パーシヤンボーイ(1982.4.18)-濁音・半濁音にてGI馬を辿る(No.14)-

Series

パーシヤンボーイ 牡 黒鹿毛 1982.4.18生~1994.4.2没 英国・Dunchurch Lodge Stud Co.生産 馬主・伊達秀和氏 美浦・高松邦男厩舎

パーシヤンボーイ(1982.4.18)の4代血統表
Persian Bold
黒鹿毛 1975
種付け時活性値:1.50【6】
Bold Lad
鹿毛 1964
Bold Ruler
黒鹿毛 1954.4.6
Nasrullah 1940.3.2
Miss Disco 1944
Barn Pride
栗毛 1957
Democratic 1952
Fair Alycia 1952
Relkarunner
鹿毛 1968
Relko
鹿毛 1960
Tanerko 1953.5.3
Relance 1952
Running Blue
栗毛 1957
Blue Peter 1936.4.30
Run Honey 1946
Cryptomeria
栗毛 1974
仔受胎時活性値:1.75【7】
Crepello
栗毛 1954
種付け時活性値:0.75【19】
Donatello
栗毛 1934
Blenheim 1927
Delleana 1925
Crepuscule
栗毛 1948
Mieuxce 1933
Red Sunset 1941
Miss Glen
栗毛 1964
仔受胎時活性値:0.25【9】
Abernant
芦毛 1946
種付け時活性値:0.25【17】
Owen Tudor 1938
Rustom Mahal 1934
Couloir
鹿毛 1959
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Court Martial
栗毛 1942.3.20
種付け時活性値:0.00【16】
Golden Gulf
鹿毛 1949
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Hyperion5×5>

パーシヤンボーイ(1982.4.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Persian Bold
(Bold Ruler系)
Crepello
(Blenheim系)
Abernant
(Owen Tudor系)
★Court Martial
(Fairway系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Persian Bold
(Relko)
3.25
(【7】+【9】+【4】+【9】)
 
(No. 14-b)
3番仔?
(3連産目?)

*

1986年の第27回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 2 パーシャンボーイ 牡4 柴田 政人 2:14.4 高松 邦男 3
2 5 メジロトーマス 牡5 丸山 勝秀 2:14.6 1・1/2 池江 泰郎 7
3 17 シングルロマン 牡4 松本 達也 2:14.7 1/2 中尾 正 4
4 13 スズカコバン 牡6 村本 善之 2:14.7 ハナ 小林 稔 5
5 3 スダホーク 牡4 田原 成貴 2:14.7 ハナ 古山 良司 2
1986年の第27回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 11.5 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 11.9 – 12.4 – 12.5 – 12.7 – 11.7 – 12.4
ラップの
累計タイム
12.5 – 24.0 – 35.5 – 48.2 – 1:00.8 – 1:12.7 – 1:25.1 – 1:37.6 – 1:50.3 – 2:02.0 – 2:14.4
上り 4F 49.3 – 3F 36.8

1986年の第27回宝塚記念。1番人気は「岡部マジック」により天皇賞・春(GI)を制した中距離得意のクシロキング(1982.5.18)、2番人気はその天皇賞・春を1番人気7着で敗れてしまったスダホーク(1982.4.6)、そして3番人気が準オープンの平場戦勝利からの重賞初挑戦となったパーシヤンボーイ。前年の宝塚記念勝ち馬スズカコバン(1980.3.16)やエリザベス女王杯(GI)の勝ち馬リワードウイング(1982.4.26)ほか重賞勝ち馬が出走していましたが、それらを押しのけてパーシヤンボーイは3番人気に推されたのでした。鞍上に高松邦男厩舎の主戦であった柴田政人騎手を配し、追い切りで超絶の動きを見せ、さらに当時はまだまだ駒が少なかった「外国産馬」の未知の魅力。漂う勝負気配を敏感に察知するのも競馬ファンです。果たせるかな、重賞初挑戦どころかGI初挑戦もなんのその、パーシヤンボーイは中位からの大外ひとまくりで、ライバルたちを一蹴したのでした。

クシロキング(1982.5.18)-五十音にて名馬を辿る(No.8)-
クシロキング 牡 黒鹿毛 1982.5.18生~1996.12没 浦河町・上山牧場生産 馬主・阿部 昭氏 美浦・中野 隆良厩舎
スズカコバン(1980.3.16)-タイム差なしの好勝負を辿る(No.12)-
スズカコバン 牡 黒鹿毛 1980.3.16生~2005.11.21没 平取・稲原牧場生産 馬主・永井 永一氏 栗東・小林 稔厩舎

