55 福永 祐一 2:24.7 1 3/4 6-7-7-7 33.9 466
[0]
藤原 英昭 11
5 3マウレア 牝3 55 武 豊 2:24.8 1/2 8-8-8-7 34.0 438
[-2]
手塚 貴久 6

*

2018年の第23回秋華賞(GI。京都芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール 1:58.5 11-11-11-12 33.6 480
[+14]
国枝 栄 1
2 13ミッキーチャーム 牝3 55 川田 将雅 1:58.7 1 1/2 1-1-1-1 35.4 452
[+2]
中内田 充正 5
3 2カンタービレ 牝3 55 武 豊 1:58.9 1 11-12-13-12 33.9 434
[0]
中竹 和也 3
4 5サラキア 牝3 55 池添 謙一 1:59.0 3/4 8-9-7-6 34.6 442
[-8]
池添 学 4
5 1ラテュロス 牝3 55 秋山 真一郎 1:59.0 ハナ 6-6-5-5 34.9 418
[0]
高野 友和 13

*

「目千両」アーモンドアイ、平成から令和の天才少女の物語は現在進行形です。今秋の活躍も楽しみにしています。

[アーモンドアイ(2015.3.10)の主な競走成績](2020年10月17日時点)

  1. 優駿牝馬(GI)桜花賞(GI)秋華賞(GI)ジャパンカップ(GI)天皇賞・秋(GI)ヴィクトリアマイル(GI)ドバイターフ(UAE・GI)、シンザン記念(GIII)
  2. 安田記念(GI)
  3. 安田記念(GI)

通算13戦9勝、2着2回、3着1回。

*

そんな訳で、

牝馬三冠馬を辿る
No. 馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1メジロラモーヌ
(1983.4.9)
[9-f アマゾンウオリアー系]
5番仔
(不受胎後)
[4.00]
モガミ
(Lyphard系)
ネヴアービート
(Never Say Die系)
Khaled
(Hyperion系)
War Relic
(Man o’ War系)
2スティルインラブ
(2000.5.2)

[10-d]
10番仔
(10連産目)
[3.25]
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Roberto
(Hail to Reason系)
Northern Dancer
(Nearctic系)
Creme dela Creme
(Hyperion系)
3アパパネ
(2007.4.20)
[9-f]
3番仔
(3連産目)
[5.75]
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Salt Lake
(Deputy Minister系)
Spectacular Bid
(Bold Ruler系)
Hard Work
(Owen Tudor系)
4ジェンティルドンナ
(2009.2.20)

[16-f]
2番仔
(2連産目)
[5.75 or 3.75]
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Bertolini
(Danzig系)
リフアーズスペシヤル
(Lyphard系)
ジユニアス
(Bold Ruler系)
5アーモンドアイ
(2015.3.10)

[8-f]
7番仔
(7連産目)
[3.50]
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
◆Nureyev
(Northern Dancer系)
Buckpasser
(Tom Fool系)

と辿って参りました「牝馬三冠馬を辿る」シリーズ。2020年代の青き女王デアリングタクト(2017.4.15)、先輩5頭に続くことが出来るか、ただただ楽しみです。

2020年のクラシック候補生(牝馬編)より
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
GIデアリングタクト
(2017.4.15)
[1-l]
2番仔
(2連産目)
[5.50 or 3.50]
エピファネイア
(Roberto系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Danzig
(Northern Dancer系)

果たして史上6頭目の牝馬三冠馬、そしてまた史上初の「無敗の牝馬三冠馬」が成されますでしょうか。大一番は2020年10月18日の日曜日、15時40分の発走です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。