ジェンティルドンナ(2009.2.20)-牝馬三冠馬を辿る(No.4)-

Special feature

ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50【6】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
ドナブリーニ
栗毛 2003.3.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
Bertolini
鹿毛 1996.2.9
種付け時活性値:1.50【6】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Aquilegia
栗毛 1989.4.25
Alydar 1975.3.23
Courtly Dee 1968.3.8
Cal Norma’s Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:1.50【14】
リフアーズスペシヤル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75【7】
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00【4】
ジユニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50【6】
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×4、Northern Dancer4×5×5>

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Bertolini
(Danzig系)
リフアーズスペシヤル
(Lyphard系)
ジユニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リフアーズスペシヤル
(ドナブリーニ)
5.75 or 3.75 母が英GI勝ち馬&全姉ドナウブルー
(No. 16-f)
2番仔
(2連産目)

*

2012年の第46回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII。京都芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7 ジェンティルドンナ 牝3 54 C.ルメール 1:34.3  3-4 34.7 466
[-4]
石坂 正 2
2 3 マイネルアトラクト 牡3 56 岩田 康誠 1:34.5 1 1/4 3-3 35.0 512
[-8]
斎藤 誠 9
3 6 プレミアムブルー 牡3 56 幸 英明 1:34.7 1 1/4 2-2 35.3 464
[-4]
鈴木 孝志 11
4 11 トウケイヘイロー 牡3 56 後藤 浩輝 1:34.7 クビ 3-4 35.1 480
[+6]
清水 久詞 1
5 12 シゲルアセロラ 牡3 56 勝浦 正樹 1:34.8 3/4 1-1 36.0 472
[-4]
目野 哲也 6

*

2012年の第19回チューリップ賞(GIII。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12ハナズゴール 牝3 54 C.デムーロ 1:35.5  8-8 34.0 414
[-12]
加藤 和宏 4
2 14 エピセアローム 牝3 54 浜中 俊 1:35.9 2 1/2 7-6 34.6 460
[-12]
石坂 正 3
3 5ジョワドヴィーヴル 牝3 54 福永 祐一 1:36.0 クビ 5-6 34.8 420
[+2]
松田 博資 1
4 1 ジェンティルドンナ 牝3 54 岩田 康誠 1:36.1 1/2 8-8 34.7 460
[-6]
石坂 正 2
5 3 スピークソフトリー 牝3 54 武 幸四郎 1:36.2 3/4 5-4 35.1 466
[-8]
千田 輝彦 7

*

2012年の第72回桜花賞(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10ジェンティルドンナ 牝3 55 岩田 康誠 1:34.6  10-10 34.3 456
[-4]
石坂 正 2
2 15ヴィルシーナ 牝3 55 内田 博幸 1:34.7 1/2 4-4 35.1 434
[-4]
友道 康夫 4
3 11 アイムユアーズ 牝3 55 N.ピンナ 1:34.8 1/2 7-6 34.9 450
[0]
手塚 貴久 3
4 13 サウンドオブハート 牝3 55 松岡 正海 1:35.1 1 3/4 9-9 35.0 448
[-4]
松山 康久 5
5 7 メイショウスザンナ 牝3 55 武 豊 1:35.1 クビ 10-10 34.9 448
[+8]
高橋 義忠 11

2012年の第72回桜花賞。百花繚乱の混戦を制したのは、一刀両断とばかりにメンバー最速の上がり3ハロン34秒3の鋭脚を繰り出して、ジェンティルドンナ。頂上を目指した大魔神の持ち馬を、貴婦人が最後に2分の1馬身だけ差し切ったところが決勝点。ジェンティルドンナ、男馬を相手にシンザン記念勝ちを収めていた能力は伊達ではありませんでした。熱発が響いたチューリップ賞でも0秒6差4着と踏ん張っていた底力。サスガでした。

この桜花賞の結果を受けて「軽快な母系だけに果たしてとも思いますが、3歳春の牝馬どうしの争いならば距離もどうにかなるのでしょう」と思っていた私。

貴婦人の能力はそんな小さな枠では収まりませんでした^^;

*

2012年の第73回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14ジェンティルドンナ 牝3 55 川田 将雅 2:23.6  13-14-14-15 34.2 460
[+4]
石坂 正 3
2 9ヴィルシーナ 牝3 55 内田 博幸 2:24.4 5 6-8-8-9 35.3 432
[-2]
友道 康夫 2
3 3 アイスフォーリス 牝3 55 松岡 正海 2:24.5 3/4 8-6-6-7 35.6 458
[0]
相沢 郁 9
4 1 アイムユアーズ 牝3 55 C.ウィリアムズ 2:24.5 ハナ 4-4-4-4 35.9 444
[-6]
手塚 貴久 4
5 15 サンキューアスク 牝3 55 北村 宏司 2:24.7 1 17-17-14-11 35.5 480
[-4]
伊藤 正徳 17