*

宝塚記念で嬉しいGI初制覇となったパーシヤンボーイ。その登り詰めるまでの道程が「異様さ」を浮き彫りにします。

パーシヤンボーイ(1982.4.18)の競走成績
No. 年月日 レース 馬場 距離(m) 人気 着順
1 1985.2.24 中山 新馬戦 2000 5 5
2 1985.3.10 中山 新馬戦 1600 3 2
3 1985.3.31 中山 未勝利戦 2200 1 2
4 1986.2.1 中京 400万下 ダート 1700 3 7
5 1986.2.16 中京 400万特別 ダート 2200 5 8
6 1986.3.9 小倉 400万下 2600 5 1
7 1986.3.23 小倉 400万特別 1800 2 1
8 1986.4.6 中山 900万特別 2200 4 1
9 1986.4.27 新潟 谷川岳S(OP) 1600 4 2
10 1986.5.11 東京 1400万下 2000 1 1
11 1986.6.1 阪神 宝塚記念(GI) 2200 3 1

デビューした現年齢表記3歳時は1勝も出来ずに骨折で休養。復帰したのは4歳の2月で、すでに未勝利戦はなく中京の400万下で2戦を走ったものの、ダートが合わなかったのか惨敗。

ところが3月の小倉芝2600mの長丁場で一変して2着馬に6馬身差勝ち、返す刀で中1週の同条件の芝1800mで不良馬場にも負けずに1と4分の1馬身差で勝利。

その後、やはり中1週で臨んだ4月の中山芝2200mの900万特別でも1と4分の3馬身差で快勝。「ならば」と中2週で挑んだ新潟マイルのオープン特別・谷川岳SはGII勝ち馬ダイナシユガー(1981.5.27)-ムッシュシェクル(1988.3.31)やシクレノンシェリフ(1990.4.21)の母-に半馬身差敗れましたが、中1週で5月の東京芝2000mの1400万下に出走して1番人気に応えて4分の3馬身差で優勝。

そうして、中2週で迎えたのが、宝塚記念でした。2月1日から6月1日までの丸4ヶ月で8戦、初勝利を挙げた3月9日から3ヶ月も経たないうちにGI勝ち。パーシヤンボーイ、その大仕事は一気呵成で遂げられたのでした。

*

ただ、やはり無理をしたところはあったのでしょう。

登り詰めたらあとは 下るしかないと
下るしかないと 気付かなかった
天神様の細道

さだまさし「飛梅」

梅の季節に福岡の地で開花したパーシヤンボーイでしたが、GIまで登り詰めた後に待っていたのは、屈腱炎という病魔との戦い。結局、宝塚記念がパーシヤンボーイのラストランとなってしまいました。

伊達秀和オーナーに見出され、「ゆくゆくは種牡馬として」と期待されたパーシヤンボーイ。けれど、Bold Ruler系の種牡馬は日本ではなかなかに難しかったのか、産駒で平地のオープン級まで出世したのはパーシャンスポット(1989.5.10)くらい。パーシャンスポット、ちょうど私が競馬を見始めた頃に走っていた、差し脚の良い牝馬でした。

記録を辿れば、気鋭で鳴らした高松邦男調教師の最後のGI勝ちでもあった1986年の第27回宝塚記念。ともあれ、歳月を経てなお、振り返り、思い起こすことが出来るのが競馬の素敵なところのひとつ。

中央競馬におけるグレード制導入後初の外国産馬によるGI勝利を遂げたパーシヤンボーイ。ワンチャンスをモノにした、その勝負強さを記せて良かった。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[パーシヤンボーイ(1982.4.18)の主な競走成績]

  1. 宝塚記念(GI)

通算11戦5勝、2着3回。

*

マイシンザン
マイシンザン

勝負が掛かったところでしっかり結果を出すことが出来るというのは、馬でも人でも、格好良いものよね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

本当に。そういう意味でパーシヤンボーイさんの宝塚記念勝ちは男としてのカッコよさを感じます。

マイシンザン
マイシンザン

そうやな。パーシヤンボーイさんみたいに勝負強さを持った競走馬になりたかったと思う。ホンマに。

301 Moved Permanently