2012年の第73回優駿牝馬。桜花賞に続いて牝馬二冠を達成したジェンティルドンナは、ただ1頭だけ上がり3ハロン34秒台の脚を繰り出して5馬身差の圧勝。そして勝ち時計2分23秒6は優駿牝馬のレースレコード。誰や「軽快な母系だけに果たしてとも思いますが、3歳春の牝馬どうしの争いならば距離もどうにかなるのでしょう」なんて思ったのは……。距離が伸びたほうがメチャクチャ強いやないかーい^^;。ジェンティルドンナ、恐れ入谷の鬼子母神でしたm(_ _)m

終わってみれば桜花賞の1着、2着がそのまま優駿牝馬でも1着、2着。そして、ディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュ。2012年の戦前、春季の優駿牝馬で同一種牡馬のワンツーフィニッシュは2003年のスティルインラブ(2000.5.2)とチューニー(2000.3.18)で決まった1回だけでしたが、サスガはディープインパクトというところで、父サンデーサイレンスに続いたのでした。

スティルインラブ(2000.5.2)-牝馬三冠馬を辿る(No.2)-
スティルインラブ 牝 栗毛 2000.5.2生~2007.8.2没 門別・下河辺牧場生産 馬主・(有)ノースヒルズマネジメント 栗東・松元省一厩舎

*

2012年の第30回関西テレビ放送賞ローズS(GII。阪神芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 ジェンティルドンナ 牝3 54 岩田 康誠 1:46.8  2-2 33.2 472
[+12]
石坂 正 1
2 7ヴィルシーナ 牝3 54 内田 博幸 1:47.0 1 1/2 5-5 33.2 450
[+18]
友道 康夫 2
3 8 ラスヴェンチュラス 牝3 54 川田 将雅 1:47.1 3/4 6-7 33.1 408
[-10]
小島 茂之 3
4 3 キャトルフィーユ 牝3 54 福永 祐一 1:47.2 クビ 2-3 33.5 452
[+2]
角居 勝彦 5
5 4 トーセンベニザクラ 牝3 54 武 豊 1:47.2 ハナ 9-9 33.0 434
[+10]
柴崎 勇 4

*

2012年の第17回秋華賞(GI。京都芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14ジェンティルドンナ 牝3 55 岩田 康誠 2:00.4  8-9-9-9 33.1 474
[+2]
石坂 正 1
2 1ヴィルシーナ 牝3 55 内田 博幸 2:00.4 ハナ 1-1-2-2 33.9 450
[0]
友道 康夫 2
3 2 アロマティコ 牝3 55 佐藤 哲三 2:00.6 1 1/2 11-11-11-11 33.1 458
[0]
佐々木 晶三 6
4 3 ブリッジクライム 牝3 55 大野 拓弥 2:00.7 1/2 16-14-14-11 33.0 446
[0]
鈴木 康弘 11
5 6 チェリーメドゥーサ 牝3 55 小牧 太 2:00.7 ハナ 17-18-1-1 35.5 436
[0]
小西 一男 15

2012年の第17回秋華賞。史上4頭目の牝馬三冠、成る。史上初めての父娘三冠馬、成る。最後の最後、決勝点でわずかに「ハナ」差先んじて、ジェンティルドンナ。その天賦の才で以てして、力尽くで、牝馬三冠をもぎ取りました。そして、平成のカツラシュウホウ(1955.3.19)と言うべきなのか、ヴィルシーナ(2009.3.5)は牝馬三冠すべてで銀メダル。ディープインパクトの娘どうしの3歳牝馬限定GIレースにおける争いは、残酷な明暗の色合いをにじませながら、終わりを見せました。

それでも、ヴィルシーナがサスガの能力の持ち主であったことは、後のヴィクトリアマイル(GI)連覇でも窺い知れます。

ジェンティルドンナが、ただただ、強すぎました。

*

牝馬三冠の後も史上初の3歳牝馬によるジャパンカップ(GI)制覇、やはり史上初のジャパンカップ連覇、日本の牝馬としては初めてのドバイシーマクラシック(UAE・GI)勝利、そしてまた大団円となった引退レースの有馬記念(GI)勝ち。最終的にはGI7勝を挙げたジェンティルドンナ、日本競馬史上に残る名牝の一角として、その名を刻みました。

ジェンティルドンナには当然繁殖牝馬としても期待が掛かります。初仔モアナアネラ(2016.2.15)は3勝を挙げており、3番仔ジェラルディーナ(2018.5.12)はデビュー戦3着でした。貴婦人の仔たちの走り、これからも楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ジェンティルドンナ(2009.2.20)の主な競走成績]

  1. 優駿牝馬(GI)、桜花賞(GI)、秋華賞(GI)、ジャパンカップ(GI)2回、有馬記念(GI)、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)、ローズS(GII)、シンザン記念(GIII)
  2. 天皇賞・秋(GI)2回、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)
  3. 宝塚記念(GI)

通算19戦10勝、2着4回、3着1回。

ジェンティルドンナ:競馬の殿堂 JRA